ランボー 最後の戦場

2012年03月21日 06:08

ランボー 最後の戦場 [DVD]ランボー 最後の戦場 [DVD]
(2010/02/17)
シルベスター・スタローン、ジュリー・ベンツ 他

商品詳細を見る

【原題名】JOHN RAMBO
【製作】アヴィ・ラーナー、ケビン・キング、ジョン・トンプソン
【監督】シルベスター・スタローン
【脚本】シルベスター・スタローン、アート・モンテラステリ
【撮影】グレン・マクファーソン
【音楽】ブライアン・タイラー
【出演】シルベスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、ポール・シュルツ、マシュー・マースデン、グレアム・マクタビッシュ
2008年/アメリカ映画/91分


【STORY】
タイの奥地でボートでの運搬、ヘビ狩りなどを行いひっそりと暮らしていたランボーの前にアメリカのNGOの集団が現われた。彼らは、人権弾圧の続く隣国ミャンマーへ入り、虐待され続けている少数部族の支援を目的として来ていた。ミャンマーへの案内を依頼され、最初は断るランボーだったが、熱心に説得され、ボートを出し、彼らを送り届ける。

それから数日後、NGOの一団がミャンマー軍に捕えられ、その救出のため雇われた傭兵たちがやってくる。全てに絶望し、他人との関わりを絶ってきたきたランボーだったが、再び武器を取り、傭兵たちとミャンマーへ乗り込むことに。

【REVIEW】
前作からおよそ20年ぶりに製作されたランボー第4作目。2作目『怒りの脱出』、3作目の『怒りのアフガン』のアクションヒーローのイメージが残っていたまま、久しぶりに本作を見たら、超リアルな戦争映画になっていました。(親子で見る内容ではありません。一応、R指定も受けてるんですね)

前半は無差別に虐殺を繰り広げるミャンマー軍の非道ぶりを徹底して描き、捕虜の救出後は、そのミャンマー軍がランボー+傭兵部隊+反乱軍に返り討ちに遭うという筋書き。武器も持たない村人たちを撃ち殺し、村に砲弾を撃ち込み、焼き払う。無抵抗の人々も容赦なく殺しまくり、女性は犯され、幼い子供たちは連れ去られて兵士に仕立て上げる。あくまでリアリズムにこだわったスタローンの演出は、誇張されたものではなく、現実に起こっていることを忠実に映像化したものだという。どんなに理想を説いても、無慈悲に奪い取られてゆく命を救うには、それに対抗する圧倒的な力をふるうしかない。つまり、戦場では、暴力には暴力で対抗するしかないのである。しかし、大義明文があって正義の側が勝利しても、爽快感も達成感も無い―。これもまた、現実なのでしょうね。同じ人間同士、殺し合うのがいかに愚かな行為なのか、そんな寂寥感がどっしり残ります。

CGで再現された機関銃で粉砕される人体破壊の数々は、凄まじいの一言。プライベート・ライアンのオープニングの上陸戦も激しかったですが、本作の最後の戦闘シーンはそれを上回る出来。手足がもげ、頭部が吹っ飛び、体が木端微塵に爆発と、そこいらの凡庸なホラー映画よりも、よっぽどスプラッター度の高い血みどろの映像が続きます。ただ、ホラー映画にあるスカッとした怖さが無いため、ひたすら人が死んでゆくだけの戦争映画というのは観た後に重~いものが残ります。そう考えると、ホラー映画はやっぱり見世物であって、エンターテイメントなのでしょう。

虐殺を指示し、人々を殺しまくり、民間人を後ろから撃ち、戦闘になると一目散に逃げていく卑劣で典型的な悪役の敵軍の大佐が、ランボーにナタで腹を切り裂かれて死んでゆくシーンは拍手喝采。ラスト、一人故郷に還っていくところでは不覚にも泣けてきました。ファミリー向けでは決してないですが、いい映画だと個人的は思います。それにしても、スタローン頑張ってるよなあ。

ランボー最後の戦場01

ランボー最後の戦場02





コメント

  1. リキマル | URL | 1jhbtX.k

    Re: ランボー 最後の戦場

    劇場でつい見逃したのでレンタルDVDで見てあまりの壮絶なシーンにノックアウトされました。
    ストーリーは本当にシンプルですが、スタローンのランボー役にかける演技の入れ込みようが良かったですね。
    公開時に日本で発売されたムック本も購入し、海外盤が8分長いバージョンが出たと知りつい先日注文したばかりです。
    5作目も製作予定とかで期待が高まりますね。

  2. Aki | URL | -

    Re: ランボー 最後の戦場

    スタローンのランボーという映画にかける意気込みがビシバシと伝わってくる出来でした。彼の映画は、もっと評価されてもいいと思います。
    続編が完成したら嬉しいですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/152-ca00b0cb
この記事へのトラックバック


最新記事