シーバース

2019年04月16日 14:55

【原題名】SHIVERS
【製作】アイヴァン・ライトマン
【監督】デヴィッド・クローネンバーグ
【脚本】デヴィッド・クローネンバーグ
【撮影】パトリック・ドッド
【出演】ポール・ハンプトン、ジョン・シルバー、リン・ローリー、アレン・マジコフスキー、バーバラ・スティール
1975年/カナダ映画/90分


【STORY】
会社員のチューダーは腹部に違和感を覚え吐血が続き調子が悪い。なかなか病院に行こうとしない夫の身を案じた妻は、高層マンション内にある診療所に往診を依頼する。その頃、同じマンションの一室で教授が教え子の腹部を切り裂いたのち自分の喉元を切って自殺する事件が起こる。事件の発見者であった診療所の医者ロジャーは教授が人体の欠損した臓器を寄生虫で補う研究をしていたことを知る。さらに教授は教え子に寄生虫を投与し人体実験を行っていた。その教え子と関係のあったチューダーは口から寄生虫を次々に吐き出して、その寄生虫はマンションの住人へ寄生していく。寄生された住人は理性を失うと暴力的になり、誰彼となくセックスに興じていく。事件の全貌にロジャーが気付いたころには時すでに遅く、混乱はマンション全体に広がっていた。

【REVIEW】
クローネンバーグの長編商業映画デビュー作。都会の高層マンションを舞台に謎の寄生虫によるパニックを描いているが、医療行為を発端とした肉体の変異が生み出す悲劇を血と暴力を絡めていく展開はこの時点ですでに確立されていて、演出やストーリーも粗削りだが、クローネンバーグの独特の表現方法がねっとりとした恐怖感を生み出していて味わい深い1本。寄生虫が巨大な芋虫みたいでそれ自体には怖さは感じられないが、取りつかれた人間が豹変し全く別人になってしまうところや、狂人が多数派になり、正常な人間がマイノリティーとなって追い詰められていくあたりは怖い。ゾンビ映画でもそうだが、逃げても逃げてもどうしようもなく、自分一人しか残っていないのなら、もはや正常でいることの意義さえ失われ、多数派に飲み込まれてしまった方が楽にさえ思えてくるあたりが人間性とは何か!?という問いかけのようで背筋の寒い何かを感じる。

低予算で製作されていたであろうが、マンションの住人役でバーバラ・スティールが、診療所の看護婦役でリン・ローリーが何気に出演しているのが嬉しいところ。最終的に2人とも寄生されてあっち側の人間になってしまうが、2人に襲われたら黙って仲間になった方が楽しいかも・・・。







『死霊のはらわたⅢ』&『チャイルドプレイ』がキング最終盤シリーズで発売

2019年04月15日 11:15

キングレコードが贈る最強仕様ブルーレイパッケージ≪最終盤≫シリーズより、『チャイルド・プレイ』と『死霊のはらわたⅢ/キャプテン・スーパーマーケット』の発売が決定した模様。以下、その仕様ですが―

『チャイルドプレイ』最終盤

発売日:2019年8月7日
価格:10,000円+税

収録時間:本編約87分+映像特典
仕様:カラー 1080pHi-Def(スコープサイズ)

音声:
①オリジナル英語(リニアPCM/5.1ch)
②トム・ホランド監督によるオーディオコメンタリー(DTS HDマスターオーディオ/ステレオ) 
③俳優(キャサリン・ヒックス、アレックス・ヴィンセント)らによるオーディオコメンタリー(DTS HDマスターオーディオ/ステレオ)
④デヴィッド・カーシュナー(プロデューサー)、ドン・マンシーニ(脚本)によるオーディオコメンタリー(DTS HDマスターオーディオ/ステレオ)
⑤バタリアンズ(山口雄大監督&井口昇監督)によるオーディオコメンタリー(DTS HDマスターオーディオ/ステレオ)
字幕:
①日本語字幕
②~④副音声用日本語字幕

映像特典:
・HOWARD BERGER:YOUR SPECIAL EFFECTS FRIEND ‘TIL THE END・LIFE BEHIND THE MASK:BEING CHUKY WITH ED GALE
・CHUCKY COMMENTARIES ON SELECT SCENES ・EVIL COMES IN SMALL PACKAGES-FEATURING INTERVIEWS
・CHUCKY:BUILDING A NIGHTMARE・A MONSTER CONVENTION・INTRODUCING CHUCKY:THE MAKING OF CHILD’S PLAY

封入特典:BOX仕様、16ページブックレット(山崎圭司監修)



『死霊のはらわたⅢ/キャプテンスーパーマーケット』最終盤

発売日:2019年8月7日
価格:10,000円+税

収録時間:本編約81分+映像特典
仕様:カラー 1080p Hi-Def(スコープサイズ)
片面2層
音声:①オリジナル英語(リニアPCM/5.1ch)
②バタリアンズ(山口雄大監督&井口昇監督)によるオーディオコメンタリー(DTS HDマスターオーディオ/ステレオ)
字幕:日本語字幕

映像(音声)特典:
本編(ディレクターズ・カット版、インターナショナル・カット版)、MEDIEVAL TIMES:THE MAKING OF ARMY OF DARKNESS FEATURE、ORIGINAL ENDING、ALTERNATE OPENING、DELETED SCENES、TV SPOT、サム・ライミ監督、ブルース・キャンベル他によるオーディオコメンタリー(ディレクターズ・カット)

封入特典:BOX仕様、16ページブックレット(山崎圭司監修)

≪以上、キングレコードより抜粋≫



なお、最終盤ではない通常盤のブルーレイも発売されるようで(死霊のはらわたⅢの方はDVDも出るみたい)、最終盤にこだわらなければ、そちらでもいいかも。通常盤ブルーレイが4,800円+税なんで、半値以下となると熱烈なファン以外はこちらで十分かもしれませんね。なんにせよ、ホラーの名作が次々にブルーレイ化されていってるのは良いと思うんだけど、未だにDVD化もされていないビデオリリースで止まっている作品にもスポットを当ててもらえると嬉しんだけれどなあ。まあ、買う層が限られているんで、商売として成り立ちにくいから難しんだろうですけども。





ヘルナイト

2019年04月14日 11:12

ヘルナイト

【原題名】HELL NIGHT
【製作】アーウィン・ヤブランス、ブルース・コーン・カーティス
【監督】トム・デ・シモーネ
【脚本】ランディ・フェルドマン
【撮影】マック・アールバーグ
【音楽】ダン・ワイマン
【出演】リンダ・ブレア、ヴィンセント・ヴァン・パタン、ピーター・バートン、ケヴィン・ブロディ、ジェニー・ニューマン、スーキー・グッドウィン
1981年/アメリカ映画/102分


【STORY】
大学の学生クラブ「アルファ・シグマ・ロー」の新歓コンパ。盛り上がる彼らは車で移動、夜中に町はずれの豪邸ガース館へやってくる。この屋敷、12年前に当主のレイモンドが障害を抱えた子供たちの行く末を案じて一家心中したという曰くつきのところ。クラブの規則では新人会員はこのガース館で一夜を明かさねばならないという決まりがあった。今年の新人はマーティら4人の男女。会長のピーターはルールを説明した後、門の入り口を施錠し引き上げていく。

やがて女性の悲鳴が聞こえてきたり、老人の幽霊が現れたりするが、これはピーターたち上級生の仕掛けたいたずら。ピーターらはガース館へ戻って来てた後、新人会員を驚かすために様様な仕掛けを準備していた。屋敷の外で新人会員を怖がらせて楽しむピーターたちだったが、背後から何者かが現れ、ピーターたちは次々に殺されてゆく。謎の殺人鬼は屋敷内にも侵入し、マーティらは本物の殺人鬼が居ることを知り、屋敷内を逃げ惑う。

【REVIEW】
80年代前半はスラッシャームービー全盛期で、この『ヘルナイト』が作られた81年も『ローズマリー』や『血のバレンタイン』『バーニング』などスラッシャーの名作が揃い踏みしており、とにかく殺人鬼が大暴れしていた素敵な時代でした。いくら人気のジャンルとはいえ、キャンプ場で若者が殺されていくだけでは所詮二番煎じで埋もれて行ってしまうので、後発作品は差別化を図ろうと、殺される場所を変えたり殺人鬼に特色を出したりとアイデアを出していくが、本作の舞台は一家心中のあった屋敷での肝試し。でもって、モノホンの殺人鬼が現れて若者を殺していくのだが、毎年新歓コンパの日にはこの肝試しが行われていたのに、何故今年だけ殺人鬼が現れたんだろう・・・!?などという野暮ったい詮索は置いといて、この設定を純粋に楽しむのがスラッシャー映画の醍醐味というもの。最後まで結局正体は明かされないが、暗闇から襲い掛かってくる不気味な殺人鬼はなかなか味があって、チェイスシーンも緊迫感があって悪くない出来栄えだ。

スラッシャームービーの見せ場の一つ(というかこれがメインだが)は殺しの場面なわけだが、本作でも女学生の首チョンパ→ベッドのシーツをめくったら生首がゴロリや、素手で首を360℃回転させて殺したり、鋭利な凶器で腹部をぶっ刺したりと、色々趣向を凝らしていて飽きさせない。また、殺人鬼が怪力で、なかなか死なないのも定番の展開で、この辺はこの手の映画を良く分かっている気がします。そして、もう一つの見せ場は、襲われるヒロインが可愛いかどうかもポイントの一つで、ここが弱いと映画の魅力も下がってしまうというもの。その点、『ヘルナイト』は『エクソシスト』の悪魔に取りつかれたリーガンの演技で全世界の度肝を抜いたリンダ・ブレアをヒロインに持ってきていて抜かりはない・・・が、『エクソシスト』の頃から比べるとかなりぽっちゃりしてしまっていて、か細いホラーヒロインを想像しているとちょっと肩透かしを食らうかも。製作陣もその辺を考慮してか、劇中でコスプレしている赤ずきんの衣装を最後まで一切脱がさず、お色気は別の女優でカバーさせている。個人的には、気にするほどのこともないと思うんだけれどもどうなんでしょうかね?惨劇の夜が明け、殺人鬼が串刺しで絶命した横を放心状態で歩いてゆくラストシーンが印象に残るスラッシャーの佳作だと思います。



ヘルナイト解説
映像特典は、「リンダ・ブレア」インタビュー、「トム・デ・シモーネ」インタビュー、俳優陣による対談など、インタビューものが実に豊富で、これら全部見ると2時間はゆうに超えています。その他にも、殺しのシーンの解説やロケ地紹介など充実した内容。


デアボリカ

2019年03月09日 22:48

デアボリカ表20190306235359

【原題名】BEYOND THE DOOR/CHI SEI?
【製作】オヴィディオ・G・アソニティス、エンツォ・ドリア、エドワード・L・モントロ
【監督】オリヴァー・ヘルマン、リチャード・バレット
【脚本】オリヴァー・ヘルマン、アントニオ・トロイソ
【撮影】ロベルト・デットーレ
【音楽】フランコ・ミカリッツィ
【出演】ジュリエット・ミルズ、ガブリエラ・ラヴィア、リチャード・ジョンソン、エリザベス・ターナー
1973年/イタリア映画/108分


【STORY】
ジェシカは夫のロバートと2人の子供たちと幸せに暮らしていたが、覚えのない妊娠をきっかけに奇妙なことが起こり始める。ジェシカは精神的に不安定になり、言葉や行動が暴力的になる。子供部屋では人形が動き回り、ポルターガイスト現象も。ロバートの友人で医師のジョージによれば、胎児はあり得ない速さで成長しているという。やがて、顔つきまで変わり別人のようになったジェシカは緑色の液体を吐き出し、男の声で罵りはじめる。全く事の原因がつかめないロバートの前に、ある日ディミトリという男が現れた。彼は自分ならジェシカを救えるという。藁にもすがる思いで、ロバートはディミトリにジェシカを託すが、ディミトリには10年前に悪魔とある約束を交わしていた―。

【REVIEW】
大ヒット作『エクソシスト』の影響下にイタリアで製作されたオカルト映画。悪魔に取りつかれた妊婦の形相がおぞましく変化し、首が180度回転、汚らわしい言葉を吐いて汚物を吐きまくるのも本家と瓜二つ。『エクソシスト』がいかに偉大で影響力を持っていたかよくわかる。

パクリと言われても仕方がないが、それでも見どころがあるのがイタリア映画のいいところ。定番のゲロ描写は『エクソシスト』よりも大量にサービス、ジェシカ役のジュリエット・ミルズの悪魔憑きぶりも見事、医者のいい加減な検査であきらめて良く分からん他人にすがるロバートの良く分からん心情、そんでもって街中を彷徨うロバートにやたらとまとわりつくストリートミュージシャン。本筋とは関係なところにまで、何故かこだわりを見せるのが理解はできないが独特の味わいがあるのも事実。一言でいえば、よく分からなない、理解し難い不条理なものを見せられる不快感的なものをわざと誘発しているのではないか!?という意図さえ感じてしまうが、多分考え過ぎだろう。

謎の男ディミトリはジェシカを助ける救世主かと思わせながら、最後の種明かしでは、10年前に悪魔に決められていたタイムリミットが迫っていたため約束を守ってジェシカに悪魔の子を産ませようとしていた・・・。って、結局自分が助かりたかっただけかい!と突っ込んでしまうが、さらに悪魔が助けると約束しておいて実は助けるつもりはさらさらなく、実は全部ウソだよーって告白する始末。そこで、取り乱して「死にたくないーッ」と叫ぶディミトリが何とも哀れ。このディミトリ役のリチャード・ジョンソン、個人的には『サンゲリア』の印象が強すぎて、終始メナード医師にしか見えなかった。


デアボリカ裏20190306235434
“悪魔とエクソシストとの壮絶な戦いを描く”とあるが、壮絶とは言い難く、むしろ何もせずただ待っていた様な気もする。




ミミズバーガー

2019年03月07日 12:23

ミミズバーガー表

【原題名】THE WORM EATERS
【製作】テッド・V・マイクルズ
【監督】ハーブ・ロビンズ
【脚本】ハーブ・ロビンズ
【出演】ハーブ・ロビンズ、バリー・ホステットラー、ジョセフ・サケット、リンゼイ・アームストロング・ブラック、ロバート・ギャリソン
1975年/アメリカ映画/89分


【STORY】
町はずれの沼地を再開発してひと儲けしようと企む市長一派は、土地を所有しているアムガーを疎ましく思っていた。人付き合いを敬遠して生活しているアムガーの楽しみはミミズを飼育すること。一匹一匹に名前を付けて愛情を持って接しているが、他人には変人扱いされている。ある日、アムガーの家にやってきたっ女性が、ミミズの混入したパスタを食べてしまい、彼女は下半身がミミズになってしまう。困ったアムガーは彼女を檻を作って中で飼育する。その頃、町では沼地の開発案が可決され、それを知ったアムガーはそれを阻止しようと、町の食物にミミズを入れミミズ人間を増やしていく。

【REVIEW】
ミミズを扱ったホラーといえば、『スクワーム』が有名だが、もう1作答えなさいと言われたら、出てくるのがこの『ミミズバーガー』。『スクワーム』は大量発生したミミズやゴカイが街や人を飲み込んでいくスケールの大きい作品だったが、本作はほとんどが主人公の家の周りで起こる珍事を描いた小粒な作品。ミミズを食べたら、ミミズ人間になっちゃった!・・・というのをバカ真面目に撮っているだけにかなり痛い仕上がりとなっている。主人公のアムガーおじさんを演じたハーブ・ロビンスは生ミミズを吹き替えなしで食べており、劇中ではミミズを手に取ってうっとり話かけるシーンを熱演。監督・脚本も彼の名前でクレジットされており、アムガーおじさんワンマンショーといった趣だ。

さらに肝心のミミズ人間の姿が下半身に布をぐるぐる巻きにしただけで、出来損ないの人魚みたいなのも凄い。そんなミミズ人間が腕の力だけで這って進んでいく姿はシュールを通り越して唖然とするしかない光景。ミミズ人間の男3人組は、俺たちに女のミミズ人間をあてがえ!と脅し、檻の中ではミミズ人間が奇妙な声を上げて暮らしている。アムガーがミミズと戯れる場面で流れる安っぽいエリーゼのためにも切ない。ほとんど予算の無いコントを延々と見せられている感じがし、リモコンの早送りボタンから手が離せない。製作のテッド・V・マイクルズは、エド・ウッドの唯一のライバルという触れ込みだったが、他に手掛けた作品が、『人間ミンチ』や『アストロ・ゾンビ―ズ』などがあり、ソフトの特典で映像が紹介されているが、どれもこれも同じようなレベルの仕上がりで、ある意味凄いな・・・と思ってしまった。ホラー映画には玉石混合様々な作品が存在するが、間違いなくその最底辺に位置するといっても過言ではない、カルト作だ。

ミミズバーガー裏
中古で購入したら、なぜか未開封の新品が送られてきた。それほど嬉しくないのはなぜだろうか。





最新記事