ミレニアム2 火と戯れる女

2012年10月09日 18:00

【原題名】FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN
【製作】ソーレン・スタルモス
【監督】ダニエル・アルフレッドソン
【脚本】ヨナス・フリュクベリ
【撮影】ペーテル・モクロシンスキー
【音楽】ヤコブ・グロート
【出演】ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、アニカ・ハリン
2009年/スウェーデン・デンマーク・ドイツ映画/130分


【STORY】
リスベットの協力を得て、ヴァンゲル家の事件を解決したミカエルは「ミレニアム」編集部に復帰し、仕事を続けていたが、リスベットとは連絡が取れないままでいた。そんな中、少女売春事件を追っていた編集部の記者とその恋人が殺される事件が発生、凶器の拳銃にはリスベットの指紋が残っていた。彼女の無実を信じるミカエルは独自に調査を開始する。殺人事件の容疑者として追われる身になったリスベットも、一人で真犯人を追ってゆく。そして、事件の裏にはリスベットの凄惨な過去と、国家機密が関係していることが明らかになっていく。


【REVIEW】
で、ミレニアム・シリーズ2作目は、リスベット自身の生い立ちと過去が重要なファクターとなって展開され、内容的には3作目の『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』の前編的な位置づけ。フラッシュバックとして出て来る父親にガソリンをかけ火を付ける映像、そしてその父親は何者だったのか、金髪の殺人モンスターは誰なのか、国家の裏で暗躍する集団たちの関係は-。それらの秘密が少しずつ明らかになってゆく中、凶弾に倒れるリスベット。彼女を捜すミカエルは間にあうのか。3作目が、裁判の法廷シーンが多いため、盛り上がり感はこの2作目の方が上です。

良くも悪くもヒロイン・リスベットが全てのような感のこの2作目。彼女に感情移入できるか、彼女に魅力を感じられるかどうかで作品自体の評価も変わってきそうですが、私は最後までグイグイ引っ張られて行きました。1作目ではミカエルを助ける立場でしたが、続編ではほぼ主役。ハッキング主体だった前作よりも、自らアクティブに動く彼女の活躍が楽しめます。しかし、最後では撃たれまくって、土中へ埋められるなどやられまくる彼女。ミカエル、もうちょっと早く助けに来てやれよ!と道に迷いつつゆっくり到着する彼に、思わず突っ込んでしまいました・・・。とりあえず、早く3作目が観たくなる終わり方でした。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/196-31ebe15b
    この記事へのトラックバック


    最新記事