ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

2012年01月08日 06:58

ミッション:インポッシブル ゴーストプロトコル

【原題名】MISSION:IMPOSSIBLE GHOST PROTOCOL
【製作】トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
【監督】ブラッド・バード
【脚本】アンドレ・ネメック、ジョシュ・アッぺルバウム
【撮影】ロバート・エルスウィット
【音楽】マイケル・ジアッキーノ
【出演】トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、ポーラ・パットン、ミカエル・ニクヴィスト、ウラジミール・マシコフ、ジョシュ・ホロウェイ、アニル・カプール、レア・セドゥー、トム・ウィルキンソン
2011年/アメリカ映画/132分


【STORY】
IMFのイーサン・ハント率いるチームはロシアのクレムリンに潜入していたが、作戦途中で爆破テロに巻き込まれてしまう。ロシア側からテロの容疑をかけられたイーサンは合流したIMF長官からIMFを解体する指令:ゴースト・プロトコルが発動されたことを知る。事件の真相を暴く決意をしたイーサンは、仲間たちとともに黒幕たちが取引を行う現場へ向かう。そこはドバイにそびえ立つ地上828mの超高層ビル、ブルジュ・ハリファ。高レベルのセキュリティーを突破し、イーサンたちは黒幕たちをおさえることができるのか!?

【REVIEW】
正月、2日に観てきました。今年初の劇場映画は『ミッション・インポッシブル』の4作目でした。このシリーズは劇場で観るのは1作目以来なので、実に15年ぶりでしょうか。自分も年をとりましたが、トム・クルーズもやっぱり少し老けた!?初めてT・クルーズを観たのは『トップガン』だったんで、それから数えると25年!四半世紀になります。そう考えると、ず~っと第一線でスターであり続けているというのはすごい事ですよね。

このシリーズ、毎回メガホンを撮る人は違いますが、今回は『MR.インクレディブル』を撮っていたブラッド・バードが実写映画を初監督。実写初らしいですが、違和感なく手堅い演出力を発揮しております。(シリーズ最高傑作とも言われてるらしいですね)

見所は、高所恐怖症には絶対マネできない、超高層ビルの外壁をよじ登るシーンに始まり、冒頭のクレムリン大爆破、砂嵐の中のカーチェイス、核ミサイル発射阻止の潜入ミッションなど、手に汗握る場面が満載。最新の映像技術と音響システムのおかげもあって、大画面スクリーンで見るにはうってつけの映画の1本でしょう。

エージェントの1人でとぼけたいい味を出していたのがサイモン・ペッグ。すっかり忘れていましたが、彼は3作目にも出ていたんですね。個人的には『ショーン・オブ・ザ・デッド』がベスト!なんですけど、本作でもなかなかの存在感を発揮してました。


とりあえず、難しいことを考えずに理屈抜きで楽しめる1本。132分というランニングタイムの長さも気になりませんでした。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/125-a7689f63
    この記事へのトラックバック


    最新記事