映画秘宝2014年11月号、特集は“モンスター映画大図鑑”

2014年09月23日 10:43

映画秘宝 2014年 11月号 [雑誌]映画秘宝 2014年 11月号 [雑誌]
(2014/09/20)
洋泉社

商品詳細を見る

『猿の惑星:新世紀』公開に合わせた巻頭特集が、“モンスター映画大図鑑”。猛獣、怪獣、巨大生物、虫に珍獣、宇宙生命体。果ては奇形人間まで、多種多様なモンスターが写真と解説付きで登場。大作で登場して一般に知られているものより、知名度の低いマニアックな奴らの方が多いのが嬉しいです。この手の特集になると、いまだにワクワクしてしまうのは、いい年をしてどうよ~!?という気もするが、好きなものは好きなんだからしょうがないじゃん!!と開き直ってみたりもします。




さて、本文中で気になったのは、ディック・スミス追悼の記事。「ああ~、ディックさんもついに亡くなったんだ」と思っていましたが(亡くなったのは7月31日で御年92歳)、記事を読んでみると、改めて彼の偉業、凄さを思い知らされました。CGの無い頃は人間を怪物に変身させたり、スプラッターな殺害シーンは特殊効果(ここでは主に特殊メイク)で行っていました。つまり、俳優さんの顔にゾンビやモンスターのマスクを被せたり、体に傷口のメイクを施したりと、手作業で変身させていたわけです。1970~80年代はこの特殊メイクが今までは表現しきれなかった場面をスクリーンに映すことに成功し、とりわけホラーやSF映画では映画の内容よりも、この派手なモンスターや殺害シーンを売りにした映画が数多く作られることになります。


当然、特殊メイクを担当する仕事も花形となり、『狼男アメリカン』『ビデオドローム』のリック・ベイカー、『遊星からの物体X』『ハウリング』のロブ・ボッティン、『ゾンビ』『13日の金曜日』のトム・サヴィーニなどなど、人々を驚かせる場面を作り上げる驚愕メイクアップ・アーティストたちが登場してきます。その中でも、パイオニアとも言えるのが御大ディック・スミスでした。

彼の手がけた作品で主なものだけでも紹介すると、『エクソシスト』『スキャナーズ』『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』、ホラー以外にも『ゴッド・ファーザー』『タクシー・ドライバー』そしてアカデミー賞を受賞した『アマデウス』。とりわけ、老人メイクの精巧さは他の追随を許さない、彼の独壇場だったように思えます。

今でこそ、CG技術が進歩して、それころ映画で表現できないものは無い!のかもしれませんが、そんなものが全くなかった頃、「どうやってこれ撮ってんの!?」というのを作り上げていたのが特殊メイクアップ・アーティストたちでした。『エクソシスト』では悪魔に憑りつかれたリーガンの首が360度回転し、『スキャナーズ』では超能力で人の頭部が爆発!こんな場面が実写で表現されるなんて、当時はほんとビックリしたものです。

そんな、彼の技術は誰もが認める凄いものでしたが、記事を読んでいて知ったのは彼の人柄の良さ。異国日本からの素人同然のような人からの質問にも真摯に答え、自分が開発した特殊効果の技術も惜しみも無く皆に公開し業界の進歩を促す寛大さ。とかく職人気質な人が多そうなイメージがある映画界ですが、彼は全く正反対の、誰からも慕われる偉大なパイオニアであったことが窺えました。彼の功績は、いつまでも消えることなく、映画の中で生き続けることでしょう。合掌。





コメント

  1. リキマル | URL | Ef5G3OlI

    Re:映画秘宝2014年11月号、特集は“モンスター映画大図鑑”

    映画秘宝を読んで、「猿の惑星:ライジング」見てきました。
    前作から完成まで多少時間がかかった感もありましたが、例のウィルスで人間側は大半が死滅し、完全にシーザー側から見た作りで大変面白かったです。
    おそらく続編もあるだろうと思える感じで次回作にも期待したいです。

    ディック・スミスと言えばやはり「エクソシスト」「スキャナーズ」の特殊メイクが印象的です。
    現在はCGに頼った特撮シーンが増えてしまいましたが、あのころの手作り感な特殊メイクは本当によかったですね。
    エクソシストと言えば、先日「エクソシスト3」が待望のブルーレイ化されたので注文しました。(廃盤DVDが一時気かなりのプレミア化でした)
    本当に久々に鑑賞するのでこれも楽しみです。

  2. Aki | URL | -

    Re:映画秘宝2014年11月号、特集は“モンスター映画大図鑑”

    『猿の惑星』私は未見なのですが、見てきた周りの人たちの感想はほとんどが「面白かった」「良かった」と好評です。この人気を持続できれば、シリーズはしばらく続きそうですね。旧シリーズは計5作が作られ、TVで繰り返し再放送されていたのをよく見ましたが、やっぱり面白かったのを覚えています。猿が社会を形成して、人間を支配している―という発想の勝利ですよね。1作目のラスト、自由の女神を発見してここが地球だと分かるシーンは、小学生の自分にはホント衝撃的な終わり方でした。

    『エクソシスト』は日本でも大ヒットし、オカルトブームを牽引した作品ですが、やはり特殊メイクによる映像の斬新さが影響していたのだと思います。リンダ・ブレアの悪魔メイク、体に浮き出る“Help Me”、そして360度回転する首等等・・・。W・フリードキンの演出も素晴らしいのですが、映像の迫力は今見ても近年のCG作品に負けないものがあると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/323-e556448d
この記事へのトラックバック


最新記事