『悪魔の沼』再見。

2010年11月22日 00:39

悪魔の沼06
“『悪魔の沼』は怖い映画か!?”と聞かれると、正直「それほどでもないかなあ」と答えてしまうかもしれない。少なくとも、フーパーの前作『悪魔のいけにえ』よりも、のんびり鑑賞できるのは間違いないでしょう。ジャンルとしてはホラー映画なんだから、怖がらせてナンボノもんでしょうが、純粋に怖さを追求したのではなく、異常な雰囲気を楽しむ映画としてならば、けっこういい線をいってると思います。

人間を生きたまま、飼っているペットの大ワニに喰わせる男が経営するモーテルに集まってくる人々。次々に犠牲者が出て行く中、男は宿泊客の女性を部屋の中に監禁し、ベッドに手足を縛りつける。逃げ出そうと必死にもがく女性。その頃彼女の幼い娘は床下に逃げ込むが、そこへ放たれたワニが追いかけて来て、少女は悲鳴を上げて逃げ惑う。それらのシーンを挟んで、1階でいちゃつくカップルと物思いにふける男の姿が映し出され、バックでは陽気なカントリーミュージックが流れている。日常と非日常が交互に入れ替わり、絶え間なく続く悲鳴と、縛り付けられた女性の姿が延々と目に焼きつき、サディズムを感じずにはいられなくなります。

凶器のカマでの襲撃シーンが意外とあっさりしていたり、肝心のワニ君が安っぽい作りで興ざめしてしまったりと、粗も多々目につきますが、ご愛敬ということで。評判は芳しくないけど、フーパー監督の映画はどれも水準以上の出来で、手堅くホラー映画を作っていると個人的には思いますけど。フルチの全盛期と晩年の作品の質の差などと比較すれば、全然よく出来てるのでは?

そして、コメントでもいろいろとご意見頂きましたが、本作の見所はやっぱりマリリン・バーンズの監禁シーン。『悪魔のいけにえ』ではレザーフェイスに追われて走って逃げまくっていたのに対して、今作は縛られて動けない時間がほとんど。静と動の異なったいたぶられ方を受けた彼女の演技が、初期のフーパー作品を支えたと言っても過言はないでしょう。

『悪魔の沼』の記事は→コチラ悪魔の沼07


悪魔の沼05
最後は、自分がワニにガブリ!・・・って、いかにも作り物チックで、あんまし痛そうに見えないのがつらい・・・。



スポンサーサイト



ザ・コンヴェント~死霊復活

2010年11月16日 14:39

ザ・コンヴェント01
【原題名】THE CONVENT
【製作総指揮】ライアン・キャロル
【監督】マイク・メンデス
【脚本】チャトン・アンダーソン
【撮影】ジェイソン・ロウ
【音楽】ジョセフ・ビシャラ
【特殊メイク】ディーン・ジョーンズ
【出演】エイドリアン・バーボー、ジョアンナ・カントン、クーリォ、ビル・モーズリィ、デヴィッド・ガン
1999年/アメリカ映画/90分


【STORY】
聖フランシスコ修道院。少女クリスティーンは礼拝中の神父や修道女たちをショットガンで撃ち殺し、修道院に火を放った。それから40年後―。廃墟と化していた修道院へ若者たちがやってきた。お化け屋敷めぐり的な感覚で騒ぐ若者たち。同じころ、修道院内では別の男女がいた。悪魔崇拝者であるそのグループが行った復活の儀式によって、封印されていた邪悪な死霊たちは甦ってしまう。死霊は次々に生者に乗り移り、犠牲者は増えていく。からくも逃げ出したクラリッサが助けを求めて辿りついたのは、あのクリスティーンの屋敷だった。

【REVIEW】
“総天然色ホラー 全て蛍光の未体験の映像恐怖!”
DVDジャケットのキャッチコピー通り、飛び散る血しぶきがどぎつい蛍光カラー!ある意味新鮮かもしれないが、恐怖感はイマイチ。純粋に怖さを追求した映画ではなく、スプラッターシーンとベタなギャグをミックスしたホラーコメディタッチに仕上がっている。

廃屋で死霊が乗り移って襲いかかりゾンビ化してしまうというのは、モロ『死霊のはらわた』チックですが、悪魔的な要素も絡めてあり、『デモンズ』シリーズの匂いもしないでもない。行ってはいけない所に行って、騒いで若者が殺されていくのも『13日の金曜日』以降の定番だし、80年代に大流行したホラームービーのエッセンスが至る所に散りばめられていて、それはそれで懐かしいやら嬉しいやらです。

登場する死霊たちも修道院ということで、ゾンビ化すると男女にかかわらず尼僧服を着用。カクカクした歩き方と相まって、コミカルな雰囲気を醸し出す。襲われる方も、SEXしか頭にないお兄ちゃんやオカルト大好きのGOTH娘、さらにインチキ悪魔崇拝者にゲイのその助手など、個性的なメンツが揃っており楽しめます。ナタで首をはねたり、顔面皮剥ぎなど、けっこうエグい場面もあるのだが、やっぱり恐怖よりも笑いが印象に残ります。割合的には、ホラー10:コメディー90位でしょうか。←じゃあ、ほとんど笑いじゃないですか!

なお、クライマックスで修道院に殴り込みをかける現在のクリスティーン役でA・バーボーが出演。ホラーファンには懐かしいところです。






最新記事