ヘレディタリー/継承

2020年04月04日 22:49

001_convert_20200404224425.jpg

【原題名】HEREDITARY
【製作】ケヴィン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
【監督】アリ・アスター
【脚本】アリ・アスター
【編集】ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
【音楽】コリン・ステットソン
【出演】トニ・コレット、アレックス・ウォルフ、アン・ダウド、ミリー・シャピロ
2018年/アメリカ映画/127分


【STORY】
グラハム家の祖母エレンが亡くなり、娘のアニーは家族とともにその葬儀を終える。その後から、祖母に溺愛されていた娘のチャーリーの様子がおかしくなってくる。ある晩、高校生の息子ピーターが学校のパーティーに行くことになり、チャーリーも連れていくように頼むが、その帰り不慮の事故でチャーリーは死亡する。これを機会に、家族間の亀裂はどうしようもなくなり、アニーは精神的に不安定になっていく。悲しみに暮れるアニーは、ふとしたことで知り合ったジョーンという女性から、亡くなった家族を交霊術で呼び寄せることを教えられる。半信半疑のまま、家族を集めて自宅で試してみると、何かが存在するのを感じ、娘のチャーリーが戻ってきたものだとアニーは喜ぶ。しかし、交霊会で呼び出されていたのは、娘の霊ではなく邪悪な何かだった。

【REVIEW】
前評判が非常に高かったのでほとんど予備知識を入れずに鑑賞、近年では最高の出来のホラーと言われていたが個人的には微妙な感じだった。まず、良かった点。ジャンルはホラーなんだけれども、この映画の特徴は主人公一家のドラマを丁寧に描いていたファミリー映画であったこと。祖母から受け継がれていた“何か”が終盤明らかになっていくのだけれども、その何かによって狂わされていくグラハム一家の悲劇がじっくりと描かれているのが素晴らしい。そして、逃れられない祖母の呪縛によって狂っていくアニーを演じたトニ・コレットの鬼気迫る演技。『シックス・センス』の母親役であったのは後で知ったが、とにかく彼女無しでは成り立たなかったであろう本作であるが、娘チャーリー役のミリー・シャピロも独特の雰囲気を持った子役で、表情を変えずに鳥の死体の首を斬るあたりに凄みを感じた(途中で衝撃的な死に方をするのが個人的には一番怖かった)。

逆にもう一つと感じたのは、淡々と進んでいた前半から、スピードアップして謎が明かされていく後半で、祖母がカルト教団に属していて悪魔を召喚しようとしているのが分かるのだが、何となく予感はしていたが、やっぱり感が否めないのが少し興ざめ。特に、悪魔崇拝というオカルトの定番ネタは、どんなに上手に説明してくれても、宗教的な違いからか日本人の自分には恐怖感が薄くなってしまいがちで、それほど怖いと感じないのだ(逆に、日本のしっとりとした心霊物のほうが怖いと感じたりする)。また、取りつかれたアニーが狂暴になり、ものすごい速さで襲ってきたり、空中に浮遊してしまうあたりは、やりすぎなんでは?!と思ってしまったり。ちょっと違和感な気がしました。でも、監督のアスターはこの作品が長編デビューらしく、それを考慮すればとてもよく作りこまれていて、非凡なものを感じます。つい最近には異文化スリラーという独特の触れ込みの『ミッドサマー』も「公開されていて、こちらも気になるところ。

002_convert_20200404224435.jpg

003_convert_20200404224443.jpg


映画秘宝が4月21日復活

2020年04月04日 14:59

3月25日に発表されてましたが、あらためて、
今年の3月号で休刊していた『映画秘宝』が6月号から復活するそう!発売元は、宝島社に吸収合併された洋泉社から双葉社に変更になり、発売日は4月21日で、毎月21日は変わりないようです。
公式の復活動画も出ていましたので、未見の方はどうぞ。


『映画秘宝』復活動画『HIHO RETURNS』

書店にあわてて買いに来る、のんさんが可愛い。

ハウリングⅡ

2020年03月25日 18:58

001_convert_20200322233736.jpg

【原題名】HOWLING II: YOUR SISTER IS A WEREWOLF
【製作】スティーヴン・A・レイン
【監督】フィリップ・モーラ
【脚本】ロバート・サルノ、 ゲイリー・ブランドナー
【撮影】ジェフリー・スティーヴンソン
【音楽】スティーヴン・パーソンズ
【出演】クリストファー・リー、アニー・マッケンロー、シビル・ダニング、 レブ・ブラウン、マーシャ・A・ハント
1985年/イギリス映画/90分


【STORY】
人気テレビキャスターであったカレンの葬儀に参列していた弟のベンと同僚のジェニーは、そこで会った人狼ハンターのステファンから、カレンは狼人間であったことを聞かされ驚愕する。さらに狼人間の首領スティルバが復活することを知った二人は、ステファンと一緒に復活を阻止すべく、チェコスロバキアの古城へ向かう。

【REVIEW】
ジョー・ダンテが監督した前作『ハウリング』は、現代に潜む狼人間たちの様子を、ロブ・ボッティンの凄まじい特殊メイクで描いたモダン狼男映画としてホラー映画にその名を刻む名作であった。ヒット作が出れば続編が企画されるのは当然だが、1作目の評判が高ければ高いほどハードルもおのずと高くなるわけで、この『ハウリングⅡ』もファンの期待は高かったが、その出来は・・・。

とりあえず、場所を現代からあえてヨーロッパの古城に移してイメージを古風にしたが新味は薄く、唯一クリストファー・リーがその雰囲気と合っていたが、それじゃあ昔の狼男映画に戻っただけでは・・・!?さらに、ボッティンの創造した超絶変身場面と比べるのは酷だが、本作のこの貧相な変身シーンは余りにもお粗末なのでは??予算は、ほとんどリーのギャラに使ってしまったのか、見るも無残なこの変身シーンの数々に正直『ハウリング』シリーズを名乗ってほしくなかったとまで思ってしまい、DVDの裏面からして「特殊メイクなども低レベルで、映画の出来も遠く及ばないB級映画として知られている」と堂々と敗北宣言をしてしまう始末で、なんだか見る気がどんどん失せてしまう、褒めるところがみつからない駄作の典型じゃあないですか!!と叫びたくなる気が。結局、本作のウリは、中世狼男映画に戻った設定の中に、何故かボンテージ衣装に身を包んだエロいシビル・ダニングが脱ぎまくって作った見せ場だけで、そのほかはほとんど記憶に残らない寂しい映画であったのでした・・・。それにしても、エンディングのおっぱいポロリの無限リピートは何だったんだろうか?

002_convert_20200322233748.jpg



変態村

2020年03月24日 06:02

screenshot002_convert_20200322233519.jpg

【原題名】CALVAIRE
【製作】ミカエル・ジェンティル、エディ・ジェラドン=リュイックス、ヴァンサン・タヴィエ
【監督】ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
【脚本】ファブリス・ドゥ・ヴェルツ、ロマン・プロタ
【撮影】ブノワ・デビー
【音楽】ヴァンサン・カエイ
【出演】ローラン・リュカ、ジャッキー・ベロワイエ、フィリップ・ナオン、ジャン=リュック・クシャール、ブリジット・ラーエ
2004年/ベルギー=フランス=ルクセンブルク合作映画/91分


【STORY】
老人ホームの慰問ライブを終えた歌手のマルクは、次の仕事である南仏のクリスマスライブへと向かうが、途中山奥で車の故障で立ち往生してしまう。日も暮れてしまい、ペンションの看板を見つけたマルクは、通りがかった男に案内してもらい、その宿で一晩を明かす。翌朝、ペンションのオーナーであるバルテルに車の修理を依頼し、付近の散策に出かけたマルクは村人の異常な行動を目撃する。その後、ペンションに戻るが、やがてバルテルの様子が変貌していく。電話線は切られ、車はバッテリーを外され車内には物色された跡が。マルクが問い詰めると、バルテルはマルクを殴り倒して、車に火を放つ。そして、マルクを監禁したバルテルは無き妻グロリアの衣服を着せる。彼は、マルクとグロリアを混濁し、愛する妻が戻ってきたと思い込んでいた。エスカレートするバルテルの行為は、やがて疎遠になっていた村人も巻き込んでいく。

【REVIEW】
邦題は『変態村』だが、原題はCALVAIRE~フランス語で、ゴルゴダの丘、苦難、試練などの意味。主人公マルクが、ふとしたことで田舎の閉鎖的な村に迷い込んでしまったことから巻き込まれていく数々の理不尽な行為は、まさにこの原題名が表す通り。なぜ、バルテルや村人たちはマルクをグロリアと信じて疑わないのか、なぜ村には男どもしかいないのか、その辺の説明は一切ないまま最後まで進んでいくので、消化不良感は残ったままだが、このヨーロッパ独特の何とも言えない画面から滲み出る暗さや不気味さはハリウッド映画ではまず出せない個性。特典の監督インタビューでは、70年代などの過去のホラーへのオマージュを語っているが、2004年製作で、昔の雰囲気が感じられるのはある意味凄いかなと思います。

直接的なゴアシーンはそれほどでもないが、閉鎖的な空間で部外者が味わう言いようのない責め苦はよく伝わってきて、精神的に嫌~な感じが味わえる。自分以外の村人全員が異常者なんて、もうここに迷い込んでしまった時点でアウトです。さらに、テンポの悪い編集、ほとんど音楽が流れない無音な世界(それが余計に、バーの場面でのダンスシーンの異様さが際立っている)、理解不能なラスト、などが異様さに拍車をかける。起承転結のあるアメリカ映画が好きな人にはてんで理解できない、これがユーロ映画の味な気がします。劇中、ほとんど薄汚いおっさんか家畜しかでてこず、女性が登場するのは冒頭の老人ホームの場面のみ。そこで、マルクを見送る熟女看護婦が『殺戮謝肉祭』にも出ていたブリジット・ラーエだった。観終わった後で知ったけど。

screenshot001_convert_20200322233508.jpg



メイ

2020年03月23日 07:25

screenshot003_convert_20200322233528.jpg

【原題名】MAY
【製作】マリアス・バルチュナス、スコット・スタージョン
【監督】ラッキー・マーキー
【脚本】ラッキー・マーキー
【撮影】スティーブ・イェドリン
【音楽】ジェイ・ラケット
【出演】アンジェラ・ベティス、ジェレミー・シスト、アンナ・ファリス
2002年/アメリカ映画/94分


【STORY】
動物病院で働くメイは、生まれつきの目の障害と内気な性格もあって友達がいなかった。唯一心を許せるのは、幼いころ母親がプレゼントしてくれた人形のスージーのみ。そんな彼女にも好きな男性ができる。自動車工場で働くアダムに心を寄せるメイは、ふとしたことをきっかけに彼と付き合うことになり、幸せな時間を過ごすが、のめりこんでいくメイが見せる奇行に驚くアダムは次第に彼女と距離を置くようになる。そんな彼女を職場の同僚ポリーが慰めてくれるが、彼女ともやがてうまくいかなくなっていく。再び独りになり、精神的にも追い詰められていくメイ。そんなとき彼女はふと気が付く。「友達ができないのなら、自分で作ればいい―」職場の手術器具を持ち出したメイは、気に入った人間のパーツをつなぎ合わせて究極の友達を作ろうとする。

【REVIEW】
ホラー的な要素は、狙いを定めた相手を容赦なく殺して集めた人体のパーツで体をつなぎ合わせていく下り(※メイは裁縫が趣味で、衣装も自分でミシンを踏んで作っていくので、人体パーツもササっと縫い上げていく)。それまでは、なかなか社会に溶け込めず、友人や恋人づくりに苦労する青春ドラマの色が濃い。不器用でコンプレックスの多いメイが人並みに恋し、それを成就させようと四苦八苦するのはよくあるお話だが、他人とうまく噛み合わず、すれ違い離れていくのを見ているのは切ない。まあ、相手方からしたら性格が合わなけりゃ、行動が理解できなけりゃ別れようと考えても普通かもしれんが、逆の立場のメイからしたらもうこの世の終わり~絶望の淵・・・みたいになっているわけで、殺されるほうは何で殺されているのか理解できないだろうなあと思う。現実でも人間関係で悩んで殺人を犯してしまうのは、たぶんこんな感じじゃないかと思えるので、なんだか本当にやるせないものがズズーンと残るストーリーだ。

救いがあるとすれば、殺される登場人物が軽いノリのタイプが多くてそれほど可哀そうに思えないところと、ラストにメイが少し満足した笑顔で息を引き取っていく姿が映っていたところか。孤独は現代でもいろいろな世代と国々で社会問題化しているが、決して他人事ではない身近に潜むリスクであると思う。メイだって、誰か一人でも理解してくれる、側にいてくれる人間が居たら絶望の末に凶行に及ぶことはなかったはずだろうし、自分だって孤独な時間が延々と続いていったら理性を保っていけるかなんて保証はない。

主人公のメイを演じたやたら目力のある女優アンジェラ・ベティスは、フーパ―の『ツールボックス・マーダー』でも主役を張っていた人。彼女の演技力でこの映画はほぼ成り立っているといっても過言ではないと思う。惜しむらくは、最後の人体パーツの作成場面の描写が割とマイルドだったこと。同じような内容では、頭のおかしくなったオジサンが人体パーツでジグソーパズルを作ろうとする『ブラッドピーセス~悪魔のチェーンソー』が振り切った描写で楽しませてくれているので、ついついそんなレベルの映画を想像していたので、血糊が足らなかったのが寂しく感じたんだと思います。

screenshot004_convert_20200322233538.jpg





最新記事