ドッグ・ソルジャー

2021年01月20日 17:50

ドッグソルジャー02

【原題名】DOG SOLDIERS
【製作】デヴィッド・E・アレン、クリストファー・フィッグ、トム・リーヴ
【監督】ニール・マーシャル
【脚本】ニール・マーシャル
【撮影】サム・マッカーディ
【音楽】マーク・トーマス
【出演】ショーン・パートウィー、ケヴィン・マクキッド、エマ・クレズビー、リーアム・カニンガム
【製作年度】2002年
【製作国】イギリス
【上映時間】105分


【STORY】
山奥で軍事演習を行っていたイギリス軍の小隊は、救難信号を見つけて現場に向かうが、そこには惨殺された特殊部隊の死体が転がっていた。重傷を負いながらも生存していた特殊部隊のライアン大尉を発見した小隊は現場を後にするが、何者かの襲撃を受けて隊員も死傷してしまう。途中、車に乗ったメーガンという女性と合流してとある一軒家に逃げ込むが、そこにも襲撃者は追ってくる。やがて彼らは、自分たちを襲っているものが人狼であることに気付く。

【REVIEW】
本場英国製の人狼ホラー。山奥の一軒家を舞台に籠城した主人公らが人狼の群れと戦うという構図は、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から受け継がれている定番のパターンだが、襲われる側が軍人ということで、ミリタリー的な要素が入っているのがこの映画の特徴。なので、か弱いヒロインが泣き叫んだり、一般人同士がいざこざを起こしたりという描写は無く、軍隊ならではのチームワークで人狼と対峙していくのがテンポよく描かれている。また、冒頭襲われたカップルが持っていた銀のナイフが最後で役に立っていたり、襲われた人間もまた人狼と化したり(傷を負っていても見る見るうちに治っていく)、狼男のお約束はきちんと守っているのも律儀。肝心の人狼の造形はどこか初代ハウリングのそれを思い起こさせて、CGではない、スーツアクトによりリアリティーが増しているのもプラスポイントになっている。

襲われる場面の血の量や、喰われる場面の内臓なんかもけっこう見せてくれ、ゴア度が高いのも嬉しいが、人間から狼男へ変身するところが無いのは若干寂しさを感じます。その点『ハウリング』や『狼男アメリカン』『狼の血族』なんかは変身場面が映画の見どころの一つであったので、それらと比べるとやはり見劣りはしてしまう(まあ、それを補ってバトルシーンはふんだんに用意されているんだけど)。また、筋書きも真面目一辺倒ではなく、ところどころにユーモアを交えていて、それがアクセントにもなっている。武器が無くなった隊員が台所でフライパンで戦ったりとかね。あと、最初に重傷を負って内臓はみだした軍曹が最後まで生き残っていたのには驚きで、人間ってタフな生き物なんだなあ~とか感心したり。

監督のニール・マーシャルはこれが長編デビュー作品。みるからに低予算製作だろうけど、そこはアイデアと演出でうまくカバーしていると思いました。取り合えず、パワーと勢いで押し切ったような感じ。で、この次に撮るのが洞窟ホラー『ディセント』なんですが、個人的には大好きな作品です。こちらも、そろそろブルーレイ出してくれませんかね~。

ドッグソルジャー01

ドッグソルジャー03




デモンズ4

2020年08月26日 21:11

403_convert_20200826135441.jpg

【原題名】THE SECT/LA SETTA
【製作】ダリオ・アルジェント
【監督】ミケーレ・ソアビ
【脚本】ミケーレ・ソアビ、ダリオ・アルジェント
【撮影】ラファエル・メルテス
【音楽】ピノ・ドナッジオ
【出演】ケリー・カーティス、ハーバート・ロム、カーラ・カッソーラ、アンジェリカ・マリア・ボーク
【製作年度】1991年
【製作国】アメリカ
【上映時間】116分


【STORY】
1970年代のカリフォルニア。集団で生活しているヒッピーの若者らのところにデーモンと名乗る男がやってくる。夜になるとデーモンの仲間が現れはヒッピーらを皆殺しにする。彼は悪魔を崇拝する教団の一員であった。1991年のドイツ、小学校で教師をしているミリアムは車で帰宅途中、路上にいた老人と接触事故を起こしそうになる。老人の身を案じたミリアムは自宅へ連れていき休ませるが、その晩老人は死にそれから奇妙なことが起こり始める。同僚の教師キャサリンはミリアムを心配して訪ねてくるが、謎の布が顔面に張り付いてから様子がおかしくなり、街で若者誘惑した後刺殺されてしまう。さらにいろいろと相談に乗ってもらっていた医師のフランクもミリアムの家の近所で謎の儀式を目撃した後、彼女に襲い掛かってきた。そして、死んだはずの老人がミリアムの前に現れる。実は老人は邪教集団のリーダーで、ミリアムは悪魔の子を宿すために運命づけられていたのだという。不気味な虫の力で妊娠したミリアムは悪魔の子を出産、邪教集団は赤子を連れ去ろうとするが、ミリアムのとった行動は―。

【REVIEW】
デモンズ3』に続いてミケーレ・ソアビが監督した本作だが、勝手に付けられた邦題とは違い、デモンズは一切出てこない。代わりに筋となるのは、邪教を信仰するカルト集団が神に対抗するため悪魔の子を手に入れようとするストーリーだ。この手のストーリーはオカルトホラーが全盛期であった70年代っぽい気が非常にするのだが、キリスト教を信仰する地域の人々にとっては別に古臭くはない普遍的なテーマなのかもしれません。この辺は仏教徒である私にはピンっと来ないんですが、これは致し方がないでしょう。

で、この『デモンズ4』面白いのか?面白くないのか?と聞かれれば、面白くない映画に分類されてしまう出来栄え。邪教集団が迫ってきている、何か不穏なことが起こり始めているということを直接的な表現ではなく、抽象的に心理的に表現しているところが多くて、やや分かりにくい映画になっている。狂気の発端となる謎の白い布も、「なんで顔にへばりついただけで変わっちゃうの?」と半ば呆気にとられるし、虫が体内に入っただけで妊娠するのもある意味凄い。ただ、主演のケリー・カーティスが所々で見る幻想的な夢やイメージが不安を煽っていたり、登場する人物の独特な雰囲気が異様さを盛り上げてくれているのは間違いない(『ゾンビ3』の乳噛まれ役のマリアンジェラ・ジョルダーノとか、『地獄の門』のドリル打ち込まれ役のジョヴァンニ・ロンバルド・ラディーチェとか、デーモン役には『デモンズ3』のトマス・アラナとか)。というわけで、独特の雰囲気を楽しむ映画だと思うが、少々上映時間が長くて中だるみ気味であったことと、やはりデモンズが出てこないのなら別のタイトルにした方が良かったのでは?という気がしました。

401_convert_20200826135418.jpg

402_convert_20200826135431.jpg


デモンズ3

2020年08月25日 20:48

デモンズ3001

【原題名】THE CHURCH/LA CHIESA
【製作】ダリオ・アルジェント
【監督】ミケーレ・ソアビ
【脚本】ダリオ・アルジェント、フランコ・フェリーニ
【撮影】レナート・タフリ
【音楽】キース・エマーソン、ゴブリン
【出演】ヒュー・クァーシー、トマス・アラナ、フェオドール・シャリアピン・Jr、バーバラ・クピスティ、アーシア・アルジェント
【製作年度】1989年
【製作国】イタリア
【上映時間】102分


【STORY】
中世イタリア、悪魔崇拝の疑いを掛けられた村人らがチュートン騎士団に皆殺しにされ、生き返らないよう埋葬した上に教会が建設された。現代、その教会の図書室の司書としてやってきたエバンは、聖堂の修復作業を行っているリサと親しくなる。ある日、リサは地下室から古い羊皮紙を発見する。興味を持ったエバンは羊皮紙の内容を解読し、地下の封印を解くが、何かに取り付かれたエバンは別人のようになっていた。
ガス神父は教会の懺悔室で番人の話を聞いていた、番人は悪魔に取り付かれたことを告白し、錯乱した番人は地下室へ逃げ込み自分の腹部に掘削ドリルを打ち込み絶命する。そのときの振動で教会に設置されていた装置が発動し扉が閉まり、中にいた人々は閉じ込められてしまう。この教会は、悪魔が復活したときにそれが外の世界に広がらないようになっていたのだった。司教から教会の秘密を知ったガス神父は、事態を収拾しようと奔走する。

【REVIEW】
邦題はデモンズシリーズのようだが、1・2とは直接関連はなく、独立した内容で派手さはないが外見ではなく内面から悪魔に侵食されていく様を描いたゴシック・ホラーになっている。ただ、元々の企画がデモンズの続編として進んでいたが、紆余曲折がありランベルト・バーバが降板、代わりにミケーレ・ソアビが監督することになったことや、密室空間での悪魔復活という構図はデモンズシリーズの流れを汲んでいると捉えてもあながち間違いではない気もする。製作は、同じアルジェントだし。

派手な特殊メイクと音楽で人気を博した『デモンズ』『デモンズ2』と比較すると地味な印象の本作だが、悪魔が復活するさまを細かな異変の積み重ねで描写し、じわじわくる怖さがありこれはこれで悪くない。『地獄の門』のフルチの頭部ドリル貫通に対抗した掘削機ドリルを腹部に打ち込んだり(対抗はしてないかもしれないが)、旦那の生首で鐘を打ち鳴らす老女、地下鉄に衝突して破裂する女性など、独創的なゴアシーンも所々に用意されているし、最後の人体オブジェによる悪魔の像の登場も面白い。そのドリルで自死する番人の娘役でまだあどけないアーシア・アルジェントが出演しているのも見どころ。中世の虐殺された娘の生まれ変わりとして、現代の悪魔復活の一部始終を見届ける象徴的な存在であった。

デモンズ3003

デモンズ3002


ドント・ブリーズ

2020年07月22日 02:43

_convert_20200721002208.jpg

【原題名】DON'T BREATHE
【製作】サム・ライミ、ロブ・タパート、フェデ・アルバレス
【監督】フェデ・アルバレス
【脚本】フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス
【撮影】ペドロ・ルケ
【音楽】ロケ・バニョス
【出演】ジェーン・レヴィ、ディラン・ミネット、ダニエル・ゾヴァット、スティーヴン・ラング
【製作年度】2016年
【製作国】アメリカ映画
【上映時間】88分


【STORY】
ロッキーと恋人のマニー、そして友人のアレックスは空き巣を繰り返し、盗品を売って小金を得ていたが、自堕落な親と荒廃した街から妹を連れて逃げ出したいロッキーには、もっと大金が必要だった。そこへ、マニーが大金を自宅に保管している一人暮らしの老人の情報を入手してくる。これが最後と、強盗を決意し、3人は深夜老人宅に忍び込む。事は簡単に進むかと思われたが、寝ていた老人が物音に気付いて彼らの前に現れる。老人は目は見えないが、音には異常に敏感、しかも退役軍人という屈強な肉体を持っていた。老人は、マニーの持っていた拳銃を奪い取り、銃殺。恐怖におののくロッキーとアレックスは暗闇の中、出口を探そうとするが、老人にことごとく行く手を阻まれてしまい―。


【REVIEW】
リメイク版『死霊のはらわた』のフェデ・アルバレスが、サム・ライミのもとで再び監督した、サスペンス・スリラー。一軒家を舞台にした追うものと追われるものとの攻防を描いた作品だが、若者3人対老人1人の構図ながら、老人が異常聴覚+元軍人で体力抜群、しかもマイホームで家の間取りも熟知していて、終始若者が追われる立場に。物音を立てずに逃げなければいけないという設定が単純ながらもうまく機能していて、最後までハラハラさせてくれるなかなかの佳作に出来上がっている。

惜しむらくは、主人公のロッキーが悲惨な生活環境から抜け出したいという背景があるものの、一人暮らしの老人(しかも盲目)から金を奪い取ろうとしているという弱みがあるため、若者たちが返り討ちに合っても仕方がないと感じてしまうし、被害者であるはずの老人が実は誰にも知られていないサイコな一面があったことが終盤明かされ、「こいつもあかんやんか!」となってしまい、結局どちらにも感情移入できずに終わってしまったこと。まあ、どちらの側も、人様に言えないアウトローなことをやっているので、ラストは痛み分けみたいな感じで、あまり後味のよろしくない終わり方でした。しかし、この老人、いくらなんでも頑丈過ぎ!


ドリーム・ホーム

2019年10月22日 14:50

dvd002.jpg

【原題名】DREAM HOME
【製作】パン・ホーチョン 、コンロイ・チャン 、ジョシー・ホー、スービ・リャン
【監督】パン・ホーチョン
【脚本】パン・ホーチョン 、デレク・ツァン、ジミー・ワン
【撮影】ユー・リクウァイ
【音楽】ガブリエル・ロベルト
【出演】ジョシー・ホー、イーソン・チャン、デレク・ツアン、ローレンス・チョウ、ジュノ・マック、ミシェル・イエ
2010年/香港映画/96分
【STORY】
金融機関に勤めるOLのチョンの夢は、香港の湾岸エリアにそびえ立つ超高級マンション・ビクトリアNO.1に移り住むこと。彼女は幼い頃住んでいたアパート街が地上げ屋の不当行為によって退去せざるを得なくなった過去があり、その頃の苦い記憶が「いつか家族で海の見えるマンションに住む」という夢に繋がっていた。Wワークをして生活を切り詰めながら、やっとのことで売りに出されていたビクトリアNO.1の売り手の提示額を貯めたチョンは売買契約の日を迎える。しかし、当日不動産屋を通じて、売り手が突如提示金額を吊りあげたことにより契約は出来なくなり、チョンは引っ越しの準備をしていた自室で呆然となる。そこで何かを閃いたチョンは手元にあった引っ越し資材を持ってビクトリアNO.1へ向かう。

“あのマンションで大量殺人事件が発生したら、不動産価格は暴落して、私でも余裕で買えちゃうじゃん・・・!”

管理人室で守衛の男を絞殺したチョンは、売りに出されている階の住人を次々に殺していくのだった―。


【REVIEW】
「実話を基にしたヴァイオレンス・スリラー」というキャッチ・コピーは、使い古され過ぎて陳腐ではあるが、この映画にはよく似合っている気もする。大量殺人犯の犯行動機は、幼い頃のショッキングな出来事がトラウマになって人知れず狂っていたとか、常人には理解し難いサイコパスな人格を所有しているとか、常日頃に虐げられていたうっ憤が大爆発してやり返すとか、いろいろあるけれども、本作のヒロインの動機はただひとつ“家を買うため”。大量殺人が起これば、マンションの価値は暴落して買えるだろうと、超シンプルな発想の元、彼女はマンションへ向かう。あまりにも短絡的な思考とも思えるが、映画は彼女の貧しかった幼少期からマイホーム願望が強かったこと、家族で一緒に住むと決めていたのに両親が次々に亡くなって間に合わなかったこと、などを描いていて、追い詰められていった人間は普通では考え付かないことを起こすこともあり得るかも・・・と思わせる。

そんなヒロインの不遇さを説明しつつ、行う殺人は残忍極まりない。冒頭の管理人室のおじさんは結束バンドで首を絞められ、苦し紛れにカッターでバンドを切ろうとして頸動脈までぶった切ってしまい即死。その後は住人をターゲットに、ドライバーを後頭部から突き刺して目ん玉が飛び出たり、ビニール袋を頭にかぶせて中の空気をを掃除機でを吸い取り窒息死させたりと手近な物で殺していく。その後、なんやら騒いでいる部屋があったので、そこへも侵入し、ヤクをやって乱交していた男女4人も次々に殺害。ナイフで腹を掻っ捌いて内臓がデローン、指チョンパ、首に割れた瓶をぶっ刺す、背中から包丁を何度も突き立してナニをちょん切るなどなど。さらには、騒音の苦情でやってきた警官2人も成り行きで死んじゃって、辺りは血の海になる。被害者の反撃を受け怪我をしつつも彼女は後日、値下がりした一室をついに手に入れ引っ越しする。晴れて念願のマイホームを手に入れたチョンであったが、サブプライムローンによる世界的な経済不況をニュースが知らせつつ不穏なまま終わっていく。

経済や社会的な格差による問題を挟み込んでいるが、見せ場はやっぱりゴアシーン。殺される被害者の人数も多いが流れる血の量も多い。銃であっさり殺すのではなく、刺したり切ったりと見ていて痛々しい殺し方が良い。また、犯人が女性なので、意外に被害者から反撃を喰らったりしてせめぎ合う攻防もあり、とにかく殺しの場面は見ていて飽きない。ただ、よくよく考えてみると、ヒロインに殺される被害者たちは、直接の因果関係はなく、全くのとばっちりで殺されているのは理不尽である。しかしあまり同情心が湧かないのは、金持ちでいいところに住んでどこか人間的にもいけ好かない感じが滲み出ていて、それが庶民感覚からすると、やっぱり可哀そうに思えてこない原因なのかもしれません。


dvd003.jpg

dvd001.jpg




最新記事