ドリーム・ホーム

2019年10月22日 14:50

dvd002.jpg

【原題名】DREAM HOME
【製作】パン・ホーチョン 、コンロイ・チャン 、ジョシー・ホー、スービ・リャン
【監督】パン・ホーチョン
【脚本】パン・ホーチョン 、デレク・ツァン、ジミー・ワン
【撮影】ユー・リクウァイ
【音楽】ガブリエル・ロベルト
【出演】ジョシー・ホー、イーソン・チャン、デレク・ツアン、ローレンス・チョウ、ジュノ・マック、ミシェル・イエ
2010年/香港映画/96分
【STORY】
金融機関に勤めるOLのチョンの夢は、香港の湾岸エリアにそびえ立つ超高級マンション・ビクトリアNO.1に移り住むこと。彼女は幼い頃住んでいたアパート街が地上げ屋の不当行為によって退去せざるを得なくなった過去があり、その頃の苦い記憶が「いつか家族で海の見えるマンションに住む」という夢に繋がっていた。Wワークをして生活を切り詰めながら、やっとのことで売りに出されていたビクトリアNO.1の売り手の提示額を貯めたチョンは売買契約の日を迎える。しかし、当日不動産屋を通じて、売り手が突如提示金額を吊りあげたことにより契約は出来なくなり、チョンは引っ越しの準備をしていた自室で呆然となる。そこで何かを閃いたチョンは手元にあった引っ越し資材を持ってビクトリアNO.1へ向かう。

“あのマンションで大量殺人事件が発生したら、不動産価格は暴落して、私でも余裕で買えちゃうじゃん・・・!”

管理人室で守衛の男を絞殺したチョンは、売りに出されている階の住人を次々に殺していくのだった―。


【REVIEW】
「実話を基にしたヴァイオレンス・スリラー」というキャッチ・コピーは、使い古され過ぎて陳腐ではあるが、この映画にはよく似合っている気もする。大量殺人犯の犯行動機は、幼い頃のショッキングな出来事がトラウマになって人知れず狂っていたとか、常人には理解し難いサイコパスな人格を所有しているとか、常日頃に虐げられていたうっ憤が大爆発してやり返すとか、いろいろあるけれども、本作のヒロインの動機はただひとつ“家を買うため”。大量殺人が起これば、マンションの価値は暴落して買えるだろうと、超シンプルな発想の元、彼女はマンションへ向かう。あまりにも短絡的な思考とも思えるが、映画は彼女の貧しかった幼少期からマイホーム願望が強かったこと、家族で一緒に住むと決めていたのに両親が次々に亡くなって間に合わなかったこと、などを描いていて、追い詰められていった人間は普通では考え付かないことを起こすこともあり得るかも・・・と思わせる。

そんなヒロインの不遇さを説明しつつ、行う殺人は残忍極まりない。冒頭の管理人室のおじさんは結束バンドで首を絞められ、苦し紛れにカッターでバンドを切ろうとして頸動脈までぶった切ってしまい即死。その後は住人をターゲットに、ドライバーを後頭部から突き刺して目ん玉が飛び出たり、ビニール袋を頭にかぶせて中の空気をを掃除機でを吸い取り窒息死させたりと手近な物で殺していく。その後、なんやら騒いでいる部屋があったので、そこへも侵入し、ヤクをやって乱交していた男女4人も次々に殺害。ナイフで腹を掻っ捌いて内臓がデローン、指チョンパ、首に割れた瓶をぶっ刺す、背中から包丁を何度も突き立してナニをちょん切るなどなど。さらには、騒音の苦情でやってきた警官2人も成り行きで死んじゃって、辺りは血の海になる。被害者の反撃を受け怪我をしつつも彼女は後日、値下がりした一室をついに手に入れ引っ越しする。晴れて念願のマイホームを手に入れたチョンであったが、サブプライムローンによる世界的な経済不況をニュースが知らせつつ不穏なまま終わっていく。

経済や社会的な格差による問題を挟み込んでいるが、見せ場はやっぱりゴアシーン。殺される被害者の人数も多いが流れる血の量も多い。銃であっさり殺すのではなく、刺したり切ったりと見ていて痛々しい殺し方が良い。また、犯人が女性なので、意外に被害者から反撃を喰らったりしてせめぎ合う攻防もあり、とにかく殺しの場面は見ていて飽きない。ただ、よくよく考えてみると、ヒロインに殺される被害者たちは、直接の因果関係はなく、全くのとばっちりで殺されているのは理不尽である。しかしあまり同情心が湧かないのは、金持ちでいいところに住んでどこか人間的にもいけ好かない感じが滲み出ていて、それが庶民感覚からすると、やっぱり可哀そうに思えてこない原因なのかもしれません。


dvd003.jpg

dvd001.jpg


スポンサーサイト



デアボリカ

2019年03月09日 22:48

デアボリカ表20190306235359

【原題名】BEYOND THE DOOR/CHI SEI?
【製作】オヴィディオ・G・アソニティス、エンツォ・ドリア、エドワード・L・モントロ
【監督】オリヴァー・ヘルマン、リチャード・バレット
【脚本】オリヴァー・ヘルマン、アントニオ・トロイソ
【撮影】ロベルト・デットーレ
【音楽】フランコ・ミカリッツィ
【出演】ジュリエット・ミルズ、ガブリエラ・ラヴィア、リチャード・ジョンソン、エリザベス・ターナー
1973年/イタリア映画/108分


【STORY】
ジェシカは夫のロバートと2人の子供たちと幸せに暮らしていたが、覚えのない妊娠をきっかけに奇妙なことが起こり始める。ジェシカは精神的に不安定になり、言葉や行動が暴力的になる。子供部屋では人形が動き回り、ポルターガイスト現象も。ロバートの友人で医師のジョージによれば、胎児はあり得ない速さで成長しているという。やがて、顔つきまで変わり別人のようになったジェシカは緑色の液体を吐き出し、男の声で罵りはじめる。全く事の原因がつかめないロバートの前に、ある日ディミトリという男が現れた。彼は自分ならジェシカを救えるという。藁にもすがる思いで、ロバートはディミトリにジェシカを託すが、ディミトリには10年前に悪魔とある約束を交わしていた―。

【REVIEW】
大ヒット作『エクソシスト』の影響下にイタリアで製作されたオカルト映画。悪魔に取りつかれた妊婦の形相がおぞましく変化し、首が180度回転、汚らわしい言葉を吐いて汚物を吐きまくるのも本家と瓜二つ。『エクソシスト』がいかに偉大で影響力を持っていたかよくわかる。

パクリと言われても仕方がないが、それでも見どころがあるのがイタリア映画のいいところ。定番のゲロ描写は『エクソシスト』よりも大量にサービス、ジェシカ役のジュリエット・ミルズの悪魔憑きぶりも見事、医者のいい加減な検査であきらめて良く分からん他人にすがるロバートの良く分からん心情、そんでもって街中を彷徨うロバートにやたらとまとわりつくストリートミュージシャン。本筋とは関係なところにまで、何故かこだわりを見せるのが理解はできないが独特の味わいがあるのも事実。一言でいえば、よく分からなない、理解し難い不条理なものを見せられる不快感的なものをわざと誘発しているのではないか!?という意図さえ感じてしまうが、多分考え過ぎだろう。

謎の男ディミトリはジェシカを助ける救世主かと思わせながら、最後の種明かしでは、10年前に悪魔に決められていたタイムリミットが迫っていたため約束を守ってジェシカに悪魔の子を産ませようとしていた・・・。って、結局自分が助かりたかっただけかい!と突っ込んでしまうが、さらに悪魔が助けると約束しておいて実は助けるつもりはさらさらなく、実は全部ウソだよーって告白する始末。そこで、取り乱して「死にたくないーッ」と叫ぶディミトリが何とも哀れ。このディミトリ役のリチャード・ジョンソン、個人的には『サンゲリア』の印象が強すぎて、終始メナード医師にしか見えなかった。


デアボリカ裏20190306235434
“悪魔とエクソシストとの壮絶な戦いを描く”とあるが、壮絶とは言い難く、むしろ何もせずただ待っていた様な気もする。




デス・プルーフ

2018年07月05日 18:12

デス・プルーフ01

【原題名】DEATH PROOF
【製作】クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス、エリザベス・アヴェラン、エリカ・スタインバーグ
【監督】クエンティン・タランティーノ
【脚本】クエンティン・タランティーノ
【撮影】クエンティン・タランティーノ
【出演】カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ、ローズ・マッゴーワン、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョーダン・ラッド
2007年/アメリカ映画/113分


【STORY】
テキサス州オースティン。DJのジャングル・ジュリアは、友人のアーリーンとシャナとドライブを楽しんだ後、酒場で飲み明かしていた。その場には、彼女らを付け回すかつて映画のスタントマンをやっていたというマイクという男も居合わせていた。やがて、ジャングル・ジュリアたちは車に乗って店を出ていくが、そのあとをマイクの乗った不気味な髑髏マークの黒い車が全速力で追いかけてゆく。マイクの車はスタントで使用される改造車で、彼はそれを“耐死仕様(デス・プルーフ)”と呼んでいた。先回りしたマイクの車は、猛スピードで突っ込んできて、ジュリアたちの車と正面衝突し、乗っていたジュリアたちは全員即死、軽傷を負ったマイクも病院に運ばれる。 

それから、数か月後、テネシー州のコンビニの駐車場にあの黒い髑髏マークの車が止まっている。乗っているのは回復したマイク。彼の視線の先には、若い3人の女性の姿が。走り出す彼女らの車の後を、マイクの車が追いかけてゆく。

【REVIEW】
グラインドハウス方式で2本同時上映されたうちの1本が、タランティーノの『デス・プルーフ』(もう1本は、ロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー』)。改造車で若い女性を狙う、快楽殺人者のスタントマンマイクをカート・ラッセルが演じている。映画自体は襲われる女性グループが2組出てくる2部構成。前半の3人は無残にも衝突事故の衝撃で死亡するが、2組目のグループはスタントマンマイクとカーチェイスを繰り広げ、その後逆襲に転じていく。このカーチェイスが凄まじい迫力で、本作の一番の見どころ。実際のスタントウーマンであるゾーイ・ベルが同じ役で登場し、高速で突っ走る車のボンネットにしがみ着く場面は手に汗握るところ。CG無しのリアルカーチェイスは、やっぱり本物ならではの迫力、アクション映画が好きな人には堪らないでしょう。

反面、登場する女性陣の喋りが長々と続く場面は、タランティーノの好みだろうが、映画が間延びしてしまい不必要かと思うが、そのだれた後に、いきなりクラッシュ場面が来たりしてビックリ。緩急の付け具合がインパクトに繋がっているともいえるが、映画の尺が110分を超えるのもやはり長く感じる。また、前半不気味な殺人鬼を堂々演じていたカート・ラッセルが、逆襲され意気消沈してしまうのも拍子抜け。女性が最後に勝つのは気分爽快だが、あまりの豹変ぶりに「なんじゃこりゃ!?」と突っ込んでしまった。そんでもって、3人の女子に代わる代わるフルボッコされ続けたカート・ラッセルがダウンしていきなり“ジ・エンド”!凄い唐突な終わり方。『プラネット・テラー』が割とエンターテイメント寄りだったのに対して、『デス・プルーフ』まマニア向けの1本といった感じです。

デス・プルーフ02


デス・プルーフ03


テキサス・チェーンソー

2018年05月10日 00:42

テキサスチェーンソー03

【原題名】THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE
【製作】マイケル・ベイ、マイク・フライス
【監督】マーカス・ニスペル
【脚本】スコット・コーサー
【撮影】ダニエル・パール
【音楽】スティーヴ・ジャブロンスキー
【出演】ジェシカ・ビール、エリック・バルフォー、ジョナサン・タッカー、エリカ・リーセン、マイク・ヴォーゲル
2003年/アメリカ映画/97分


【STORY】
1973年8月18日、5人の若者がワゴン車でドライブしている途中、道の真ん中を呆然としながら歩く少女を見つける。心配した彼らは家まで送り届けようと車に乗せるが、少女は車の向かう方向を見て暴れだす。怯える少女は突然拳銃を持ち出し頭を打ちぬき自殺。5人は助けを求めて近くの民家に向かうが、人皮マスクの大男に襲われる。

【REVIEW】
ホラー映画史に残る名作『悪魔のいけにえ』のリメイク作。あのマイケル・ベイ製作で、これが長編初監督作となるマーカス・ニスペルが演出を担当。心配された出来栄えは、オリジナルとは違った今風(といっても、2003年製作だけど)のスタイリッシュなホラーに仕上がった。フーパー版はオールロケによる現地の生々しい雰囲気(真夏のうだるような暑さが画面から直に伝わってくるような)、殺人鬼一家の異様な風貌と行動、レザーフェイスに襲われる犠牲者の鬼気迫る演技などが一体化し唯一無二の恐ろしい映画だった。このリメイク版では、殺人鬼一家が一見見た目は普通だが、中身は異常と設定が変更、あの狂気じみた食卓風景はなくなり、ほとんどミイラだった爺様も登場しない。

代わりに出てくるのが、リー・アーメイ扮する異様な保安官。こいつが実は一家の一員で、通報を受けてやってくるものの、理不尽な取り調べを行い、若者たちをいたぶるさまが強烈。最後に車に曳かれて死ぬ場面ではおそらく拍手喝采を浴びていたのでは?と思えるくらい。そして、肝心のレザーフェイスは、フーパー版にあったちょっとおどけた雰囲気が無くなり、ひたすら怪物が襲ってくるというキャラクターに。これはこれで迫力があるのだが、人間性が感じられなくなった分、ほとんどジェイソンに近いキャラに見える。また、主演のジェシカ・ビールが逃げ惑うだけではなく強いヒロインを熱演。レザーフェイスの片腕を鉈で切り落としちゃったり、前途の保安官を引き殺しちゃったり(しかも念入りに3回も)、この辺オリジナルとかなり違った印象のキャラになっている。『クライモリ・デッドエンド』では主役扱いだったエリカ・リーセンはほとんど活躍しないまま、あっさり殺されちゃいます。

結果としては、オリジナルとは別路線へ向かっていった感じで、チェーンソーを使ったスラッシャーホラーとしてはまずまずの作品になっていると思う。総合的にオリジナルを超えるのは不可能でも、出来の芳しくなかった3・4作目よりは総じて高評価のようだし、これはこれで楽しめる内容。

テキサスチェーンソー02

テキサスチェーンソー01


飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

2018年05月09日 00:01

悪魔のいけにえ3D01

【原題名】TEXAS CHAINSAW 3D
【製作】カール・マッツォコーネ
【監督】ジョン・ラッセンホップ
【脚本】アダム・マーカス、デブラ・サリヴァン、クリステン・エルムズ
【撮影】アナスタス・ミコス 
【音楽】ジョン・フリッゼル
【出演】アレクサンドラ・ダダリオ、ダン・イェーガー、タニア・レイモンド、トム・バリー、スコット・イーストウッド、マリリン・バーンズ、ビル・モーズリイ、ガンナー・ハンセン
2013年/アメリカ映画/94分


【STORY】
1973年8月18日。テキサス州で、友人4人が殺された少女が保護される。彼女の証言でソーヤー一家の犯行だと知れ渡ると、激怒した街の住人達が押し掛け、投降を呼びかけていた警官を押しのけ屋敷に火を放ち、一族を皆殺しにしてしまう。そのとき赤子が見つかるが、ある夫婦によって密かに引き取られる。

それから20年後、ヘザーと名付けられ成人した彼女のもとに一通の封書が届く。その中には、彼女の実の祖母が無くなり、遺産として屋敷を相続してほしいとのことだった。自分が養女であったことに驚きと落胆を隠せないヘザーであったが、自分の出生の秘密を知るため、友人たちとテキサスにある屋敷へ向かう。現地についてみると、広大な土地に巨大な屋敷が建っていた。豪華な遺産に喜ぶヘザーたちだったが、屋敷の地下室の奥には隠し部屋があり、そこにはソーヤー一家の生き残り“レザーフェイス”が潜んでいた。

【REVIEW】
あの『悪魔のいけにえ』の直後から始まる3D作品。3Dなので、レザーフェイス愛用のチェーンソーがこちら目掛けて飛んできたりして、「おいおい、大事な物放り投げたらあかんやろ!」と突っ込みたくなったりするが、それよりもフーパーの2作目を無かったことにして、新しいストーリーを構築してしまっていてそっちの方が心配になったが、これが意外によくできた作品。

前半は主人公の友人がレザーフェイスに殺されていき(背中を鉤爪にブッ刺すところとか、箱の蓋を開けると女性が飛び出してくるところとかオリジナルを彷彿させる描写が面白い)、ヘザー自身も追い掛け回されるが、自分の出生の秘密がわかって、なんとレザーフェイスとは親戚関係だったことが判明、最後は一族を虐殺した町長らにタッグを組んで逆襲していく話の展開がなかなか面白いのであった。友人らは殺され損のような気もするが、彼氏はヘザーの女友達といい仲になっていたり、途中拾ったヒッチハイカーの男は無断で屋敷の物品を持ち去ろうとするようなやつらなんで、そんなに同情する余地がない気がしたりする。また、レザーフェイスが町長にとどめを刺す場面で保安官が見殺しにするのも、ソーヤー一家を皆殺しにしようとした報いから「目には目をか」と呟いていて、妙に納得。そして、祖母の遺言に沿って、レザーフェイスに寄り添うヘザー。なんだかんだ言って、血縁関係というものは強いものがあるんだなーと、いやいや、さすがにそこまですんなり受け入れられるだろうか?確かに自分を助けてくれたけれどもね。少々疑問。

主人公のヘザー役はアレクサンドラ・ダダリオ。少し影のある感じの美人さんで適役。ただ、レザーフェイスに追われる場面が少なかったちょっと残念。歴代のヒロインは一家総出で狂気の接待を受けていたので、年老いたレザーフェイス一人だと物足りなかった気がします。ゴア描写は及第点だが、あんまり痛々しさを感じないのはなぜだろう?この辺、『悪魔のいけにえ』がほとんど血を見せていないのに、残酷さを感じさせるのはやっぱり演出が素晴らしいということなんだろうなあ。

ちなみに、エンドクレジット後にもおまけがあるのでお見逃しなく。やっぱり報いは受けねばならないということで。


悪魔のいけにえ3D03

悪魔のいけにえ3D04




最新記事