ヘレディタリー/継承

2020年04月04日 22:49

001_convert_20200404224425.jpg

【原題名】HEREDITARY
【製作】ケヴィン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
【監督】アリ・アスター
【脚本】アリ・アスター
【編集】ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
【音楽】コリン・ステットソン
【出演】トニ・コレット、アレックス・ウォルフ、アン・ダウド、ミリー・シャピロ
2018年/アメリカ映画/127分


【STORY】
グラハム家の祖母エレンが亡くなり、娘のアニーは家族とともにその葬儀を終える。その後から、祖母に溺愛されていた娘のチャーリーの様子がおかしくなってくる。ある晩、高校生の息子ピーターが学校のパーティーに行くことになり、チャーリーも連れていくように頼むが、その帰り不慮の事故でチャーリーは死亡する。これを機会に、家族間の亀裂はどうしようもなくなり、アニーは精神的に不安定になっていく。悲しみに暮れるアニーは、ふとしたことで知り合ったジョーンという女性から、亡くなった家族を交霊術で呼び寄せることを教えられる。半信半疑のまま、家族を集めて自宅で試してみると、何かが存在するのを感じ、娘のチャーリーが戻ってきたものだとアニーは喜ぶ。しかし、交霊会で呼び出されていたのは、娘の霊ではなく邪悪な何かだった。

【REVIEW】
前評判が非常に高かったのでほとんど予備知識を入れずに鑑賞、近年では最高の出来のホラーと言われていたが個人的には微妙な感じだった。まず、良かった点。ジャンルはホラーなんだけれども、この映画の特徴は主人公一家のドラマを丁寧に描いていたファミリー映画であったこと。祖母から受け継がれていた“何か”が終盤明らかになっていくのだけれども、その何かによって狂わされていくグラハム一家の悲劇がじっくりと描かれているのが素晴らしい。そして、逃れられない祖母の呪縛によって狂っていくアニーを演じたトニ・コレットの鬼気迫る演技。『シックス・センス』の母親役であったのは後で知ったが、とにかく彼女無しでは成り立たなかったであろう本作であるが、娘チャーリー役のミリー・シャピロも独特の雰囲気を持った子役で、表情を変えずに鳥の死体の首を斬るあたりに凄みを感じた(途中で衝撃的な死に方をするのが個人的には一番怖かった)。

逆にもう一つと感じたのは、淡々と進んでいた前半から、スピードアップして謎が明かされていく後半で、祖母がカルト教団に属していて悪魔を召喚しようとしているのが分かるのだが、何となく予感はしていたが、やっぱり感が否めないのが少し興ざめ。特に、悪魔崇拝というオカルトの定番ネタは、どんなに上手に説明してくれても、宗教的な違いからか日本人の自分には恐怖感が薄くなってしまいがちで、それほど怖いと感じないのだ(逆に、日本のしっとりとした心霊物のほうが怖いと感じたりする)。また、取りつかれたアニーが狂暴になり、ものすごい速さで襲ってきたり、空中に浮遊してしまうあたりは、やりすぎなんでは?!と思ってしまったり。ちょっと違和感な気がしました。でも、監督のアスターはこの作品が長編デビューらしく、それを考慮すればとてもよく作りこまれていて、非凡なものを感じます。つい最近には異文化スリラーという独特の触れ込みの『ミッドサマー』も「公開されていて、こちらも気になるところ。

002_convert_20200404224435.jpg

003_convert_20200404224443.jpg


ハウリングⅡ

2020年03月25日 18:58

001_convert_20200322233736.jpg

【原題名】HOWLING II: YOUR SISTER IS A WEREWOLF
【製作】スティーヴン・A・レイン
【監督】フィリップ・モーラ
【脚本】ロバート・サルノ、 ゲイリー・ブランドナー
【撮影】ジェフリー・スティーヴンソン
【音楽】スティーヴン・パーソンズ
【出演】クリストファー・リー、アニー・マッケンロー、シビル・ダニング、 レブ・ブラウン、マーシャ・A・ハント
1985年/イギリス映画/90分


【STORY】
人気テレビキャスターであったカレンの葬儀に参列していた弟のベンと同僚のジェニーは、そこで会った人狼ハンターのステファンから、カレンは狼人間であったことを聞かされ驚愕する。さらに狼人間の首領スティルバが復活することを知った二人は、ステファンと一緒に復活を阻止すべく、チェコスロバキアの古城へ向かう。

【REVIEW】
ジョー・ダンテが監督した前作『ハウリング』は、現代に潜む狼人間たちの様子を、ロブ・ボッティンの凄まじい特殊メイクで描いたモダン狼男映画としてホラー映画にその名を刻む名作であった。ヒット作が出れば続編が企画されるのは当然だが、1作目の評判が高ければ高いほどハードルもおのずと高くなるわけで、この『ハウリングⅡ』もファンの期待は高かったが、その出来は・・・。

とりあえず、場所を現代からあえてヨーロッパの古城に移してイメージを古風にしたが新味は薄く、唯一クリストファー・リーがその雰囲気と合っていたが、それじゃあ昔の狼男映画に戻っただけでは・・・!?さらに、ボッティンの創造した超絶変身場面と比べるのは酷だが、本作のこの貧相な変身シーンは余りにもお粗末なのでは??予算は、ほとんどリーのギャラに使ってしまったのか、見るも無残なこの変身シーンの数々に正直『ハウリング』シリーズを名乗ってほしくなかったとまで思ってしまい、DVDの裏面からして「特殊メイクなども低レベルで、映画の出来も遠く及ばないB級映画として知られている」と堂々と敗北宣言をしてしまう始末で、なんだか見る気がどんどん失せてしまう、褒めるところがみつからない駄作の典型じゃあないですか!!と叫びたくなる気が。結局、本作のウリは、中世狼男映画に戻った設定の中に、何故かボンテージ衣装に身を包んだエロいシビル・ダニングが脱ぎまくって作った見せ場だけで、そのほかはほとんど記憶に残らない寂しい映画であったのでした・・・。それにしても、エンディングのおっぱいポロリの無限リピートは何だったんだろうか?

002_convert_20200322233748.jpg



変態村

2020年03月24日 06:02

screenshot002_convert_20200322233519.jpg

【原題名】CALVAIRE
【製作】ミカエル・ジェンティル、エディ・ジェラドン=リュイックス、ヴァンサン・タヴィエ
【監督】ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
【脚本】ファブリス・ドゥ・ヴェルツ、ロマン・プロタ
【撮影】ブノワ・デビー
【音楽】ヴァンサン・カエイ
【出演】ローラン・リュカ、ジャッキー・ベロワイエ、フィリップ・ナオン、ジャン=リュック・クシャール、ブリジット・ラーエ
2004年/ベルギー=フランス=ルクセンブルク合作映画/91分


【STORY】
老人ホームの慰問ライブを終えた歌手のマルクは、次の仕事である南仏のクリスマスライブへと向かうが、途中山奥で車の故障で立ち往生してしまう。日も暮れてしまい、ペンションの看板を見つけたマルクは、通りがかった男に案内してもらい、その宿で一晩を明かす。翌朝、ペンションのオーナーであるバルテルに車の修理を依頼し、付近の散策に出かけたマルクは村人の異常な行動を目撃する。その後、ペンションに戻るが、やがてバルテルの様子が変貌していく。電話線は切られ、車はバッテリーを外され車内には物色された跡が。マルクが問い詰めると、バルテルはマルクを殴り倒して、車に火を放つ。そして、マルクを監禁したバルテルは無き妻グロリアの衣服を着せる。彼は、マルクとグロリアを混濁し、愛する妻が戻ってきたと思い込んでいた。エスカレートするバルテルの行為は、やがて疎遠になっていた村人も巻き込んでいく。

【REVIEW】
邦題は『変態村』だが、原題はCALVAIRE~フランス語で、ゴルゴダの丘、苦難、試練などの意味。主人公マルクが、ふとしたことで田舎の閉鎖的な村に迷い込んでしまったことから巻き込まれていく数々の理不尽な行為は、まさにこの原題名が表す通り。なぜ、バルテルや村人たちはマルクをグロリアと信じて疑わないのか、なぜ村には男どもしかいないのか、その辺の説明は一切ないまま最後まで進んでいくので、消化不良感は残ったままだが、このヨーロッパ独特の何とも言えない画面から滲み出る暗さや不気味さはハリウッド映画ではまず出せない個性。特典の監督インタビューでは、70年代などの過去のホラーへのオマージュを語っているが、2004年製作で、昔の雰囲気が感じられるのはある意味凄いかなと思います。

直接的なゴアシーンはそれほどでもないが、閉鎖的な空間で部外者が味わう言いようのない責め苦はよく伝わってきて、精神的に嫌~な感じが味わえる。自分以外の村人全員が異常者なんて、もうここに迷い込んでしまった時点でアウトです。さらに、テンポの悪い編集、ほとんど音楽が流れない無音な世界(それが余計に、バーの場面でのダンスシーンの異様さが際立っている)、理解不能なラスト、などが異様さに拍車をかける。起承転結のあるアメリカ映画が好きな人にはてんで理解できない、これがユーロ映画の味な気がします。劇中、ほとんど薄汚いおっさんか家畜しかでてこず、女性が登場するのは冒頭の老人ホームの場面のみ。そこで、マルクを見送る熟女看護婦が『殺戮謝肉祭』にも出ていたブリジット・ラーエだった。観終わった後で知ったけど。

screenshot001_convert_20200322233508.jpg



ホラー・ホスピタル

2019年08月20日 23:28

003_convert_20190814221052.jpg

【原題名】HORROR HOSPITAL
【製作】リチャード・ゴードン
【監督】アントニー・バルチ
【脚本】アントニー・バルチ、アラン・ワトソン
【撮影】デヴィッド・マクドナルド
【音楽】デ・ウォルフ
【出演】マイケル・ガフ、ロビン・アスクウィズ、デニス・プライス、ヴァネッサ・ショウ
1973年/イギリス映画/91分


【STORY】
業界内のトラブルから仕事に嫌気が差したミュージシャンのジェイスンは静養のためイギリスの片田舎へやってきた。道中列車で行き先が同じということでジュディという女性と意気投合、彼女は叔母がそのホテルで働いているらしい。2人はホテルに到着し、館内を案内されるが、どうにも怪しげな雰囲気に不審を募らせる。実はこのホテルはマッドサイエンティストが人体実験を行うために経営しており、滞在している若者たちはロボトミー手術を受け、博士の意のままに行動するようになっていた。博士の狂気の研究についていけなくなっていた叔母はジュディを連れて逃げ出そうとするが、博士に殺されてしまう。博士はジェイスンを監禁し、ジュディの手術を行おうとする。

【REVIEW】
マッドサイエンティストが片田舎のホテル(というか病院というか)で人体実験を繰り返していたというホラー映画だが、正直出来栄えはイマイチ・・・というか、かなりよろしくない。ホテルにやって来た若者を人体実験するくせに、その一部始終をご丁寧に説明して、逃げられて、で手下に捕まえさせて、連れ戻して監禁させる下り→そんな間抜けな悪党が居るのか?と取りあえず突っ込み、ロボトミー手術を受けた若者たちが「私の命令通りに動くよ~」と実演する場面では、マットの上でバク天したり、ウェイトリフティングしたり→体育の授業か?とまた突っ込み・・・。怖がらせたいのか、笑わせたいのかどちらかにしてほしいが、失笑する確率はかなり高いと思われる。とにかく緊張感が微塵も感じられないので、ホラー映画として真面目に撮った結果だとしたら、恐ろしく失敗作である。

そんな駄作と言ってもいい本作だが、劇中に出てくる博士御用達の愛車だけは見る価値がある。ホテルから逃亡した人間をこの車で追いかけ仕掛けを起動させると、車の側面から特大のナイフが飛び出し、追い抜きざまに首チョンパ!しかもご丁寧に備え付けの網で生首も同時回収できるという優れもの!!こんな子供じみたアイデアを前面に押し出してくるのも凄いが、よほど自信があったのか、計3回も首チョンパを見せてくれるサービスぶり。人間の体格差とか身長差とか全く考慮しなくても必ず首を飛ばせるのだから、凄い発明だな~と感心させられます。

002_convert_20190814221038.jpg

001_convert_20190814221019.jpg


パラノーマル・アクティビティ5

2019年06月27日 23:16

パラノーマル502

【原題名】PARANORMAL ACTIVITY: THE GHOST DIMENSION
【製作】ジェイソン・ブラム、オーレン・ペリ
【監督】グレゴリー・プロトキン
【脚本】ジェイソン・ハリー・ペイガン、アンドリュー・ドイチュマン、アダム・ロビテル、ギャヴィン・ヘファーナン
【出演】クリス・J・マーリー、ブリット・ショウ、アイヴィー・ジョージ、ダン・ギル、オリヴィア・テイラー・ダドリー
2015年/アメリカ映画/88分


【STORY】
ライアンとエミリー夫妻は引っ越してきた新しい家の物置からビデオカメラを見つける。そこには前の住人らしき人物が撮影した映像が残されていた。それ以来、奇妙な現象が起こりはじめ、一人娘のリーラの様子もおかしくなっていく。ライアンはビデオの映像から前住人が悪魔に関する儀式を行っていたのではないかと推測、リーラの異変もそれに関連があると思い、神父に助けを求める。その間も超常現象はエスカレートし、神父はリーラを救おうと彼女に取りついている悪魔を退治する儀式を執り行うが・・・。

【REVIEW】
第3作目でケイティとクリスティの幼少期が描かれていたが、ケイティらが去った後その屋敷に越してきたライアン一家が体験する怪現象を追ったのがこの5作目。この家に残されていた古いビデオカメラで撮影すると超常現象も記録され、空中を漂う謎の物体や黒い人影のようなものが映っているのが今回は新しい試み。ライアンは興味本位で過去のビデオテープを見始めるが、どうやら悪魔に関する儀式を映しているようで何か違和感を感じるが、その頃リーラの様子もおかしくなっていく。

いろいろ調べ始めると、この家を紹介した営業マンは不動産屋には存在せず、ビデオテープに映っていた少年は捜索願が出されていた行方不明の男の子だった。この辺から、超常現象に驚くだけでなく、事の真相に迫っていこうとする展開になり、「いよいよシリーズの謎が解き明かされていくのか!?」と少々期待も高まっていく。さらに、神父が悪魔を殺す儀式を始め、家の中は怒涛のポルターガイスト現象が発生!暗闇の中、神父は何者かに連れ去られてしまい、家族が慌てて儀式を引き継ぎ、悪魔は消滅したかに見えたが、ライアンらは殺され、リーラは異空間の入口へ消えてしまう。残ったエミリーはリーラを追って異空間へ入っていくが、そこで実体化したトビーと出会ってしまう。

とまあ、今までと比較すると、急激な展開におおっと置いて行かれそうになる怒涛の5作目。確か、悪魔とケイティらの先祖が契約したため、男の子が生まれたら生贄にしなければいけない―みたいな流れだったはずなのに、本作ではあのトビーが実体化するためにライアン一家からリーラを奪おうという流れになっている。この辺、なぜそうなったのかはよく分からないが、物語はトビーがリーラを連れてどこかに消え去り終了してしまう。結局、5作目で全ての謎が解明されたわけではなく、それらは次回以降に持ち越し!ここまで見たら、最後までお付き合いしましょう・・・と思って観ているが、さすがにそろそろ完結してほしい気もする。で、パート6はどうなっているんだろうか!?


パラノーマル501

パラノーマル503


パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ2

パラノーマル・アクティビティ3

パラノーマル・アクティビティ4








最新記事