スペースバンパイア

2012年03月07日 20:22

スペース・バンパイア [DVD]スペース・バンパイア [DVD]
(2007/07/27)
スティーブ・レイルズバック

商品詳細を見る

【原題名】LIFEFORCE
【製作】メナハム・ゴ―ラン、ヨーラム・グローバス
【監督】トビー・フーパー
【脚本】ダン・オバノン、ドン・ジャコビー
【原作】コリン・ウィルソン
【撮影】アラン・ヒューム
【音楽】ヘンリー・マンシーニ
【特殊効果】ジョン・ダイクストラ
【特殊メイク】ニック・マリー
【出演】スティーブ・レイルズバック、ピーター・ファース、フランク・フィンレイ、マティルダ・メイ、パトリック・スチュワート、マイケル・ゴザード
1985年/アメリカ映画/116分


【STORY】
ハレー彗星の調査にあたっていたチャーチル号は、彗星に付随する謎の巨大な宇宙船を発見する。調査隊を派遣して船内を調べると、ミイラ化したコウモリのような生物の死骸群と全裸の男女が入ったカプセルを見つけ、チャーチル号へ持ち帰るが、その後消息を絶ってしまう。音信不通のチャーチル号の救出に地上からコロンビア号が発射されるが、チャーチルの船内は焼け焦げ、乗組員たちは全員死亡していた。

彗星で確保されたカプセルの男女はロンドンの宇宙研究センターに収容されていた。ハレー彗星から謎の宇宙船が接近する中、センターでは女が起き上がり、警備員を襲う。襲われた警備員は干からびたミイラのようになるが、2時間後息を吹き返し、他の人間を襲い始める。彗星に潜んでいた彼らは宇宙バンパイアで、人間の生命エネルギーを吸収して宇宙船に集めていた。バンパイアにエネルギーを吸い取られ半ばゾンビ化した住民は町中に溢れ、ロンドンは壊滅状態に。SASのケイン大佐と、チャーチルから脱出して地球に戻って来ていたカールセンは、協力して女バンパイアの行方を追う。

【REVIEW】
トビー・フーパーといえば思い浮かぶのはまずは『悪魔のいけにえ』でしょうが、個人的にはこの『スペースバンパイア』も彼の代表作だと思います。ド派手なSFXの見せ場連発で内容を吟味する間も与えない、これでもか!と畳みかける強引なストーリーはある意味爽快感さえ感じます。そして、耳から離れないヘンリー・マンシーニのテーマ曲。とにかく全編、見せ場の連続で、力技で最後まで突っ走るフーパーの演出は、スピルバーグに毒気をすっかり抜かれて影の薄かった前作『ポルターガイスト』での鬱憤を晴らすかのような怒涛の展開。人間から取り出した生命エネルギーの光の洪水がロンドンの街を破壊しまくって、バンパイアたちの宇宙船が去っていくラストまで、息つく暇がありません。(その光景を見上げるケイン大佐の茫然とした表情が印象的)

ミイラ化していた犠牲者が生命エネルギーを吸い取ってみるみる若返るシーンや、『バタリアン』のオバンバもどきの女ミイラ(オバノンつながり!?)が爆発したり、ロンドンを埋め尽くすゾンビの大群など、ヴィジュアル的な見せ場が盛りだくさんで何とも賑やか。しかし、なんといっても本作の魅力は女バンパイアを演じたマティルダ・メイの体当たり演技でしょう。出ているシーンの9割くらいが全裸で、日曜洋画劇場放映時に解説で淀川長治が作品の内容をそっちのけで、ひたすらマティルダ・メイのおっぱいについて熱く語っていたのが忘れられませんが、それ位インパクトがありました。彼女の誘惑にハマったカールセンがバンパイアたちを地球に導いてしまう設定なので、彼女の起用は成功だったと言えるでしょう。

そう言えば、この『スペースバンパイア』の公開時にあわせてTVでホラー映画の特番をやっていて、やたらとSFホラー大作としてプッシュしていたのが思い出されます。(たしかゴールデンの放送だったはずなんで、マティルダ・メイのヌード・シーンはさすがにカットされてましたが)この特番、いろいろなホラー映画から名場面が紹介されていて、観た事の無い映画の場面に喜び、ビデオに録画して繰り返し繰り返し観た記憶があります。『サンゲリア』『地獄の門』『死霊のはらわた』など、名作てんこ盛りでしたが、今じゃあ絶対こんなの放送できないでしょうなあ。

スペースバンパイア01

スペースバンパイア02

スペースバンパイア03





コメント

  1. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re: スペースバンパイア

    この作品はトビー・フーパーには珍しいSFスペクタクルホラー巨編といった感じの作品でしたね。
    リリースされたDVD版は全長版らしいのでビデオ版(劇場公開版)より本編も長くなっているとか。
    内容も面白かったですが、主演のマチルダ・メイの人気が大きい感じの作品ですね。

    公開当時に水曜スペシャルで1時間30分枠の特番があってその司会は桂三枝師匠でした。
    その中でホラー映画の名場面も次々と紹介されて、1番手に「ゾンビ」が登場したのが嬉しかった記憶があります。
    そこに流れた映像が当時幻だった「ゾンビ 劇場公開版」で、自分もこの番組をビデオ録画して何度も繰り返し見てました。

  2. Aki | URL | -

    Re: スペースバンパイア

    特番の司会は三枝師匠でしたか。もう、すっかり忘れていました。(もう、かれこれ27年ほど前ですか)『ゾンビ』の紹介シーンは、ショッピングセンター内で、扉を閉める時にゾンビが入ってこようとするシーンでしたよね。米国版のゆったりとしたBGMが耳に残ってました。確か、ロジャーがゾンビの頭を撃ち抜くところまででしたが、繰り返しリピートして見ました。

    ほかにも、『サンゲリア』ではゾンビ対ジョーズの名シーン、『死霊のはらわた』では首チョンパ、『デモンズ』では頭皮剥ぎシーンなど、短いけれども印象的な映像が流れてました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/151-cb518f97
この記事へのトラックバック


最新記事