シーバース

2019年04月16日 14:55

【原題名】SHIVERS
【製作】アイヴァン・ライトマン
【監督】デヴィッド・クローネンバーグ
【脚本】デヴィッド・クローネンバーグ
【撮影】パトリック・ドッド
【出演】ポール・ハンプトン、ジョン・シルバー、リン・ローリー、アレン・マジコフスキー、バーバラ・スティール
1975年/カナダ映画/90分


【STORY】
会社員のチューダーは腹部に違和感を覚え吐血が続き調子が悪い。なかなか病院に行こうとしない夫の身を案じた妻は、高層マンション内にある診療所に往診を依頼する。その頃、同じマンションの一室で教授が教え子の腹部を切り裂いたのち自分の喉元を切って自殺する事件が起こる。事件の発見者であった診療所の医者ロジャーは教授が人体の欠損した臓器を寄生虫で補う研究をしていたことを知る。さらに教授は教え子に寄生虫を投与し人体実験を行っていた。その教え子と関係のあったチューダーは口から寄生虫を次々に吐き出して、その寄生虫はマンションの住人へ寄生していく。寄生された住人は理性を失うと暴力的になり、誰彼となくセックスに興じていく。事件の全貌にロジャーが気付いたころには時すでに遅く、混乱はマンション全体に広がっていた。

【REVIEW】
クローネンバーグの長編商業映画デビュー作。都会の高層マンションを舞台に謎の寄生虫によるパニックを描いているが、医療行為を発端とした肉体の変異が生み出す悲劇を血と暴力を絡めていく展開はこの時点ですでに確立されていて、演出やストーリーも粗削りだが、クローネンバーグの独特の表現方法がねっとりとした恐怖感を生み出していて味わい深い1本。寄生虫が巨大な芋虫みたいでそれ自体には怖さは感じられないが、取りつかれた人間が豹変し全く別人になってしまうところや、狂人が多数派になり、正常な人間がマイノリティーとなって追い詰められていくあたりは怖い。ゾンビ映画でもそうだが、逃げても逃げてもどうしようもなく、自分一人しか残っていないのなら、もはや正常でいることの意義さえ失われ、多数派に飲み込まれてしまった方が楽にさえ思えてくるあたりが人間性とは何か!?という問いかけのようで背筋の寒い何かを感じる。

低予算で製作されていたであろうが、マンションの住人役でバーバラ・スティールが、診療所の看護婦役でリン・ローリーが何気に出演しているのが嬉しいところ。最終的に2人とも寄生されてあっち側の人間になってしまうが、2人に襲われたら黙って仲間になった方が楽しいかも・・・。







ゾーン・オブ・ザ・デッド

2018年12月30日 21:53

ゾーン02

【原題名】ZONE OF THE DEAD
【製作】ロリス・クルチ
【監督】ミラン・コニェヴィッチ、ミラン・トドロヴィッチ
【脚本】ミラン・コニェヴィッチ
【撮影】スティーヴ・ブルック・スミス
【出演】ケン・フォリー、クリスティーナ・クレべ、エミリオ・ロッソ、アリアドナ・シャブロル
2009年/イタリア=スペイン=セルビア映画/101分


【STORY】
セルビアで軍事演習が行われている最中、パンチェボ工業地域に停車していた軍事列車が事故に遭い毒ガスが流出、それを吸った住民たちは血を吐いて死ぬが、ゾンビ化して生者を襲い始める。その頃、インターポールの捜査官レイエスは囚人の護送警護の依頼を受け、護送車とともにベオグラードに向かっていた。丁度、パンチェボに入ったところで、ゾンビの集団に襲われて他の警護していた警官らは噛まれて死亡する。レイエスは生き残ったメンバーとともに地元の警察署に逃げ込むが、そこにもゾンビの群れが押し寄せてくるのだった。

【REVIEW】
本作の“ウリ”は勿論、主演があのケン・フォリーであること。ロメロの『ゾンビ』でSWAT隊員ピーターを演じた彼が再びゾンビ映画に出演しているというだけでも、ファンは見る価値があるというものだが、セルビアを舞台にしたいかにもユーロ圏っぽい雰囲気もこの映画の魅力の一つとなっている。

軍の保管していたガスからゾンビが大量発生するのは、もはやお決まりのパターンではあるが、ゾンビの造形や襲い掛かってくる場面もなかなか迫力があり緊迫感は感じられる。その反面、拳銃の残弾が「もう残っていない」と言った後もバンバン撃ちまくったり、護送任務の新人女性警官が「射撃は苦手で・・・」という発言を最初にしていたのに、後半では達人のように上達していたりと、矛盾しているところもちらほら。護送されている囚人が何故かゾンビに詳しく(本家のケン・フォリーよりも!)、かつ頭もよく回り、さらに銃の腕前にも長けていてラストでは日本刀でゾンビたちをバッサバッサと切りまくる大活躍で、ほぼほぼ主役級の活躍。しかし、最後まで何者だったのかは分からず仕舞い。また、教会から出てきた武装したハゲの男も途中で合流してゾンビたちをバンバン撃ちまくるが、彼も何者だったのかは分からず仕舞い。登場人物の説明を完全に放棄した潔さは、逆に清々しく、面白かったらいいんじゃないという開き直り感すらあり、その辺がアメリカ映画らとはまた一味違った魅力のような気がします。

ちょっと太った感のあるケン・フォリーは、戦闘力では囚人の男に一歩譲るものの、見ているだけで存在感は抜群。ショッピングモールに逃げ込んではどうかという提案に「立て籠もってもゾンビが集まってくる」とダメ出ししたり、地獄がオーバフローしていると言わせたりと、ファンにはニヤニヤさせられる場面が出てくるのが嬉しい。映画全体の出来栄えは平均点だが、彼が主演しているという要素を加味してゾンビファンならやはり必見の作品でしょう。

ゾーンオブザデッド01

ゾーン03



ゾンビリミット

2018年10月29日 19:58

ゾンビリミット02

【原題名】THE RETURNED
【製作】フリオ・フェルナンデス
【監督】マヌエル・カルバージョ
【脚本】アテム・クライチェ
【出演】エミリー・ハンプシャー、クリステン・ホールデン=リード
2013年/スペイン=カナダ映画/98分
【STORY】
ゾンビウィルスに感染した者の封じ込めに成功した世界。感染したものの発症しなかった患者はリターンドと呼ばれ、ワクチンを定期的に接種することで普通の生活を送れていた。しかし、再びゾンビ化することを恐れてリターンドを保護する政策に反対する人々も多く、過激なグループは度々暴動を起こしていた。リターンド患者の治療に当たる病院に勤務するケイトのパートナーのアレックスもリターンドであったが、周囲には秘密にして生活していた。ある日、病院に過激派グループが押し入り、リターンド患者を銃殺する事件が発生、ショックを受けたケイトは長期休暇を願い出る。実は、今あるワクチンは限りがあり、いつかは入手できなくなる日も近くなっていた。ケイトとアレックスは密かに蓄えていたワクチンを持って逃亡することを決意する。

【REVIEW】
ゾンビウィルスの発症を抑制するワクチンをめぐるヒューマンドラマの色濃い作品。何か所か、ゾンビに襲われて流血する場面があるものの時間にするとほんの僅かで、ゾンビが襲ってくる恐怖よりも、薬が無くなり人間として生きることが出来なくなるかもしれないという圧迫感や閉塞感が重苦しい展開。通常は助け合って生きていた仲間も、いざワクチンが残り少なくなっていることが分かると容赦なく裏切っていく―。追い詰められていけば、自分たちが生きていくだけで精一杯、他人を思いやる余裕なんかない・・・。醜いエゴのぶつかり合いに、結局恐ろしいのはやっぱり同じ人間同士かと、ロメロのリビングデッドシリーズでも何度も描かれてきたテーマが本作でも主流となっている。

何とか確保できたワクチンも奪い合いの末失ってしまったケイトは自宅に帰る。ワクチンが切れ、容体が悪化していくアレックスは自分を銃で撃ち殺すように懇願する。涙ながらに銃を撃ち、放心状態で自宅を出てきたケイトに訪ねてきた院長が「新しいワクチン開発が間に合った。人類は救われる」と喜びながら伝える。“もう少し、早くそれが分かっていたなら、アレックスを撃つ必要はなかったのに―”と何とも後味の悪い終わり方。『ミスト』ほどではないが、この嬉しくないラスト。だが、全体的にシリアスな展開なので、あまりにも都合よく助かってしまうよりも、この終わり方の方がいい余韻に浸れる気がした、なかなか見応えのある作品。

ゾンビリミット01

ゾンビリミット03


スリザー

2018年10月28日 00:07

スリザー03

【原題名】SLITHER
【製作】ポール・ブルックス、エリック・ニューマン
【監督】ジェームズ・ガン
【脚本】ジェームズ・ガン
【撮影】グレゴリー・ミドルトン
【音楽】タイラー・ベイツ
【出演】ネイサン・フィリオン、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー、グレッグ・ヘンリー
2006年/アメリカ映画/96分
【STORY】
アメリカの田舎町に隕石が落下、割れた隙間から謎の生命体が這い出てくる。たまたま森の中で発見した町の有力者グラントは、その生命体から飛び出してきた何かに侵入されてしまう。寄生されたグラントは生命体に命じられがままに行動、彼の行動を不審に思った妻のスターラは警察に助けを呼ぶが、グラントの容姿は崩れていき、まるで軟体生物のような風貌を成していく。さらに、グラントは町の女性ブレンダを外れの小屋に監禁し彼女を媒介に宇宙生物を繁殖させようと目論む。

【REVIEW】
謎の宇宙生物が人間の体を乗っ取って侵略していく、割と定番タイプのSFホラー。ただ、特筆すべきは、その宇宙生物の風貌が真っ赤でヌメヌメしていて巨大な芋虫かヒルといった面持。それが中盤以降、破裂したブレンダの体内から大量発生し、町の住人に襲い掛かるのが悪趣味丸出しの見どころシーン。やつらは人間の口から侵入して脳まで辿りつくと操れるようになるのだが、あんなのが大量に襲いかかてきたら、本当に気持ち悪くて卒倒もの。とにかく大量に迫ってくるところは生理的にかなり訴えるものがあるが、『デッドリー・スポーン』あたりを連想させて懐かしい。また、グラントが人間を次々に栄養源として飲み込んでいき、ヌメヌメで巨大化していく姿は、『フロム・ビヨンド』を彷彿させ、このあたり、意図的に80年代ホラーを意識しているのかもしれない。

しかし、かといって恐怖を感じさせるというよりは、コミカルな演出もあってどちらかと言えば笑いの方に持っていきがちなのがこの映画の特色。監督のジェームズ・ガンは、トロマ映画出身とのことで、やり過ぎ感のある描写もそこから来ているのかもしれません。意外に過激な人体破壊描写はなく、ひたすらヌメヌメ、ヌルヌルしているので、芋虫とかヒルとかナマコとかが好きな方には堪らない作品です。


スリザー01

スリザー02


ソウ ザ・ファイナル

2018年10月20日 17:42

ソウザファイナル05

【原題名】SAW 3D
【製作】マーク・バーグ、オーレン・クールズ、グレッグ・ホフマン
【監督】ケヴィン・グルタート
【脚本】パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン
【撮影】デヴィッド・A・アームストロング
【出演】トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツィ・ラッセル、ケイリー・エルウィズ、ショーン・パトリック・フラナリー
2010年/アメリカ映画/90分


【STORY】
不意を突かれてジルに罠を仕掛けられたホフマンは左手を潰し、口を裂きながらトラップを外してなんとか生き延びる。ジルは復讐を恐れて警察にこれまでの秘密を明かす替りに自身の保護を求める。ジルを捜すホフマンは同時進行で新たなゲームも進めていた。今度のターゲーットは、ジグソウのゲームから生き延びたことを自伝に記し、一躍有名人となったボビーという男。しかし、彼がジグソウの罠から助かったことは全くのデタラメで、彼の取り巻きもそれを知りながらあえて知らんぷりをしていた。ジグソウの怒りを買ったボビーは60分以内にすべてのゲームをクリアしなければ、彼の知人や最愛の妻も命を落としてしまうことに。

その頃、ジルは警察署内で匿われていたが、ホフマンはいとも簡単に侵入し、署員を皆殺しにする。捕まったジルはホフマンに仕掛けた逆トラバサミのトラップを付けられ、顔面を引き裂かれて死亡する。ジグソウ事件に関する証拠を燃やして逃亡を図るホフマン。そこに突然現れた3人の仮面の男に捕まり眠らされてしまう。ホフマンが気を失う寸前に見たのは、仮面を取ったゴードン医師の姿だった。


【REVIEW】
7作目にして遂に決着がつく、シリーズ最終章。前作のラストで、ジルに「ゲームオーバー」を宣告されたホフマンだったが、執念で生き延び、ジル殺害を図る。自分が罠にかけられたのが許せなかったのか、それともジグソウの真の後継者は自分だと言いたいのか、ホフマンの執念は凄まじいの一言。わざとアジトに踏み込ませてトラップで警官を皆殺しにするは、死体袋に隠れて警察署内に侵入後は署員全てを殺していくわで、ほとんど殺人マシーン。しかも、ジルにやられた傷は自分で縫ってやりすごし、さらに首を刺されて返り討ちに合っても平気で追ってくるタフさ。最終作にて、ホフマンの卓越した不死身ぶりが際立つ内容になっている。

そして、気になるジグソウの真の後継者とは―。前作で、ジルが遺品の中にあったビデオテープを渡していたのは、1作目で片足を切り落としながらも生き残っていたゴードン医師だった。彼は、その後もジグソウのゲームで医療的な部分を影からサポートしていた存在であり、ジグソウことジョンはゴードンを最も信頼していたのだった。ビデオテープの遺志を受け取ったゴードンは、あの地下室へホフマンを連れて行き、鎖で壁につなぐ。最後に「ゲームオーバー」を告げたのはゴードンだった。

シリーズ完結編で“全ての謎が明らかになる”という触れ込みだったが、第1作の驚愕のラストと比べるとインパクトは薄い。主要な登場人物はどんどん死んで行って、ゴードンを登場させたのは悪くはないが、1作目以降全く影も形も見せなかったので、当初から想定していたというより、後付感も漂ってしまう。また、ジルがあっさり殺されてしまったのも拍子抜けで、ただ異様にホフマンの強靭さが際立っていた感じ。それでも、いつかは終わらせる必要があったわけで、決着をつけていつものテーマソングが流れるラストを見ると、「まあ、よく7作も続いたもんだよねー」と見ているこちらもなかなか感無量。一応、3D作品として作られていたので、原題は『SAW 3D』で、“ファイナル”は今後続編が製作されることがないと確認を取ったうえで、付けられた邦題のよう。でもまあ、結局7年後に『ジグソウ ソウ・レガシー』が作られることになる。

ソウ

ソウ2

ソウ3

ソウ4

ソウ5

ソウ6

ソウザファイナル04

ソウザファイナル02





最新記事