『エルム街の悪夢』の個人的な思い出

2010年09月10日 00:05

・劇場公開は1984年だが、私が映画館で観たのは86年。『スペースインベーダー』、『スぺ―スバンパイア』との3本立てで公開していて、「これは絶対見に行かねば・・・!」と思って行った記憶があります。当時は当然、シネコンなんかは無くて、入れ替え制でもなかったので、3本ぶっ続けで鑑賞。さすがに見終わるころは腰が痛かったです。しかも、よくホラー映画を一緒に見に行っていた友達がその日は用事で行けなくて、一人で行きました。一人で見るホラー3本立てはちょっと淋しかったなあ。

・丁度、ホラー映画全盛だったこの頃、家庭用ビデオが普及し始めていたのと同じ頃で、近所にも個人経営のレンタルビデオ店が続々とオープンしていた。(ツタヤやゲオなんかのチェーン店も無かった。)小学生の頃、通っていたプラモデル店があったんですが、レンタルビデオ店に鞍替えして初めて会員になったのもこの頃。1泊1本1,000円で、今思うと「高いなあ~」ですが、家で映画が好きなときに見られると思うと、それは感激モノでした。

で、こそっとダビングサービスなんかもやっていて、店員さんに頼むと2,000円でやってくれて、初めて頼んだのがこの『エルム街の悪夢』だった。“劇場の感動をもう一度!”とばかりに期待しながら家で見たら、どうも画面が暗い。夢のシーンや夜の場面が多いのでこんなものかと思っていたが、やっぱり暗い。暗くて、フレディ・クルーガ―の顔も良く分からん!ダビングしたから画質が落ちたのか!?テープの質が悪かったのか!?理由は不明のままだったが、映画は最後まで暗かった。

で、DVDになって買って見たら、全然明るいじゃん!!と、何十年かぶりにまともな明るさで鑑賞できたのでした。今となってはよき思い出です。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/24-64bbb61d
    この記事へのトラックバック


    最新記事