リーピング

2018年04月30日 17:06

リーピング02

【原題名】THE REAPING
【製作】ジョエル・シルヴァー、ロバート・ゼメキス、スーザン・ダウニー、ハーバート・W・ゲインズ
【監督】スティーヴン・ホプキンス
【脚本】ケイリー・W・ヘイズ、チャド・ヘイズ
【撮影】ピーター・レヴィ
【音楽】ジョン・フリッゼル
【出演】ヒラリー・スワンク、イドリス・エルバ、デビッド・モリッシー、アナソフィア・ロブ
2007年/アメリカ映画/99分


【STORY】
かつて宣教師として赴いた地で、夫と娘を失ったキャサリンは信仰を捨て、今では宗教的な奇跡を科学的に解明する大学教授の職に就いていた。そんな彼女のもとにある不可解な出来事の真相を解明してほしいとの依頼が。ヘイブンという小さな町で突然川が真っ赤に染まる怪現象が発生し、その原因として12歳の少女が疑われているという。調査に向かったキャサリンは、さらに不可解な現象に遭遇、それらは旧約聖書の10の災いとそっくりなことに気付く。科学的な説明がつかないまま、疑惑の少女ローレンの家に向かった彼女は、そこで悪魔崇拝の儀式が行われていたことを知る。果たして、ローレンはサタンの生まれ変わりなのか?

【REVIEW】
ヒラリー・スワンク主演のオカルト・ホラー。この手の宗教を絡めたホラーは、やはり宗派が違うと、事の重大さや怖さに認識の違いが生じるからか、あまりピンと来ないことが多いが、本作も同じ感じが。旧約聖書に由来する不吉な出来事、「カエルが空から降ってくる」「家畜が大量死」「ハエや蛆虫が湧いてくる」などは、遭遇すると確かに驚くだろうが、超自然的な現象な気がして、神とか悪魔とかに関係しているとはあまりピンと来ないのが残念。それよりも、不吉なことが続いて不穏になった住民が、村八分にしている家の娘の仕業と決め付けて殺そうとする方がよっぽど怖い気がする。

物語的には、割とありきたりな「犯人と思っていたら、実は逆の方が・・・」みたいなパターンで驚くほどはなく、怪現象もあっさりしていて怖さが感じられないのがイマイチなところ。最後の天から降り注ぐ炎のところは、ホントそのまんまの描写で、住人がボンボン火の玉に当たって燃え尽きて逆に笑えてきてしまった。イナゴの大発生のシーンはCGと分かるが、迫力は『エクソシストⅡ』を凌いでいて、ここが最大の見せ場だったか。全体的にどこかで見たシーンが続いて目新しさは薄いが、派手な音響と短い上映時間で中だるみせず最後までもっていってくれているのは有難い。ラストは思わせぶりな終わり方だけれども、続編は―作らない方がいいだろうなあ。

リーピング01

リーピング03




ラプチャー 破裂

2018年04月03日 11:10

ラプチャー01

【原題名】RUPTURE
【製作】アンドリュー・ラザー、スティーヴン・シャインバーグ、クリスティーナ・ヴァイス・ルーリー、アンドレア・イェルヴォリーノ
【監督】スティーヴン・シャインバーグ
【脚本】ブライアン・ネルソン
【撮影】カリム・ハッセン
【音楽】ネイサン・ラーソン
【出演】ノオミ・ラパス、ピーター・ストーメア、レスリー・マンヴィル、ケリー・ビシェ
2016年/アメリカ映画/102分


【STORY】
シングルマザーのレネーは車で帰宅途中に、突然何者かに拉致される。気が付くと、そこは薄暗い研究施設で、彼女のほかにも拉致されてきて拘束されている人間がいた。そこでは被験者の恐れるものを与え続けて、その先で起こる人体の変化を確かめているらしい。実験に失敗した後は、記憶を書き換えられ元の生活に戻れる者もいるが、実験に耐え切れず死亡するものも。どうやら、実験を行っている者たちは人間ではないらしい。そして、レネーの実験の順番がやってくる。謎の薬品を注射された後、拘束され動けない彼女の体に与えられたのは、最も忌み嫌う“クモ”だった。


【REVIEW】
不思議な印象の作品。いきなりの拉致、拘束されての人体実験という流れはありがちなパターンながらも、この先どうなるんだろう?という期待させるサスペンス風の切り口だが、後半からは予想外のSF的な展開に。極限の恐怖を与え続けて、ある遺伝子が破壊(劇中では“破裂”と呼称)されると、どうやら人間を超越した何者かに変化を遂げるようで、実験を行っているやつらは、自分たちの仲間を増やすのが目的。しかし、仲間を増やして何をやっているのかが良く分からず(「人間は地球に対するウィルスで、邪魔な存在なんだ~」みたいな、ありふれたセリフも出てくるが、具体的に何をしたいかは不明)、観終わったあとはモヤモヤしたものが残る。例えば、変化した後は何か特別なスキルが備わっているとか、能力が人間をはるかに超えているとか見せてくれればまだしも、これじゃあ只の怪しい組織にしか見えない。ただ、映画自体から発する、何とも言えない不思議な雰囲気は面白い。先が読めない、正体不明、なんだかよく分からないものを見てしまった、という感じです。主演は、『ミレニアム シリーズ』『プロメテウス』のノオミ・ラパス。クモ恐怖症なのに、強制的に投入されて、発狂寸前状態を熱演、正直彼女の演技でこの映画は成り立っていた気がしますなあ。ただ、出てくるクモが意外に少なかったのが残念。最後は、全身クモまみれ!みたいなのを期待していたんですが・・・。

ラプチャー03


ラプチャー02




レプティリア

2018年03月21日 22:19

クロコダイル03

【原題名】CROCODILE
【製作】フランク・デマルティーニ、ボアズ・デヴィッドソン、ダニー・ラーナー
【監督】トビー・フーパー
【脚本】アダム・ギーラッシュ、ジェイス・アンダーソン、マイケル・D・ワイス
【撮影】エリオット・ロケット
【出演】マーク・マクロウクリン、ケイトリン・マーティン、クリス・ソラリ
2000年/アメリカ映画/94分


【STORY】
バカンスに来ていた若者グループが巨大ワニに襲われる。ワニはボートハウスを破壊し、若者たちを追って陸上でも大暴れ。次々に殺しては飲み込んでいく。途中、助けに来た保安官とハンターもワニの餌食となり、残った若者3人も追い詰められていくが、彼らの持っていたリュックに入っていた卵から子ワニが孵り、子ワニを受け取った巨大ワニは元来た水の中へ戻っていく。


【REVIEW】
悪魔の沼』でも殺人鬼の経営するモーテルの池に人喰いワニを登場させていた、フーパー監督のワニ・パニック映画。オリジナル・タイトルが『クロコダイル』なのに、同じ2000年製作の『ブラッド・サーフ』が邦題『クロコダイル』でリリースされたためか、本作は爬虫類を意味する『レプティリア』で登場!なんだか、ややこしい・・・。で、肝心のお話は、水辺で騒ぐ若者グループをワニが襲いまくる、ごく普通の内容。普通すぎて変化に乏しく、目新しい要素が特に発見できなかったままエンドロール。いつものフーパーらしさも感じられず、彼が監督したという情報が無ければ、多分気づくことはないだろうという、普通の映画。どうしたんだ!?何があったんだ!?この当時のフーパーは。巡ってきた仕事を淡々とこなすことに徹していたんだろうか!?とにかく、見どころの乏しい凡作に仕上がっていたのは非常に残念です。

登場するワニは大部分がCGによるものだが、その出来栄えが今一つなのも悲しい。リアルさに欠けるのと、動き方が不自然で、あまり恐怖感が伝わってこず、どちらかというと、ゲームに登場するキャラクターのようで、これもマイナス点。これじゃあ、20数年前に撮った『悪魔の沼』のハリボテのワニの方がまだ怖さが感じられた気がします。個人的にはワニ映画のNO.1は『アリゲーター』だと思っているんですが、これを超えるワニ映画にはまだ出会ったことがありません。これも1980年製作だから、当時からしたら20年前なんだけれども。

クロコダイル01



RE-KILL リ・キル 対ゾンビ特殊部隊

2017年04月16日 12:05

【原題名】Re-Kill
【製作】ジュリアス・R・ナッソー、コートニー・ソロモン
【監督】バレリー・ミレフ
【脚本】マイケル・ハースト
【撮影】アントン・バカースキー
【出演】スコット・アドキンス、ブルース・ペイン、ロジャー・R・クロス
2013年/アメリカ映画/87分


【STORY】
謎の感染病により人類の約8割がゾンビになってしまってから数年、ゾンビ鎮圧のため設立された特殊部隊“R師団”は日々ゾンビせん滅作戦を行っていた。ある日、隔離されているはずのN.Yの町にゾンビが密かに運び込まれているという情報を得た部隊は、その情報の真偽を確かめるべく、現地へ向かう。

【REVIEW】
単純に「ゾンビの大群VS軍隊」を見たかったので借りた1本。ちょっと変わっているのは、TVレポーターが特殊部隊に随行していて、彼らのカメラ目線であること、ときおりプロパガンダ的なCMが挿入されること、そして、隊員が死んだら彼らがどんな人間だったかいちいち解説映像が流れること・・・。正直、このTV番組的な作りがおもしろいのかどうかはさておき、個人的には不要じゃない!?と思った次第。なんか『スターシップ・トゥルーパーズ』を思い出して懐かしかったが、CM自体もそれほど印象に残ってなかったんで、どうなん??といった感じ。そして、肝心の戦闘シーンだが、走る大量のゾンビが出てくるのは良かったが、画面が暗いシーンが多いのは×。夜のシーンってどうしても暗くなりがちだが、リアルさを追求するよりも、映画なんだから白昼堂々ゾンビたちを倒しまくる場面が見たかった・・・。そこはCGの予算的な制約もあったかもしれませんが。うーん、全体的にイマイチな印象。


予告編・・・!




レッド・インフェルノ

2017年01月23日 23:44

レッドインフェルノ02

【原題名】VAMPYRES
【監督】ビクトル・マテラーノ
【脚本】ビクトル・マテラーノ
【撮影】ダニエル・サラス・アルベローラ
【音楽】ホセ・イグナシオ・アルファット
【出演】キャロライン・マンロー、クリスティアン・スタム、ヴェロニカ・P・バコーン、マルタ・フリッチ、ルイス・アチャ
2015年/スペイン映画/79分


【STORY】
森の奥の古びた館に住む2人の美女。彼女たちは、誘惑し招き入れた男たちとセックス後殺害。その血をすすり、肉を食らい、犠牲者の血を溜めた浴槽で愛撫を重ねあう。失踪した友人を捜して森へやってきたハリエットたちは、問題の館へ足を踏み入れてしまい、男たちは殺され、ハリエットも監禁されてしまう。


【REVIEW】
2人の女ヴァンパイアが森へやってきた人間たちを誘い込んでは殺していくエロティック・ホラー。セックスして殺す、血のバスタブで生血を浴びるなど、女ヴァンパイアものとしては定番の場面を主演2人のヌードで見せてくれ、中世っぽい雰囲気も悪くはないが、怖さ加減はほどほど。終盤、どうなっていくのか・・・と少し期待させるものの、対決シーンが中途半端な感じで終わり、ヴァンパイアたちはどうなったのか!?結局よくわからずじまい。初見時、眠たかったので、自分がストーリーを見落としていたのかと思って、もう一度見直したが、やはりよく分からなかった。このモヤモヤ感が、作品の印象もモヤモヤさせてしまい、中途半端な印象しか残ってません。ホテルの女主人役でキャロライン・マンローが出ていますが、本筋には絡んでこなくて残念。流石に老けましたが、目力は他の出演者を圧倒してました。流石。邦題が『レッド・インフェルノ』って、原題名の『VAMPYRES』とは全然違うが、『グリーン・インフェルノ』に乗っかって付けたんでしょうかね。



レッドインフェルノ03







最新記事