SFコンクエスト/魔界の征圧

2012年12月17日 02:10

SFコンクエスト

【原題名】CONQUEST
【製作】ジョヴァンニ・ディ・クレメンテ
【監督】ルチオ・フルチ
【脚本】ジーノ・カポーネ、ホセ・アントニオ・デ・ラ・ローマ
【撮影】アレハンドロ・ウロア
【音楽】クラウディオ・シモネッティ
【出演】ジョージ・リヴェロ、アンドレア・オキピンティ、サブリナ・シアニ
1984年/イタリア映画/84分


【STORY】
青年イリアスは悪の支配者オクロンを倒すために旅を続けていた。途中知り合った屈強な男メイクスと知り合い、意気投合した二人は、狼男やゾンビを退けながらオクロンのもとを目指す。


【REVIEW】
イタリアン・ホラーの鬼才ルチオ・フルチが監督したヒロイック・ファンタジー。コナンシリーズを思わせる時代背景や衣装でファンタジーな感じを演出するものの、いかんせんストーリーが平凡。主人公2人が敵を倒しながらオクロンのもとへ向かうものの、アクションシーンが弱いので、なんだか学生の劇を見ているみたいだ。生贄の乙女の八つ裂きシーンや乾燥ゾンビの造形にフルチらしさを感じるものの、フルチが監督していなければ見ることはなかったであろうと思われます。

終盤で、それまで主役と思っていたイリアスの首チョンパ展開には、ある意味唖然とさせられますが(当然、メイクスが仇をうつんだけれども)、美形ヒーローキャラをあっさり殺しちゃうフルチのセンスって凄いのかなんなのか。武器の光の弓矢が合成処理されたちゃっちいのもご愛嬌を通り越して、寂しかった・・・。まあ、誰が見ても「フルチ、あんたにはファンタジーは向いてないよ!」は明らかで、結局フルチはこの後、主戦場であるホラーに戻って『マーダー・ロック』を監督することになります。


コメント

  1. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:SFコンクエスト/魔界の征圧

    ビデオ全盛期のころにレンタルで見た懐かしい作品です。
    フルチ作品で異色なゾンビが出るということでかなり期待して見て肩すかしを食らった思い出があります。
    ビデオ版は映像も全編がぼやけた映像で非常に見辛かったですが。
    あの意外なラストはフルチらしい終わり方ですね。
    やはりフルチにはホラーファンタジーというジャンルは相性が悪かったのでしょうか。
    もしDVD版が出たら久しぶりにもう一度見たいです。

  2. Aki | URL | -

    Re:SFコンクエスト/魔界の征圧

    フルチならではのゾンビ(ちょっと乾燥した)も出てきますが、ホラー色は薄眼めのファンタジーもの。でも、やっぱり相性は良くなかった・・・。ビデオ全盛期のあの頃だからこそ、リリースされたある意味珍品ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/217-9d78d579
この記事へのトラックバック


最新記事