映画秘宝2012年7月号

2012年05月22日 00:36

映画秘宝 2012年 07月号 [雑誌]映画秘宝 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/05/21)
不明

商品詳細を見る


“ウィンスロウ・リーチよ、永遠なれ!”

去る4月14日、俳優ウィリアム・フィンレイが永眠した。享年69。
『ファントム・オブ・パラダイス』『悪魔のシスター』『悪魔の沼』・・・・・
初期デ・パルマ作品の顔であり、つねにデ・パルマの分身である
非モテの犠牲者を演じつづけた異貌の俳優を偲ぶ。

〈映画秘宝2012年7月号:52P〉


柳下毅一郎氏が2005年に取材した一文が載っています。
その中で、最後の方に『悪魔の沼』についての記載が―

“「『悪魔の沼』ははは!
あのワニが動かなくて大変だったんだよー。
フーパーは頭のいい人だったけど、映画は大変だったねー」
とフィンレイは気持ちよく笑うのだった。”

ウィリアム・フィンレイといえば『ファントム・オブ・パラダイス』が代名詞であり、本文にもあるようにデ・パルマ作品の顔であったわけですが、『悪魔の沼』『ファンハウス/惨劇の館』『トビー・フーパーのナイトテラー』など、フーパー作品にもけっこう出演してたんですよね。そして、2006年の『ブラックダリア』が遺作となったのでしょうか。人間いつかは亡くなりますが、訃報を聞くと、やはり淋しいものがあります。ともかく、ご冥福をお祈りいたします。

追記して、ウィリアム・フィンレイ柄の悪魔の沼Tシャツを見つけたので、リンク貼っておきます。レアだなあ~。

JETLINK





コメント

  1. 迷子 | URL | SiG0sHTk

    Re: 映画秘宝2012年7月号

    ウィリアム・フィンレイ亡くなりましたよね。「悪魔の沼」の大ファンとしてあの作品の主要キャラの大半が故人となり、さみしいですね。
    聞いたところによると「沼」を撮影中のフーパーは、「いけにえ」を越えなくてはならないプレッシャーで少しおかしくなっていて全然仕事にならず、マリリン・バーンズがマリファナを巻いて渡すとやっと動く状態だったらしいですが、劇中のフィンレイの演じるロイとフェイの関係はフーパーとの関係を再現していたのでしょうかね「ねえ、あなたしっかりしてよ!」みたいな(笑)。

  2. Aki | URL | -

    Re: 映画秘宝2012年7月号

    1977年の映画なので、35年前ですか。もう、ほとんど古典の領域ですね。
    個人的には、70~80年代に作られたホラーが大好きなので、その頃の監督や俳優さんたちもだんだん故人となっていくのは、やっぱり寂しいです。

    フーパーとマリリン・バーンズは撮影当時、恋人関係だったとどこかで見ましたが、マリファナはプレッシャーで弱ったフーパーに対する叱咤激励でしょうか。それにしても、『悪魔のいけにえ』『悪魔の沼』での彼女の扱われ方は、ホラー映画というジャンルでも、かなりきてますよね。彼女に対する狂気をはらんだような演出は、フーパーのひねくれた愛情表現だった・・・と考えるのはちょっと考え過ぎ!?

  3. 迷子 | URL | SiG0sHTk

    Re: 映画秘宝2012年7月号

    『悪魔のいけにえ』『悪魔の沼』での彼女に対する狂気をはらんだような演出は、フーパーのひねくれた愛情表現との指摘、多分ビンゴです。

    マリリンはインタビューで「どちらのヒロインも猿轡される展開で酷い体験だったが、特に『悪魔の沼』の絶縁テープがしんどかった」と証言していますので、苦しそうなフェイの悶絶する姿は演技ではなく本物だったみたいですね。

    フーパーはマリリンが苦しむ姿にそそられる、真のサディストだったんでしょうね。

  4. Aki | URL | -

    Re: 映画秘宝2012年7月号

    好きだからこそ虐めてみたい―という感情は、誰しもあるとは思いますが、度が過ぎちゃうとサディストになっちゃいますよねー。

    この分野では、美少女虐待が大好きなアルジェントの方が上かもしれませんが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/165-4dce3c79
この記事へのトラックバック


最新記事