エスター

2019年02月15日 06:44

エスター04

【原題名】ORPHAN
【製作】ジョエル・シルヴァー、スーザン・ダウニー、ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、レオナルド・ディカプリオ
【監督】ジャウマ・コレット=セラ
【脚本】デヴィッド・レスリー・ジョンソン
【撮影】ジェフ・カッター
【音楽】ジョン・オットマン
【出演】ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン
2009年/アメリカ映画/123分


【STORY】
3人目の赤子を死産で失ったケイトは夫ジョンと相談を重ねて、孤児院から養子を貰うことを決める。2人は聡明で大人びた少女エスターを気に入り、我が家へ迎え入れる。エスターは新しい生活にも慣れ、平和な暮らしが訪れたかに思えたが、クラスメートが滑り台から転落する事故が起こり、そばに居たエスターに疑いがかけられる。それ以降、違和感を感じるケイトは孤児院のシスターに相談、以前の里親一家が火事で焼死した事件も含めて、様々な揉め事の場にエスターが居たことを聞き不安を募らせる。自分が疑われていると知ったエスターは、ケイトの実の娘マックスを仲間に引き入れ、シスターを撲殺、森の中に死体を隠すのだった。それ以降、エスターはケイトを一家の中で孤立するように仕向けていき、ジョンもケイトがエスターを虐待しているのではないかと疑い始める。

【REVIEW】
孤児院から少女を迎え入れた一家。新しい生活に馴染んでいく少女を見て夫婦は安心するが、やがて気づく―。「あの子はどこか変だ」他の子供たちとは違った雰囲気を持つ少女エスター。私服が少女っぽくない、難解なピアノの曲をすらすら弾ける、歯医者に絶対行かない、肌身離さない古い聖書。いろいろな伏線を張りながら、導き出したのは驚愕の事実―。以前引き取られていた一家が焼死したのも、自分の過去を探るシスターを消したのも彼女の仕業。何故、小さな少女がそんな残忍な行動ができるのか?二重人格!?悪魔が乗り移っている!?などと推理するものの、見事に裏切られる結末に「ちょっと、それはありえへんのちゃう??」と少々突っ込みたくなるが、それを許容できればなかなかの佳作。

何より、子役の演技が素晴らしく、エスター役のイザベル・ファーマンは凄い。前半の淡々とした冷徹な行動ぶり、後半正体がばれるあたりからの狂気が滲み出たような鬼気迫る演技は怖いの一言。周囲の人間を容赦なく排除していき、目的が達せられなかったら、その相手も躊躇なく殺すなど残忍極まりないが、エスター自身の身体的な不幸を鑑みれば、ある意味彼女も可愛そうな人間にも見える。だからって、何をやっても許されるというわけではないが。また、一家の娘役のアリアーナ・エンジニアもいい。会話が不自由な役柄ながらも、エスターと渡り合う存在感はなかなか。それに比べると、兄貴役の少年の弱さが目立つ。父親もエスターに騙されてあっさりやられちゃうし、決闘の末とどめを刺すのは母親役のヴェラ・ファーミガだし、終始、女性陣が活躍した作品。

エスター03

エスター02


イット “それ”が見えたら、終わり。

2019年01月23日 18:00

イット03

【原題名】IT
【監督】アンディ・ムスキエティ
【脚本】チェイス・パーマー、キャリー・フクナガ、ゲイリー・ドーベルマン
【撮影】チョン・ジョンフン
【音楽】ベンジャミン・ウォルフィッシュ
【出演】ビル・スカルスガルド、ジェイデン・リーバハー、ジェレミー・レイ・テイラー、ソフィア・リリス
2017年/アメリカ映画/135分


【STORY】
メイン州の田舎町デリー。そこでは子供たちの行方不明事件が続いており、ビルの弟ジョージーも雨の日に外で遊んでいた後姿を消す。弟の失踪の原因に責任を感じるビルはそれから不可解なものを目にするようになる。それはビルの友達も同じで、得体のしれない恐怖を具現化したものと不気味に笑うピエロの姿を目撃する。大人たちには頼れないことを悟ったビルたちは、仲間たちだけで決着を付けようと決めるのだった。

【REVIEW】
昨年公開されヒットを記録した本作は、1990年のTVムービー版とは違い、主人公たちの子供時代にスポットを当てて構築した“第一章”版。2時間強を使って子供時代のみを描いていて、1本のまとまり感はコチラの方が出来栄えは上。また、時代設定も、1950年代から1980年代に変更されていて、TV版のノスタルジックな感じは薄まった気がするが、40~50歳の観客からしたら自分たちの子供時代とほぼ同じ目線なので、これはこれで懐かしい感じがする(自分もその一人)。

ただ、前評判がとても高かったのと、TV版を見た後に本作を鑑賞すると、正直そこまで怖くなかったなあ・・・というのが感想。映像的には、年月の差があるので当然だけれども、本作の方が見応えがあるが、背筋が凍るほどの恐怖感とはまた違った趣だった。やはり、ベースが青春映画であり、子供目線から感じる世の中に存在する得体のしれない恐怖を見せてくれるが、そこにうまくハマれないのは、自分が大人になっていろいろ経験しすぎたからなのかもしれない。また、ほとんど笑いを封印して怖さを追求してくれた新ペニー・ワイズだったが、個人的には前作のフレンドリーでとぼけた表情を見せておいていきなり豹変するティム・カリー版ペニー・ワイズのほうがよりピエロっぽくて、好印象であった。なんにせよ、大人版“第二章”も控えているわけなので、そこでは、あのズッコケクライマックスをうまく処理して違う見せ場を出して欲しいなあ~と思います。

イット01

イット02



イット

2019年01月17日 01:30

IT01.jpg

【原題名】IT
【監督】トミー・リー・ウォーレス
【脚本】トミー・リー・ウォーレス、ローレンス・D・コーエン
【撮影】リチャード・レイターマン
【音楽】リチャード・ベリス
【出演】ハリー・アンダーソン、デニス・クリストファー、リチャード・トーマス、ティム・リード、アネット・オトゥール、ティム・カリー
1990年/TVムービー/187分


【STORY】
メイン州のデリーという小さな町で児童の連続殺人事件が発生、その町に住む図書館職員のマイクの脳裏に30年前の忌まわしい記憶がよみがえる。6人の仲間とともに体験した異常な出来事。そのとき、彼らにしか分からない邪悪な存在を消し去ったかに思えたが、奴は再び現れたのだった。今回の殺人事件が過去の出来事と繋がっていると確信したマイクは、かつての仲間に連絡を取り、デリーに集合するように依頼する。

【REVIEW】
スティーブン・キングの原作をTVムービーにて映像化。3時間を超える長編だが、前半は、大人になった7人がそれぞれ少年期を回想するシーンが描かれ、後半は過去の誓いを守って集合した6人が(一人は自殺してしまい、来れなかった)意を決意して、イットに戦いを挑んでいくという2部構成になっている。この前半の少年時代のエピソードが面白くて(よく言われているが、ホラー版『スタンド・バイ・ミー』といった趣)、楽しい。7人は、貧困家庭、人種が違う、喘息持ち、体型が太っているなどを理由にいじめられている弱虫集団だが、一緒に行動していく内に結束し友情を強めていくストーリーに引き込まれていく。やがては、いつもいじめていた不良グループを撃退し、邪悪な存在=イットにも戦いを挑んでいく勇敢さも身に付けることになる。

そして、後半の大人編だが、「奴が復活したら、必ず集まろう」としていた過去の誓いを守って集合するまではいいのだが、その後の最終決戦がいかんせん尻すぼみ。それまで、神出鬼没で、人間の恐怖心をかき立てるものに次々に変身してくるピエロ姿のイットが非常に不気味な存在であったのに、その真の姿を見せたときの落胆さの激しさと言ったら・・・!最初、手下が出てきたのか!?と思っていたら、なんとこいつがラスボスでした!という感じで、倒し方も少年時代と同じパチンコで純銀の塊をぶつけるという荒業で終了。あのクモもしくはカニのような姿はなんだったのか?そもそも30年ごとに姿を現して子供を襲う“イット”という存在はなんだったのか!?その辺の謎解き、説明は無きまま終わっていくので、非常に消化不良な感は否めません。それでも、ペニー・ワイズというピエロの存在感は抜群で、このキャラクターを見るだけでも価値はあると思います。

それにしても、DVDで見たんだけれども、途中でいったん停止してストップしたのには驚いた。メニュー画面見ても一向に先に進むところがないと思っていたら、なんと、裏返してのB面再生するパターンだったとは。LDを思い出して懐かしかった(後でパッケージをよく見ると、両面再生仕様と書いてあった。よく読んでおけば何も慌てる必要もなかったのだが)。

IT03.jpg

IT04.jpg


エイリアン コヴェナント

2018年12月29日 23:06

エイリアン02

【原題名】ALIEN: COVENANT
【製作】リドリー・スコット、マーク・ハッファム、マイケル・シェイファー、デヴィッド・ガイラー、ウォルター・ヒル
【監督】リドリー・スコット
【脚本】ジョン・ローガン、ダンテ・ハーパー
【出演】マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル
2017年/アメリカ映画/121分


【STORY】
惑星オリガエ-6へ向かって航行していた宇宙船コヴェナント号は、アクシデントに遭い船長以下数十名が命を落としてしまう。そして、船体の復旧作業中に謎の電波を受信したコヴェナント号は、その発信元がすぐ近くの惑星であり、地球とよく似た環境の星であることを突き止める。急きょ船長に就任したオラムは、この惑星を探索することを決める。ほどなくして、その惑星に到着したクルーたちは電波の発信源を捜しに行くが、途中で予期せぬ出来事が発生、クルー2人の体を突き破って未知の生命体が襲いかかってくる。次々に犠牲者が増えていく中、彼らを助けたのは、十数年前に消息を絶ったプロメテウス号に乗船していたアンドロイドのデヴィッドであった。

【REVIEW】
『エイリアン』の前日譚であった『プロメテウス』の続編。今作もリドリー・スコットが監督しているが、正直1作目のエイリアンの怖さや面白さには全然及ばない結果になってしまっているのは悲しい。エイリアンは前作『プロメテウス』よりは出番が増え、人間に襲いかかてくるシーンもあるのだが、何故か怖くない。血しぶきもそれなりに上がっているのだが、やっぱり怖くない。これは、エイリアンの見せ方が淡白で、実にあっさり登場してくるので、じわじわ恐怖感を煽るような演出がなされていないのが一因かと。また、CGで動くエイリアンの姿は非常に滑らかだけれども、何か現実的に思えず(一言でいえばリアルさが弱い)、これも要因。口から滴り落ちる唾液や、飛び散る酸性の体液の生々しさとか、生物的な質感とかをもっとじっくり描いてほしかった気がします。

それと、主演の女優さんの存在感が薄いのも残念なところ。一応、後半では、エイリアンと一騎打ちもあったりしてそれなりに活躍するのだけれども、あのリプリーの凄まじい活躍ぶりと比較すると大人し過ぎる感は否めない。まあ、彼女だけでなく、他の俳優陣もあんまし特徴的でなく、むしろ人間よりも主役を張っていたのはアンドロイド役のマイケル・ファスベンダー(新旧アンドロイドの一人二役なんで、見分けが付かんかった・・・)。一番盛り上がったのは、デヴィッド対ウォルターのアンドロイド同士の肉弾戦であったような気もする。前作『プロメテウス』では謎であった事象もこの『~コヴェナント』では見せてくれるけれども、正直あんまりパッと驚くこともなかったような感じ。あの創造主(巨人族!?)らも一瞬で全滅してしまう描写が出てくるくらいで、その辺はもはやどうでもよくなってしまったんだろうか?前作で生き残っていたショウ博士をあっさり殺してしまっていたのも残念でした。

それにしても、3部作を予定しているらしいが、本当に次作も製作されるんだろうか?リドリー・スコットも80歳越えているみたいだし、映画を作る意欲は凄いけれども、内容が薄~いもんだったら無理して作らなくてもいいんじゃないかとさえ思ってしまったりするがいかがなもんだろうか。

エイリアン03

エイリアン01


アイランド・オブ・ザ・デッド

2018年04月05日 16:44

アイランド02

【原題名】ISLAND OF THE LIVING DEAD
【製作】ルイジ・パオルッチ
【監督】ヴィンセント・ドーン
【脚本】アントニオ・テントリー
【撮影】ルイジ・チッカレーゼ
【出演】イヴェット・イゾン、アルヴィン・アンソン、ジム・ゲインズ
2006年/イタリア映画/93分


【STORY】
トレジャーハンターを乗せた船が濃霧に巻き込まれて座礁、航行不能となり、やむを得ず近くの島に上陸する。海図にも載っていない謎のその島を探索すると、16世紀ごろのスペイン人の墓らしきものを発見する。そこに現れた血まみれの男に船員が襲われ、一行は島の砦へ逃げ込む。そこに残されていた書物から財宝が隠されていることを知った彼らは見つけ出そうとするが、集まってきた大量のゾンビと戦うことになってしまう。

【REVIEW】
あのヴィンセント・ドーン監督のゾンビ映画だけに、その出来たるやある程度は想像できるが、結果はやはり期待を裏切らない出来映え。『ヘル・オブ・ザ・リビングデッド』でも、臆面もなく他の映画からいろんな場面を持ってきてくっつけたパッチワークの様なゾンビ映画だったが、本作でもその指向は全くブレておらず、オリジナリティの無さは変わっていない。『サンゲリア』と『ゴーストシップ』が合体したようなストーリーに大量の汚らしいゾンビを登場させて主人公らに襲い掛かからせる。沖に停泊していた船に突如ゾンビ軍団がなだれ込んでくるのも微妙だが(泳いできたのか!?)、16世紀ころの死人なのにあんまし肉体が腐っていないのも説得力に欠ける(その点、『サンゲリア』のゾンビの造形は素晴らしすぎます)。ゾンビ軍団に追われているのに休憩したり、ワインを飲んでくつろいだりと緊張感も皆無、至近距離でゾンビに囲まれてもなかなか襲ってこないのは、ヴィンセント・ドーンの十八番。でも、たまに喰われちゃったりもして、その差が良く分からんかったりします。

後半には、ゾンビ以外にもスペイン人の亡霊のようなものや、フラメンコを踊るゾンビなんかも出てきて、さらに良く分からん展開に。極めつけは、扉から出てきたゾンビに髪の毛を引っ張られたヒロインが、砕けた木片の先に目ん玉が串刺しになりそうな展開に「モロ『サンゲリア』のパクリかい!!」と突っ込みかけると、あっさり助かってしまうという脱力演出。もうどうでもいいです、と諦めているとヒロインだけが助かっていかだで脱出、無事救出されます。そして、その後は『ゾンビ2009』に引き継がれていくという、まさかの続編的展開に。しかも、これがドーン監督の遺作。ほぼ『エイリアン2』の焼き直しの様なゾンビ映画が生涯最後の作品というのも、彼の映画作りをよく表しているのではないだろうか。

アイランド03



アイランド01
ゾンビ映画というジャンルには酷い出来栄えのものも数多く存在するが、本作もその最底辺に位置する1本。ゾンビ映画ファンなら見ておくべきだろうが、それ以外のまっとうな映画ファンには全くおススメできない作品でしょう。




最新記事