サランドラ

2018年07月28日 23:08

サランドラ01

【原題名】THE HILLS HAVE EYES
【製作】ピーター・ロック
【監督】ウェス・クレイヴン
【脚本】ウェス・クレイヴン
【撮影】エリック・サーリネン
【音楽】ドン・ピーク
【出演】スーザン・レイニア、ロバート・ヒューストン、マーティン・スピアー、ディー・ウォーレス
1977年/アメリカ映画/90分


【STORY】
カーター一家はロサンゼルスに向かう途中、砂漠のど真ん中で車が故障し立ち往生してしまう。助けを求めようと、歩いて近くのガソリンスタンドまで行くが、そこで当主のボブが何者かに襲われる。その頃、車で待っていたボブの妻と息子たちを双眼鏡で監視している集団がいた。この地域は昔米軍の核実験場だったところで、監視していたのは岩山に隠れ住む食人一家。助けを求めて男手が手薄になったのを機に、車へ襲撃を始める。

【REVIEW】
狂暴な食人一家に突然襲われる普通の家族の悲劇かと思いきや、後半は一転して被害者側が攻勢に転じて食人一家を追い詰めていくという少し変わった展開のバイオレンス映画。監督は、その後『エルム街の悪夢』でブレイクするウェス・クレイヴンで、この『サランドラ』はまだまだ粗っぽさが残るが、それがまた逆に“何が起こるか分からない”といった不思議な期待感を持たせて、不気味なワクワク感みたいな感じがある。また、いきなり食人一家に襲われていくくだりは『悪魔のいけにえ』を彷彿させるものがある。

面白いのは、核実験の影響で一家が野蛮化した感じなのに、普通に銃を使っていたり、家族同士の交信に無線を使っていたりと、微妙に文明感が残っているところ(その出で立ちや、住処を見ると、先住民のような感じでもある)。しかし、肝心の食人場面は画面には映らず、残酷描写は意外と少ない。どう見ても、戦闘能力では劣る普通のカーター一家だが、犠牲者が出たことにより、怒り爆発で反撃に移るが、飼っていた犬が頑張ったのと、食人一家から抜け出したがっていた娘が加勢に加わったことが最終的に勝利に繋がっていく。窮鼠猫をかむという言葉があるが、生き物は追い詰められるととんでもない力を発揮するという言葉を正に体現した映画で、70年代のカルト映画として悪くないと思うのだが、日本公開時の悪評がまだ残っているのが作品の評価を下げているのかも。「全米38州で上映禁止!」はまだいいとして、劇中に登場しない凶器“ジョギリ”を付けたジョギリ・ショック、殺人鬼の名前がギリシャ神話に登場する(!?)“サランドラ”、意味不明な驚異の音響効果“ダブル・テンション・システム”など、東宝東和お得意の煽りまくった宣伝が仇となってしまったある意味可愛そうな作品なのかもしれない。

サランドラ02

サランドラ03



ゾンビ・ガール

2018年07月10日 20:15

ゾンビガール01

【原題名】BURYING THE EX
【製作】アラン・テレッツァ、デヴィッド・ジョンソン、フランキー・リンドクィスト、メアリー・シブリウスキー、カール・エフェンソン、カイル・テキエラ
【監督】ジョー・ダンテ
【脚本】アラン・テレッツァ
【撮影】ジョナサン・ホール
【音楽】ジョー・ロドゥカ
【出演】アントン・イェルチン、アシュリー・グリーン、アレクサンドラ・ダダリオ、オリヴァー・クーパー
2014年/アメリカ映画/90分


【STORY】
ホラーショップで働くマックスは恋人エヴリンと同棲しているが、趣味も性癖も全く合わないのが悩み。ある日、大事にしていたホラー映画のポスターを勝手に剥がされ、彼女の好み100%の部屋に模様替えされていたのに我慢の限界を超え、エヴリンと別れる決心をする。別れ話をしようとマックスは電話でエヴリンを呼び出すが、運悪く交通事故に遭い彼女は死亡する。自分のせいで彼女が死んだと後悔するマックスに、異母兄弟のトラヴィスは映画でも見て元気を出せと声をかける。気分転換に出かけたマックスは、同じ映画を見ていたオリヴィアと意気投合し、付き合うことにするが、墓場から甦ったエヴリンがマックスの家に戻ってくる。エヴリンは何でも願いをかなえてくれる呪いの人形の力でゾンビになって生き返っていたのだった。

【REVIEW】
ハウリング』『ピラニア』のジョー・ダンテ監督のホラーコメディ。永遠の愛を誓い合ったために、死んだ後もゾンビになった元カノにつきまとわれる優柔不断な青年の繰り広げるドタバタ劇をチープに仕上げていて、怖さは全く無く、まあ気軽に楽しんで下さいませ的な作品。一応、ゾンビ化したエヴリンが人肉に食らいつく場面があるが、ゴアな描写はそれくらいで、ゾンビの造形も安上がりで気持ち悪さもあまり感じない。それよりも、エヴリンがあり得ない関節の動きをしても痛みを全く感じないとか、キスをしたら腐ったネバネバしたものが糸を引いたりとか、やっぱり笑いの方が優先。ゾンビな元カノと趣味の合う今カノで取り合いされる青年の三角関係という、漫画チックなノリを楽しめたら悪くはないと思う。

また、マックスの趣味がホラー映画ということで、映画のポスターや映画館で上映される映画、TVで流れている映画もホラーばっかしで、この辺もダンテの趣味が存分に反映されている。トラヴィスが「貸していたDVD返してくれ~」といって、エヴリンと一緒に見始めるのなんかは、ルイスの『ゴア・ゴア・ガールズ』だし・・・!「見ろよ、このシーンがいいんだぜ!」みたいにウンチクを語る場面はニヤニヤもの。主だった登場人物が主人公の周りの4人しかいないのはスケール感に乏しいところだが、女優2人はどちらも美形で嬉しいところ。ゾンビ化して暴走しまくるアシュリー・グリーンもいいが、アレクサンドラ・ダダリオも可愛さ爆発。ホラーな趣味を理解してくれる彼女って素晴らしいじゃあないですかね!?

ゾンビガール03

ゾンビガール02


スネーク・フライト

2018年07月04日 22:46

スネークフライト01

【原題名】SNAKES ON A PLANE
【製作】クレイグ・ベレンソン、ドン・グレンジャー、ゲイリー・レヴィンソン
【監督】デヴィッド・R・エリス
【脚本】セバスチャン・グティエレス、ジョン・ヘファーナン
【撮影】アダム・グリーンバーグ
【音楽】トレヴァー・ラビン
【出演】サミュエル・L・ジャクソン、ネイサン・フィリップス、ジュリアナ・マルグリーズ、ボビー・カナヴェイル、フレックス・アレクサンダー、サニー・メイブリー
2006年/アメリカ映画/107分


【STORY】
ハワイで偶然殺人現場を目撃してしまったショーンは犯人から命を狙われる羽目に。FBIのフリン捜査官は、犯人が大物ギャングのエディ・キムであったことから、ショーンに法廷で証言させてエディを逮捕するため、ショーンをロサンゼルスまで護送することに。秘密裏にLA行きの飛行機に乗車するショーンたちだったが、エディは口封じのため、大量の毒蛇や大蛇を飛行機の積み荷に忍び込ませていた。やがて、飛行機が飛び立ったのち、積み荷の箱が開き、大量の蛇が機内に放たれる。高度1万メートルの上空で逃げ場を失った乗客たちに蛇たちは容赦なく襲い掛かっていくのだった。

【REVIEW】
ハワイからロサンゼルスへ向かう飛行機の中に放たれた無数の蛇と乗客たちの息づまる攻防戦・・・を描いた映画だが、リアルなサスペンス路線ではなく、笑いの要素が散りばめられたコメディ路線の映画。一斉にドバーッと襲ってくる蛇の大群、襲われる側も老若男女問わずいろんな方々が多種多様な襲われ方を見せてくれてそれだけを見ているだけでも楽しめる。もちろん、トイレでいちゃついているカップルは真っ先に襲われるし、用を足していた男はナニをガブリと噛まれて悶絶、自分だけが助かればいいじゃん!と公言して憚らないいけ好かないオヤジは大蛇に巻きつかれて圧死する。

FBI捜査官役のサミュエル・L・ジャクソンは、この難局を乗り切ろうと孤軍奮闘するが、ラスト近くになると、流石に我慢の限界が来たのか、機体に穴をあけて風圧で蛇を飛ばすという荒業を決行。「ああ、もう頭に来たぜ!!」というこのセリフで、今までちまちま蛇を駆除していたのは何だったのか!?という疑問も吹き飛ばすくらいスカッとさせてくれます。とりあえず、ホントにもう、観客が望んでいる場面を次々に見せてくれるサービス精神は素晴らしいの一言。B級映画やバカ映画と呼ばれようが、面白いものは面白い、観た後は特に何も残らないが、楽しい時間を過ごさせてくれる作品。

スネークフライト03


ザ・リング2

2018年06月09日 11:30

ザ・リング202

【原題名】THE RING TWO
【製作】ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス
【監督】中田秀夫
【脚本】アーレン・クルーガー
【撮影】ガブリエル・ベリスタイン
【音楽】ハンス・ジマー
【出演】ナオミ・ワッツ、サイモン・ベイカー、デヴィッド・ドーフマン、シシー・スペイセク
2005年/アメリカ映画/128分(完全版)


【STORY】
あの事件から半年後、レイチェルとエイダン親子はシアトルを離れ、アストリアという小さな町へ引っ越してきた。地元の新聞社で働き始めたレイチェルだが、10代の青年が変死体で発見される事件を知り、呪いのビデオテープがまだ存在していたことを知る。忌まわしき因縁を断ち切るためそのテープを処分するが、それからエイダンに異変が起こり始める。サマラが再びエイダンに憑りつこうとしている事を知り、レイチェルはサマラの出生の秘密を追っていく。

【REVIEW】
ハリウッドリメイク版『ザ・リング』の続編。ストーリーは日本版とは違いオリジナルもので、監督はこれがハリウッド初進出となった中田秀夫。1作目が日本版とほぼ同じ内容で作られていたのに対し、オリジナルストーリーである2作目は、レイチェル親子を執拗に狙うサマラと、そこから何とか逃れようとするレイチェルの奮闘が主なお話。冒頭で、ビデオを見た青年が変死するが、ビデオテープはこれ以降登場せず、エイダンの周囲や夢の中から徐々に侵食していく。ビデオを見ていないのに変死するレイチェルの同僚や家の中の家具が突然動き出したりと、前作にはなかったルールの変更に戸惑うが、サマラの目的も恐怖の拡散から母親への愛情を求めていた、に変わっており、ホラー映画としてはそれほど恐怖感が感じられないのがイマイチ。日本版では、自分の親に井戸に投げ込まれ、暗い井戸の中で死んでいった貞子の怨念が無差別に拡散して人が死んでいくという、何とも言えない理不尽な怒りや恐怖があったが、このリメイク版2作目は家族愛に焦点を当てたことにより、全く別物という感じに仕上がっているのは、人によって評価が分かれるところでしょう。

レイチェルは息子のエイダンを救うため必死に行動する母親を演じ、最後はサマラの呪いからも解き放たれ、ハッピーエンドになっているが、見方を変えれば、とても自己中心的な行動にも取れる。助けを求められた同僚のマックスは呪いで変死し、エイダンを助けようとしていた精神科医も死亡、サマラから逃れるために井戸から這い上がった後、ドスンと容赦なく井戸に蓋をして閉じ込めてしまうのも逆にサマラが可愛そうに思えてくるくらい。そもそも、1作目のラストでエイダンを救うため、ダビングされたビデオテープを見た人はどうなったのか!?松嶋菜々子は自分の親を犠牲にいていたが、赤の他人を犠牲にして我が子を助けていたのなら、なんとも言えない気分になる。

本作も水が象徴的に使用されているが、母子愛を絡めたストーリーも含めて同じ中田秀夫の『仄暗い水の底から』連想される(特に、中田秀夫が監督していたことをすっかり忘れて観ていたので、「なんでこんなに似ているんだろ!?」と不思議に思いながら観ていた)。また、サマラの出生を辿っていく内に生みの親を探し当て会いに行くが、母親役をシシー・スペイセクが演じており、その鬼気迫る様な演技が印象深い。しかし、結局、なぜサマラが異形なる力を持っていたのかは説明されず、消化不良気味に終わっているのは残念。


ザ・リング203

ザ・リング201



ザ・リング

2018年06月06日 06:06

ザ・リング01

【原題名】THE RING
【製作】ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス
【監督】ゴア・ヴァービンスキー
【脚本】アーレン・クルーガー
【撮影】ボジャン・バゼリ
【音楽】ハンス・ジマー
【出演】ナオミ・ワッツ、マーティン・ヘンダーソン、ブライアン・コックス、デヴィッド・ドーフマン
2002年/アメリカ映画/115分


【STORY】
若い男女4人が夜の10時ちょうどに同時に死亡する事件が発生する。その中に自分の姪が居たことから、記者のレイチェルは彼らが亡くなった原因を探り始める。死の一週間前に山荘に泊まりに行っていたことを突き止め、そこで見たビデオテープが関係しているのではないかと推測するが、そのビデオを見たことから自身も1週間後に死ぬのではないかと考える。1週間というタイムリミットが迫る中、レイチェルは元夫のノアに相談、2人でビデオの内容を探っていくが、その途中で、一人息子のエイダンもビデオを見てしまう。エイダンは「女の子からビデオを見るように言われた」と呟く。やがて、ビデオに移っている場所が判明し、レイチェルとノアは現地へ向かうが、ビデオに映っていた女性はすでに自殺していた。そして彼女の娘サマラにまつわる怪現象の話を聞いた2人は、ビデオテープはサマラに原因があったのではないかと推測する。

【REVIEW】
ヒットシリーズ『リング』のハリウッドリメイク版。登場人物、ストーリーはほぼオリジナルに忠実で、舞台を日本からアメリカに置き換えたが、ほぼ違和感なく見られるが細かいところでは少しアレンジもされている。まず、高山竜司役のノアには超能力は持っておらず、一般人と変わりがないので、貞子の呪いを解く過程での説明役としての役割は無くなっている。また、サマラは少女のままで井戸に投げ込まれていて、大人になっていた貞子との印象に少し差があるのと、被害者の死に顔にも変化が。日本版では恐ろしい形相で死んでいたが、ハリウッド版ではさらにメイクアップされ恐怖の死に顔がパワーアップ。これを見たら、普通の死に方ではないなと一目でわかるでしょう、そんな顔です。

全体的に暗い色調で(雨が降り続いているので、それも影響しているが)、モノトーンに近い雰囲気は好みが分かれるところだろうが、ホラー映画としての雰囲気は良く出ている。また、サマラの登場前後に滴ってくる水の使い方も恐怖を盛り上げるアイテムとしてなかなかいい。ただ、肝心のサマラと貞子を比較すると大人と子供との比較になる感じもあり、やはり怖さは貞子の方が上。サマラは『エクソシスト』の悪魔に憑りつかれたリーガンのような顔を見せてくれるが、肝心の顔は見せず、黒髪の隙間から見える目のドアップだけで表現した貞子の方がインパクトは勝っていた感がある。そして、当たり前だが、先にオリジナルの『リング』を見ていたら、当然展開が分かっているので、先が読めてしまえば恐怖感も薄れてしまうのは当然。それはそれで仕方がないので、異国版『リング』として割り切って見ればこれはこれでアリと思える1本。

ザ・リング04

ザ・リング05




最新記事