映画秘宝 2014年1月号

2013年11月28日 07:08

11月21日発売号だけれども、号数はすでに2014年1月。もう来年かよ~と、気が早いなあと思いますが、年を取ると時間が経つのが早く感じるというのをヒシヒシと実感する次第です。

この秋はいろいろありまして、映画をほとんど見られてないんですが、そろそろ見ないで放置したままになっているDVDをそろそろ消化していこうかな・・・と思ってます。休みが全くないわけではないんですが、なんかアッという間に過ぎてしまい(ホントにアッという間です)、このブログもほとんど触ってない日々が続いています。先月なんかは1回しか更新しておらず、ブログ開設以来最低でしたちょっと、気を取り直して、がんばっていこうかな~と思います。


さてさて、映画秘宝ですが、DEVILPRESSに『ゾンビ』の記事が2点。1点目は韓国の釜山国際映画祭でロメロの『ゾンビ』が3D化されて上映されたとのこと。これは、ロメロ自身が関わっている仕事ではなくて、3D化の作業も当地韓国で行われたそう。立体効果が抜群の場面も多いと思うので、こういうのは劇場の大スクリーンで観たらいいでしょうね~。

もう1点は12月に発売も迫ったブルーレイの『ゾンビ』。見出しに“ロメロのゾンビが究極版でBD化!”とありますが、あの貧弱な仕様で究極版と紹介してもいいの!?吹き替え・TVスポット収録、解説書、ポストカード、などの特典も、やっぱり貧相でどこか物悲しい。これなら、いっそ特典一切なしで、その分本体をグッと値下げして本編の映像+音声の良さで勝負した方が、なんぼかマシだったような気もします。“作り手の誠意が感じられる”とか“ボーナス出る前に売り切れるかも”という煽り文句もいかがなものかと。まあ、雑誌とソフト会社との微妙な関係もあるのかもしれませんし、紹介してくれているだけでも良しでしょうか。個人的には「うちの会社はボーナスすら出ねーよ!」と、そこに怒りを感じていたりして。トホホ。





コメント

  1. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:映画秘宝 2014年1月号

    こんにちは。
    今月の映画秘宝で知った「ゾンビ 3D版」の映画祭での上映、やはり気になりますね。 来年には国内上陸して欲しいと思います。

    あと3週間に迫ってきた「ゾンビ」ブルーレイ発売、追加特典なども無い寂しい仕様ですが、その分本編の高画質化には期待したいです。
    欲を言えば各ディスクのメニュー画面やチャプターサーチなども「ゾンビ」ファン納得のものだと嬉しいですが。

    解説書やポストカードなど省いて6000円位で発売してくれれば相当売れたのではと確かに思いますね。
    来年には3D版もブルーレイで発売しそうですし。





  2. Aki | URL | -

    Re:映画秘宝 2014年1月号

    こんにちは、です。
    『ゾンビ』3D版は、ちょっと気になる記事でした。過去の名作の3D化劇場上映は往年のファンには嬉しいはずなので、是非とも日本でも実現してほしいと思います。東京は難しいですが、大阪くらいなら観に行きますよ!

    ブルーレイ『ゾンビ』は、このままの仕様で発売されそうですね。ブルーレイ以降のソフト化がどうなるかは分かりませんが、40周年記念版なんかも当然出そうですし、ファンは温かく見守ってやるべきなんでしょうか!?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/276-0b105ec5
この記事へのトラックバック


最新記事