近況

2019年10月08日 12:47

夏ももうじき終ろうとしてるが、昼間はまだまだ暑い(明後日から10月なのに)。年を取ってくると、暑いだけで疲労感は増してきて、それだけで何もやる気が起きなくなったり、寝込んでいたりと年寄り感が半端なくなってきている。今頃こんな感じで、この先5年後10年後はどうなっていくのか、多少心配ではあるが、未来のことを心配し過ぎてもしょうがないので、考えないことにする。


で、タイトルの近況だけれども、この夏は自宅の駐車場の改修工事があって、その下準備で土を掘ったり、砂利を運んだり、工事の立ち合いをしたりとそんなことで貴重な休みが消えて行った。工事の方も最初の打ち合わせと実際の工程が違っていたりして、問題ないのか確認の電話をして、またその返事を待って、現場の工事の人にそれを伝えてなどなど、けっこう面倒くさいことが発生して、暑い時期にそんなこんなをしていると、まあ疲れました。真夏にやるもんじゃないですね。


その他にも、職場での仕事が9月後半忙しくなってきて5連勤とか6連勤とか続いて、こちらでも消耗中。ふだんの勤務体系がだいたい3勤して休みの繰り返しが多いので、通常パターンと違うと体の調子がどうも狂ってくる。用事がないのに、連休があったりもしたけれども、ぼーっとしていたらアッという間に終わっていたし。そんな中、息抜きも必要と、この夏は旧作のDVDを掘り返して見てました。最近見ているのはスラッシャーものが多くて、9月に見たのもイタリアンジャーロ作品の『血みどろの入り江』とか『幻想殺人』とか。即物的な殺人鬼物は夏に見るのが最適!あと、70年代のころの独特の雰囲気がまた良くて、堪らない。言葉ではうまく言い表せないのだけれども、画面の色や背景・服装・車やアイテムなどどれも魅力的な感じがする。ノスタルジックな感じがいいんだろうか。新作映画もいいんだけれども、旧い年代のまだ観ていない作品を発掘してみたい今日この頃です。


IMG_20190929_120911_convert_20190929123457.jpg


あと、珍しくこの夏はテレビドラマにハマってました。日テレの『ボイス 110緊急指令室』とNHKの『これは経費で落ちません!』の2作品。前者は、犯人のサイコっぷりと殺人の描写がなかなか迫力があってよかったし、後者は出てくるキャラクターの良さがしみじみと伝わってくる良作だった。特にヒロイン役の多部未華子 が良すぎ!今では多部ちゃんロスです・・・。

『死霊のえじき』予告編

2019年07月23日 20:34



この東宝東和配給『死霊のえじき』の予告編は、当時映画紹介番組で何度も見たものだった。とりあえずナレーションが最高なのと、コケオドシのゾンビングサウンドが懐かしい。しかし、何故かエレベーターのシーンは逆回しになっている。

映画『死霊のえじき』 初の《日本語吹替版》制作プロジェクト!

2019年07月23日 16:35

先日は、“日本公開40周年! 映画『ゾンビ ─日本初公開復元版─』劇場公開サポーター募集!”のクラウドファンディングの内容を書いたんだけれども、今度はその『ゾンビ』の続編『死霊のえじき』の日本語吹替え版制作プロジェクトが始まっているとのことで、そちらをちょっとご紹介。

_convert_20190723153051.png


この『死霊のえじき』自体はすでにブルーレイでの発売が決定しているが(2020年2月5日発売予定)、今まで作られていなかった日本語吹替え版を収録しようというもの。さらに今回面白いのは、配役を入れ替えたバージョンも併せて作ってみようという試み。ブルーレイ版で収録された者とは別に、同じ登場人物だが、違う声優による吹替えも制作し、それぞれ演技の違いを楽しんでもらおうというもの。昔は、放映されるテレビ局によって異なる吹替えバージョンが存在したが、それに近いものを2つ作ってみようということなんだろう。自分にとってどの声がしっくりくるのか、聞き比べてみるのも面白いかもしれません。



ちなみに、サポートした方へのリターンは以下参照

1. 完成した正当吹替版(商品収録用)のダイジェスト版のオンライン試写にご招待(期間限定)

2. ポストカード、配役交換バージョン吹替収録本編BD-Rセット(非売品)

3. 吹替台本(非売品)

4. 参加声優インタビュー映像特典DVD(非売品)

5. ローズ大尉役 決定会議参加権(8月末〆切)※限定1名

6. 《ジョン役声優 選択権》コース(8月末〆切)※限定1名

7. 《ビリー・マクダーモット役声優 選択権》コース(8月末〆切)※限定1名

8. 《スティール役声優 選択権》コース(8月末〆切)※限定1名

9. 《ミゲル役声優 選択権》コース(8月末〆切)※限定1名

10. 参加声優のサイン入り台本 ※限定10名

詳しくは、Makuake“死霊のえじき 吹替え版制作プロジェクト 支援サポーター募集”をご参照くださいまし。


人数限定のコースは、すでに終了しているのもあるようなので、該当ページでご確認ください~。







『サスぺリア 4Kレストア版 アルティメット・コレクション』が来た。

2019年07月21日 19:59

4K版『サスぺリア』が来ました~!

IMG_20190718_112316_convert_20190721184718.jpg


初回限定版は白のボックス仕様で所有欲を満たしてくれます。
で、中身はUltra HD Blu-rayと4Kレストア版Blu-rayの2枚組+32頁のブックレット付き。


IMG_20190721_140101_convert_20190721184657.jpg

↑左が4Kレストア版、右がUltra HD Blu-ray。Ultra HD Blu-rayは単体でも発売されているが、4Kレストア版Blu-rayはこのアルティメット・コレクションのみの特典ディスクと言った扱い。こちらには本編に加えてダリオ・アルジェントのインタビューが2編(2017年+2019年)などが収録されている。うちは、まだUltra HD Blu-rayの再生環境が整っていないので、通常盤Blu-rayで鑑賞。



IMG_20190721_140125_convert_20190721184605.jpg

さらにアルジェントのメッセージカードも封入特典として付属。細かいけれど、こういう特典って地味に嬉しい。

ディスク2枚組+ブックレット+ボックス仕様で定価が12,800円(本体)。アマゾンでは多少安くなって、1万円ちょっとの販売。これが安いと感じるか、高いと感じるかは人それぞれだろうが、『サスぺリア』に思い入れのある人にとっては、値段云々ではないんだろう。ただ、この先もあるんだろうか?高画質化・高音質化も行きつくところまで来た感があるけど、新規映像特典でもでてくれば、○○周年記念盤みたいなのがまた企画されるかもしれないしなあ。


しかし、肝心のUltra HD Blu-rayディスクだが、これが自宅にて見られるようになるのはいつだろうか?取りあえず、Ultra HD Blu-ray対応のレコーダーを年内にでも購入できたらいいなあ~・・・くらいに思っているが、テレビまで4K対応にするのはしばらく無理だろうなあ。特に今のテレビが不調というわけでもないし。テレビの前に、Windows7のPCをどうにかせなあかんしなあ。というわけで、しばらくは通常盤で見ることになりそうです。




GUの「エクソシスト」Tシャツ買ってみた。

2019年07月11日 06:31

GUで販売している映画のグラフィックTシャツの「エクソシスト」ヴァージョンを買いました。しかも4枚!
柄2パターン×色違い2色。

IMG_20190616_154952_convert_20190711061107.jpg



IMG_20190616_155036_convert_20190711061130.jpg



サイズはS~XLまであったんだけれども、ゆったり着ようと思ってXLを選択、結果かなりダボッとしたビッグTみたいな感じに。まあ、外にバンバン着ていく柄でもないかと思うので、休日に家で過ごす時に着ようと思っています。・・・といいつつ、昨日は近所のスーパーに買い物行ってきたけど。

生地はけっこう薄めなので、真夏に1枚で着るのには丁度いいと思います。今の時期だと日によっては気温の低い日もあるんで、何か上に羽織った方がいいかも。なお、GUほかにも映画をテーマにしたTシャツを出していて、新しいのだと『ジョーズ』とか『チャイルドプレイ』なんかの柄も出ているよう。GUなかなか攻めてるなー。

GU公式サイト

一般受けはせんと思うけれども、もっとマイナーな映画のやつも出してくれると嬉しんだけれどもなあ・・・。
ちなみに値段は税抜きで1枚790円。安い!!







最新記事