エクソシスト2

2015年02月22日 01:00

エクソシスト2 [Blu-ray]エクソシスト2 [Blu-ray]
(2014/10/08)
リンダ・ブレア、リチャード・バートン 他

商品詳細を見る

【原題名】EXORCISTⅡ THE HERETIC
【製作】ジョン・ブアマン、リチャード・レデラー
【監督】ジョン・ブアマン
【脚本】ウィリアム・グッドハート
【撮影】ウィリアム・A・フレイカー
【音楽】エンニオ・モリコーネ
【特殊メイク】ディック・スミス
【出演】リチャード・バートン、リンダ・ブレア、ルイーズ・フレッチャー、キティ・ウィン、マックス・フォン・シドー
1977年/アメリカ映画/118分


【STORY】
少女リーガンに憑りついた悪魔にメリン神父とカラス神父が命を懸けて対決してから4年後、リーガンの様子がまたおかしくなる。教会からメリンの取った行動が異端ではないかという疑念を晴らすため、調査に赴いたラモント神父はリーガンに再び悪魔が憑りついているのではないかと推測するが、教会側は深入りしないよう忠告する。リーガンの精神と同調し、メリン神父が昔行った悪魔祓いにヒントがあるのではないかと考えたラモント神父はアフリカへ飛ぶ。そこで彼は、幼い頃メリンに悪魔祓いをしてもらったコクモと接触し、メリン神父の正当性を確信、リーガンの内に潜む悪魔を取り除こうとする。

【REVIEW】
世界中で大ヒットした前作『エクソシスト』から4年後に製作された続編。フリードキンはリーガンが悪魔に憑りつかれる様をまるでドキュメンタリー映画のように淡々と描写し、恐怖感を煽ったが、ブアマン監督は善と悪の戦いを続編の形を借りて仕上げたかったのかもしれない。結果、前作のようなオカルト・ホラーを期待した層にはガッカリさせ、失敗作の烙印を押されてしまったある意味可哀想な作品です。

成功した作品を続編が越えようとすれば、同じ内容でスケールアップするか、全く路線を変えて違う視点でアプローチするかでしょうが、この『エクソシスト2』は後者。吐く息も白く寒々しい空気が支配していた1作目と比べて、アフリカや南アメリカが出てくる2作目は熱帯な空気。大量に飛来するイナゴの大群と、現地の人々の描写など、印象はかなり別物だ。悪魔の描写も、正なるリーガンと邪悪なリーガンの2人に分裂、文字通り正と悪の対決を表現している。ただ、悪魔祓いの儀式のようなものは描写されず、悪魔の心臓をつかみ出して倒しちゃうなど力技な終わり方は少々唖然。ジョージタウンのあの家に大量のイナゴがなだれ込んでくる場面は、『フェノミナ』のハエの大群にも相通じる感じもしましたが・・・。パズズってハエの王じゃなかったっけ?!

心の奥底に眠る意識を他人がシンクロして体験できる装置や、メリン神父が若いころに行っていた悪魔との対決場面など、個々の場面ではおもしろいところもあるのですが、全体的なバランスから言えばやっぱり1作目には及ばない出来。副題のHERETIC=異端者というように、ブアマンに正当な続編を期待した方が間違いだったのかもしれない。個人的には、成長したリンダ・ブレアの姿は悪くないと思うし、エンニオ・モリコーネのスコアもさすがです。

エクソシスト2 01

エクソシスト2 02





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/349-c177b17e
    この記事へのトラックバック


    最新記事