死ぬまでに見なければいけない作品はまだまだあります

2015年05月24日 23:32

昨年もリリースされていたキングレコードの「死ぬまでにこれは観ろ!」と銘打たれたDVDシリーズ。昨年は50本だったのに対して、今年も発売される同シリーズ「続・死ぬまでにこれは観ろ!」は倍の100本がラインナップ!ヒットした有名作品だけでなく、カルト作品(特にホラーというジャンル自体がマイナーな扱われ方をしていますが)にも力を入れているのが特徴で、今年はブルーレイも追加されているのも朗報です。

で、気になるホラージャンルの作品はどうかなんですが―、

『悪魔の毒々モンスター』
『共喰山』
『リヴィッド』
『ラブド・ワンズ』
『ヘル・レイザー』
『ヘル・レイザー2』
『ヘル・レイザー3』
『ファンハウス 惨劇の館』
『トールマン』
『スペイン一家監禁事件』
『ABC・オブ・デス』

とこんなところ。同作品でDVDとBDの両方発売のものもあれば、DVD単品発売のものもあり、また、昨年も出ていて再び今回入っているものもあります。ただ、正直な感想を言えば、昨年のラインナップよりもスケールダウンしている感は否めず少々残念。同シリーズのHPを見れば、ホラー以外のジャンルが充実しているのが良くわかり、まあ、同じ趣向で出しても目新し感がなく、目線を少し幅広いユーザーに向けたのかもしれません。

あと、紹介文に「権利期間によっては、死ぬ前に観れなくなる(買えなくなる)可能性のある作品もあり、やっぱり死ぬまでにとは言わず、今すぐ見るべき作品なのは間違いありません。」とありますが、これは大袈裟な話ではなく、将来新品では発売されなくなって、手に入れるのが困難になる可能性はあるので、買えるうちに買って見ておきましょうというのは正論。まあ、この作品らはまっさら消え去ってしまうことはないでしょうが、VHS時代に乱発されていた超マイナーなホラー作品などは、ほんとに今見ようと思っても本当に難しいものがあるので、善は急げということで。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/361-1528323e
    この記事へのトラックバック


    最新記事