ゾンビ3

2012年11月26日 23:16

ゾンビ3

【原題名】NIGHT OF TERROR/ZOMBIE 3: THE NIGHTS OF TERROR/BURIAL GROUND
【監督】アンドレア・ビアンキ
【脚本】ピエロ・レニョーリ
【音楽】エルシオ・マンキューゾ、バート・レクソン
【特殊メイク】ジャネット・デ・ロッシ
【出演】カリン・ウェル、ジャンルイジ・チリッチ、シモーネ・マッティオリ、アントネッラ・アンティノーリ、ピーター・バーク、マリアンジェラ・ジョルダーノ
1979年/イタリア映画/93分


【STORY】
遺跡で発掘中に誤ってゾンビを蘇らせてしまった教授が生きたまま喰われて絶命する。丁度、その頃、バカンスに来ていた男女7人組の宿泊している屋敷にも、ゾンビの群れが押し寄せていく。


【REVIEW】
悪名高いイタリア製ゾンビ映画の1作(イタリア製ホラーには、悪名高いのがなんと多い事でしょうか・・・)。
原題の“NIGHT OF TERROR”はまだしも、“ZOMBIE 3”はどうよ!?いわく、ロメロの『ゾンビ』にかこつけて、フルチの『サンゲリア』が“ZOMBIE2”と付けたので、その続編ということ・・・らしい。けれども、『サンゲリア』とは何の繋がりも無いし、ましてやロメロとは完全に無縁。しかも、『サンゲリア2』の原題は同じ“ZOMBIE3”だし、ややこしくてしょうがない。まあ、商魂逞しい、イタリア映画ならではのことでしょうか。

そして、哀しくなってくるほど薄いストーリー。遺跡で突然甦ったゾンビ軍団。折しも教授の屋敷でいちゃつくカップルたちにのっそりと襲いかかるわけですが、ただそれだけ。ゾンビが近づく→気付いて逃げる→ゾンビのドアップ。ゾンビが襲いかかる→悲鳴を上げて逃げる→ゾンビのドアップ。ゾンビがつかみかかる→応戦する→ゾンビのドアプ。ひたすら、その繰り返し。腐ってるというより、乾燥してミイラ化したようなマスクにウジやらミミズやらを垂らしながら出て来るゾンビの顔を「どうだ! この顔は! スゲーだろ!?」と言わんばかりに見せつけられても・・・。まあ、それがこの映画の売りなんだろうけれども。ねえ。

内容的にも、演出面でも非常に最下位にランクされるであろう映画ですが、それでも見るべきものが無いわけではないのがこの『ゾンビ3』。とりあえず汚ければ汚いほどいいんじゃない!?ゾンビの造形。見た目の気持ち悪さは『サンゲリア』に匹敵しそう。しかも、このゾンビ、知能指数がやたらと高くて、手裏剣やら大ガマなんかの道具は使うし、電ノコといった機械も使える。どう見ても脳ミソ腐ってそうなんすけれども。そして、花壇から這い上がるゾンビ。なんでそんな狭いところに埋まってるの!?適当過ぎるんとちゃう?と突っ込みどころは、多いです。

さらに、このゾンビより怖いのがマザコン坊や。異様にきっちり分けられた髪型に、ギョロっとした目、不気味な位白いお肌と、一度見たら忘れられないこの人、インパクトは絶大です。しかも、演じてた役者さんは25歳だったとか。この坊や、ゾンビ化した後、母親に再会するんですが、母親に抱き締められると、胸にむしゃぶりついて、挙句の果てに乳房を食いちぎってしまいます。こんな迷場面、滅多に見られませんよ。

そんでもって、最後まで生き残っていたカップルも、ゾンビに追い詰められて絶体絶命。どう切り抜けるのか!?と思ったら、2人とも殺されて終わり・・・、何とも後味の悪い終わり方。『ヘル・オブ・ザ・リビングデッド』もそうでしたが、救いようのないアンハッピーなエンディングは、イタリアンホラーならではの重~いものを感じさせます。決して傑作ではないけれども、ゾンビファンなら避けては通れない、不思議な味のあるゾンビ映画です。





コメント

  1. 美子 | URL | UgwYca86

    あなたをフルーツに例えると

    6S6J0jd8
    あなたをフルーツに例えると、 干し柿ですね。
    まさにあなた自身を具現化していると思いませんか?

    はじめまして、美子と申します。
    あのしわしわした干し柿を口にふくみ、舌でひとしきり転がした後で
    中に入っている種をちゅぱちゅぱと吸い出してしまいたくなるのですが、
    特にあなたの干し柿には注目せざるを得ません!
    これまで苦痛に満ちた人生という風にさらされ、
    耐える美学を極めた日本人として、世界に恥じない風格を醸し出しています。
    あなたもそれは感じている筈ですよね。

    そこでご相談なのですが、
    キング・オブ・ザ・ホシガキの異名を持つあなたの干し柿がお風呂に入った後で
    だらしなく伸びきったところをわたしに賞味させて頂けないでしょうか?
    もちろん、冷え切ってカチコチになっている干し柿でも大丈夫です。
    わたしの頬に当てて、人肌に暖めてから味あわせていただきます。


    どうしてもあなたの干し柿を手に入れたいので、 こちらからわたしに連絡頂けますでしょうか。
    http://h9cXV660.fujitv.me/h9cXV660/

  2. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:ゾンビ3

    こんばんは。
    この作品、確かにゾンビファンなら絶対に避けては通れない1作ですね。
    その昔、ホラーマガジン”V-ZONE”に新作紹介でスチルが多数紹介された時にはその如何わしいムードが満点で発売が本当に楽しみでした。
    ようやくビデオで見た感想はなんとも古臭い全編の雰囲気とゾンビメイクのハチャメチャ加減、そしてあのマイケルの忘れならない演技でした。
    冒頭の教授が見つけた石盤のナゾ、ゾンビたちの行っている意味不明な儀式などあまりにも投げっぱなしの展開は失笑もの。
    ゾンビ化したエアズ教授の見事な食いっぷりにもオッサンの役者魂が垣間見れます。
    関西圏では一度深夜放送されましたが、ビデオそのままの字幕放映だったのが残念。

  3. Aki | URL | -

    Re:ゾンビ3

    おはようございます☆
    映画としての出来はさておき、確かに見どころ満載の映画ですよね。思わせぶりな伏線も全く回収せず、ゾンビの造形はひたすらグロ、適度に(かどうかは微妙だけれども)まぶしたエロ描写、ゾンビよりも個性的な登場人物、そしてゾンビの意味不明な行動・・・などなど、見どころなのか突っ込みどころなのか紙一重ですが、やっぱり80年代のイタリアンホラーは素晴らしいです。

    そして、久々に聞きました“V-ZONE”。ファンゴリアに続けとばかりに、ホラーブームに刊行されたホラー専門雑誌。確か、創刊号はアニメ雑誌で2冊目からホラーに路線変更、私も喜んで書店に買いに行きました。昔は、こんな本が普通に本屋に並んでるいい時代でした。ちょっと編集が荒っぽいのが気になりましたが、ネットも普及していないあの頃、新作や未見のホラー写真なんかは貴重でしたねえ。

  4. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:ゾンビ3

    V-ZONEの創刊号がアニメ誌だったのですね?
    和製ホラーの「餓鬼魂」が表紙だった号から初めて購入しました。
    毎回値段の割にはイマイチな内容でしたが公開前の「死霊のえじき」特集は嬉しかったですね。
    あの当時はホラー映画の情報も少なかった時代だったので毎回購入し何度も読み返したものです。
    最終号ではサイズも一回り小さくなって、知らない間に廃刊になってましたね。



  5. Aki | URL | -

    Re:ゾンビ3

    私も『餓鬼魂』が表紙だったのを購入したんですが、これが創刊2号だったと思います。創刊号自体は見たことはないのですが、編集後記に“突然ですが、アニメ誌から、ヴィジュアル・ホラー・マガジンになりました。よろしく”みたいな文が載っていたのを見た記憶があります。

    当時持っていたのは、引っ越しの際処分されてしまったようで残っていなくて、その後古書店で購入した3冊のみ手元にあります。(これは最終号までの3号のようです)確か、最初のころは『悪魔のいけにえ2』『地獄の門』『死霊のしたたり』なんかが表紙になっていたのがあったと思います。懐かしー!

    価格は980円、確かにカラー写真は多いものの、ビデオ会社から提供されたものをそのまま載せているみたいでしたし(それでも、当時は貴重でしたが)、ホラー愛のあまり感じられない文章、誤植の多さ、背景と文字が同系色で読めない・・・など読みにくいところも多々感じられました。

    しかし、いくらホラー絶頂期があったとはいえ、ホラー映画だけで1冊全部というのは無理があったのか、僅か10号で休刊。隔月発売にせず、季刊発売とか、ムック扱いで不定期発売とかにすればもうちょっと続いたんじゃないかと思ったりもします。よっぽどしっかりとした作りをしないと、こういった専門誌は長く続けるのは難しいでしょうね。

  6. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    ホラーマニアックスの来年発売予定に遂にイタホラゾンビマニア待望の本命が登場ですね。
    たしか、ビデオマーケットのHPに海外Blu-rayが発売中とあり、あれが今回のマスターになるのでは。
    何とも言えないイラストジャケットも海外Blu-rayと同じですし。
    これは昔の海外ビデオがこのデザインで、当時の輸入ホラービデオ紹介記事でよく見かけました。
    全編チープで大した盛り上がりもありませんが、不思議な魅力があるので以前の国内DVDは前に手放してしまったので今回のBlu-rayは購入しようかと思います。

  7. Aki | URL | -

    Re:ゾンビ3

    この『ゾンビ3』もついに復活、しかもBlu-rayになって!・・・いい時代になりました。ロメロにもフルチにも遠く及ばない内容ながらも、続編を思わせる勝手な題名で取り上げられる機会もたびたびある本作ですが、救いようのないストーリーとグロ描写、ゾンビの意外に賢い行動など、不思議な魅力もあってゾンビファンなら一見の価値ありの1本。
    今回、買い逃したら、本当に最後のチャンスかもしれないので、みなさん是非買いましょう!!

  8. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:ゾンビ3

    字幕DVDを久しぶりに見て、確かについ最後まで見てしまうダラダラ感が魅力でしょうかね?
    全くストーリー性が無いのも凄いです。
    パビリオンでかかるような音楽も耳を離れません。
    今回のBlu-ray、予約は入れたものの買うべきなのか悩んでしまう脱力ホラーです。

  9. Aki | URL | -

    Re:ゾンビ3

    映画としての内容を楽しむには不合格でしょうが、ゾンビファンなら無視はできない作品で、気持ち的には、出来の悪い息子ほど可愛い・・・というような感じでしょうか。もうほとんど所有することに意義を見出した方がいいのかもしれません。変な映画です(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/212-3ee70429
この記事へのトラックバック


最新記事