ブラック・ウォーター

2014年06月23日 14:11

ブラック・ウォーター [DVD]ブラック・ウォーター [DVD]
(2012/05/09)
メーヴ・ダーモディ、ダイアナ・グレン 他

商品詳細を見る

【原題名】BLACK WATER
【製作】マイケル・ロバートソン、アンドリュー・トラウキ、デヴィッド・ネルリッヒ
【監督】アンドリュー・トラウキ、デヴィッド・ネルリッヒ
【脚本】アンドリュー・トラウキ、デヴィッド・ネルリッヒ
【撮影】ジョン・ビギンズ
【音楽】ラファエル・メイ
【出演】ダイアナ・グレン、メイヴ・ダーモディ、アンディ・ロドレーダ
2007年/オーストラリア映画/89分


【STORY】
リーと姉のグレース、そして恋人のアダムの3人はオーストラリア北部をバカンスで訪れていた。ワニ園を見て楽しんだ後、川釣りを体験しようと、ガイドのジムに先導されて、小さなボートでマングローブの生い茂る川をさかのぼっていく。途中、何かがボートに衝突して船は転覆、4人は水の中に放り出されてしまう。ボートを転覆させたのは巨大なクロコダイルで、ガイドは既に犠牲になっていて、3人は何とか木の上に登り助けを待つことにするが・・・。

【REVIEW】
最近ハマっている感のある“ワニが人間に襲いかかってくる”映画ですが、この『ブラック・ウォーター』も主役はクロコダイル。一応実話を元に製作されているらしく、ドキュメンタリーっぽい作りになっています。お話も、ツアーで来た旅行者がワニに襲われて森の奥地で孤立、付近に人の気配は全くなく、助けが来る確率は非常に低い状況下で、いかにして脱出するかを描いた、サバイバルムービーで、巨大生物が暴れまくって人々が逃げ惑うアニマル・パニックものとは少し趣が違っています。この辺、前に見た『マンイーター』とよく似た設定です。

リアル感を重視したためか、本物のワニを撮影して使ったものの、その姿が出てくる時間が少ないため、ワニがドーンと襲ってくるのを期待して見ると拍子抜けするかも。水がちゃぷんと揺れたり、森の奥から不気味な音がして驚いたりと、追い詰められた状況下で感じる恐怖感をじわじわ~っと味わうのが、この映画の醍醐味でしょう。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/310-22a76724
    この記事へのトラックバック


    最新記事