『ゾンビ』ブルーレイのジャケット仕様

2013年09月16日 07:51

『ゾンビ』のブルーレイのジャケット仕様が確定したようなので、しつこいようですがご紹介。

『ゾンビ』製作35周年記念究極版ブルーレイBOX [Blu-ray]『ゾンビ』製作35周年記念究極版ブルーレイBOX [Blu-ray]
(2013/12/03)
ケン・フォリー、スコット・H・ライニガー 他

商品詳細を見る

バックがシルバーっぽくて、なんだか渋いBOXのジャケット。ただ、タイトルの“究極版”という文字がいつ見ても腹立たしい。ただの35周年版なら、そんなに反感買わなかったかもね。



ゾンビ 米国劇場公開版<HDリマスター版> [Blu-ray]ゾンビ 米国劇場公開版<HDリマスター版> [Blu-ray]
(2013/12/03)
ケン・フォリー、スコット・H・ライニガー 他

商品詳細を見る

あと、単品なんですが、これは先ごろ発売されたDVD版と同じ路線。ただ、ブルーレイ化に伴い全体に青みがかっています。それはそれで悪くはない。タイトルの“ゾンビ”の文字がやけに鮮明な赤に見えます。




ゾンビ ディレクターズカット版<HDリマスター版> [Blu-ray]ゾンビ ディレクターズカット版<HDリマスター版> [Blu-ray]
(2013/12/03)
ケン・フォリー、スコット・H・ライニガー 他

商品詳細を見る

で、ディレクターズカット版。



ゾンビ ダリオ・アルジェント監修版<HDリマスター版> [Blu-ray]ゾンビ ダリオ・アルジェント監修版<HDリマスター版> [Blu-ray]
(2013/12/03)
ケン・フォリー、スコット・H・ライニガー 他

商品詳細を見る

最後に、おなじみのアルジェント版。この絵柄はカラーの方が映えますよねー。





このブルーレイの内容を初めて見たときは、その特典の無さにがっかりきたものでしたが、多少時間が経つにつれそれも少し収まってきました。新世紀版DVD-BOXや海外版と比べると、見劣りするのは明らかですが、本編を高画質&高音質で鑑賞するなら、これもアリでしょうし、BOX仕様は3枚組で定価が14,175円、amazonなんかで買えば10,000円ちょっとで買えるので割安といえば言えなくもない。ものは考えようかもしれません。

ただねー、そんなに時間が経ってないのに、追加特典仕様のものを~さらに値下げされてたりして~普通に発売されると、やっぱり割り切れないものは感じると思います。いくら商売とはいえ、こちらも無尽蔵に使えるお金があるわけじゃあないんですし。あとは、気持ちの問題でしょうか。いくら高価なものでも、納得して買えれば満足感は高いでしょうし、逆に相対的に安い値段でも、どこか損をしているような気がすると嬉しさも半減です。

今のところ、自分は買う気は低いですが、何らかの原因で気持ちが変われば分かりません。結局、高くてもお金が無くても、「欲しいっ!!」と思えば、なんとか工面して買ってしまうもんなんですけれどもね。


コメント

  1. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:『ゾンビ』ブルーレイのジャケット仕様

    こんにちは。
    今回のジャケットですが、シルバー地にガスマスクのデザインはリバイバル劇場公開からの定番ですがやはりいいですね。
    今思えば昔パイオニアから出たレーザーディスクがこのガスマスクのシルエットを初めて使用して斬新だったことから「ゾンビ」と言えばエレベーターかこのガスマスクの印象が強くなりましたが。
    単品版は青みがかっていて多少違和感がありますが、BOX版の中にはこの3ケースと解説書が入るのではと予想しています。

    国内で最新技術で再レストア(?)したというディレクターズカット版の画質もどれほどのものなのか気になります。
    2010年発売のスティングレイのDVDよりは確実に画質は向上しているのでどうしても期待してしまいます。
    数年前アメリカで出たブルーレイ(米国公開版)は全体に色が濃い目でそこそこ高画質でしたが、今回の「米国公開版」は2013年の最新HDニューマスターを使用とあってこれも気になります。

    後から特典追加のブルーレイは出て欲しくないですが、ファンとしては未見の映像特典などの誘惑には結局弱いところが辛いですね。
    どうせなら幻のラフカット3時間版をロメロ監督が映像ソフトとして出してくれればそれこそが「ゾンビ」究極版になるのでしょうね。


  2. Aki | URL | -

    Re:『ゾンビ』ブルーレイのジャケット仕様

    こんばんは。
    思えば、レーザーディスクはその大きさゆえに収納スペースの確保には悩まされたものでしたが、ジャケットのデカさが所有欲を満たしてくれる一要因でもありました。この『ゾンビ』のガスマスクのジャケット・デザインは非常にクールでよくできたものだと思います。なので、今回のBOXに採用されたのはGOODです。

    あと、ブルーレイ化に伴い画質が地道に進化しているのは、これも単純に歓迎すべきところでしょうね。もともとが古い作品なので、高画質化にも限界があるでしょうが、前のソフトよりも良くしようという努力は評価すべきです。
    好きな作品をより良い環境で、美しく見たいという欲求は尽きませんし・・・。

    あと、幻の3時間版ですが、もともと商用ではないので、商品化される確率はほとんどないと思いますが、米国劇場公開版、アルジェント版、D・C版の3種類が全てソフト化されている現状も、一昔前からすれば考えられなかったこと。気長に待っていれば、そのうち奇跡が起きて、日の目を見る日が来るかもしれませんね。


  3. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:『ゾンビ』ブルーレイのジャケット仕様

    発売日が12/20に延期になっていますね。
    この延期で特典の追加が期待できるわけもなくて残念ですが。
    amazonでは各ディスクデザイン、封入のブックレットとポストカード?らしきものが確認できます。

  4. Aki | URL | -

    Re:『ゾンビ』ブルーレイのジャケット仕様

    ポストカードは初回限定の封入特典のようですね。無いよりある方がいいですが、これもまた微妙な感じ・・・。


    発売日の延期はなんでしょうかね。一応年内には出るみたいですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/269-d9cbfba3
この記事へのトラックバック


最新記事