『悪魔の沼』再見。

2010年11月22日 00:39

悪魔の沼06
“『悪魔の沼』は怖い映画か!?”と聞かれると、正直「それほどでもないかなあ」と答えてしまうかもしれない。少なくとも、フーパーの前作『悪魔のいけにえ』よりも、のんびり鑑賞できるのは間違いないでしょう。ジャンルとしてはホラー映画なんだから、怖がらせてナンボノもんでしょうが、純粋に怖さを追求したのではなく、異常な雰囲気を楽しむ映画としてならば、けっこういい線をいってると思います。

人間を生きたまま、飼っているペットの大ワニに喰わせる男が経営するモーテルに集まってくる人々。次々に犠牲者が出て行く中、男は宿泊客の女性を部屋の中に監禁し、ベッドに手足を縛りつける。逃げ出そうと必死にもがく女性。その頃彼女の幼い娘は床下に逃げ込むが、そこへ放たれたワニが追いかけて来て、少女は悲鳴を上げて逃げ惑う。それらのシーンを挟んで、1階でいちゃつくカップルと物思いにふける男の姿が映し出され、バックでは陽気なカントリーミュージックが流れている。日常と非日常が交互に入れ替わり、絶え間なく続く悲鳴と、縛り付けられた女性の姿が延々と目に焼きつき、サディズムを感じずにはいられなくなります。

凶器のカマでの襲撃シーンが意外とあっさりしていたり、肝心のワニ君が安っぽい作りで興ざめしてしまったりと、粗も多々目につきますが、ご愛敬ということで。評判は芳しくないけど、フーパー監督の映画はどれも水準以上の出来で、手堅くホラー映画を作っていると個人的には思いますけど。フルチの全盛期と晩年の作品の質の差などと比較すれば、全然よく出来てるのでは?

そして、コメントでもいろいろとご意見頂きましたが、本作の見所はやっぱりマリリン・バーンズの監禁シーン。『悪魔のいけにえ』ではレザーフェイスに追われて走って逃げまくっていたのに対して、今作は縛られて動けない時間がほとんど。静と動の異なったいたぶられ方を受けた彼女の演技が、初期のフーパー作品を支えたと言っても過言はないでしょう。

『悪魔の沼』の記事は→コチラ悪魔の沼07


悪魔の沼05
最後は、自分がワニにガブリ!・・・って、いかにも作り物チックで、あんまし痛そうに見えないのがつらい・・・。





コメント

  1. 4WD | URL | m70FkpO2

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    私は本作もヒロインを襲う危機を静と動を交互に描いていると感じました。日常と非日常の交互の入れ替わりは全く同感。
    浴室で服を脱ぐフェイとドアに近づくジャッドの場面は静かに迫る危機を感じさせます。
    襲われて縛られたフェイが浴室を脱出するも捕らわれるまで「動」の場面ですが、後ろ手に縛られた下着姿の彼女がじりじりと追い詰められ、「お願いやめて」と泣いて懇願する彼女が襲われる展開には強烈なサディズムが感じられます。
    次の「静」のシーンは、ベッドに縛られ失神しているフェイの姿から始まりますが、身体のあざや口から喉に付いた血糊が痛々しい。
    目を覚ました彼女は手足がベッドに縛られていることに気付きますが、監禁された衝撃と凌辱された(そんな場面はないが、そう感じます)屈辱に声が出ず涙を流すだけです。やがてジャッドの意味不明の言葉で異常者に監禁された恐怖で震えだしますが、ここからフーパーの狂気の世界に拍車がかかってきます。
    ジャッドの部屋に飾られた下着姿のマネキンや散乱する女性の下着・靴等は彼の「女体」への執着の表れであり、フェイをベッドにY字に縛るのも身体の線を鑑賞するためと思います。ジャッドに肢体を観賞される彼女「ペット」「標本」の表現はぴったりですが、「銀河鉄道999」で剥製にされた若く美しい母親も連想しました。
    ここから救出されるまでは女が必死にもがく「動」のシーンが続きますが、女が××される場でもあるベッドに下着姿で縛り付けられ、口にガムテープを張られた美貌の母親が悶える姿と「ママ!」と叫びながら彼女を探す幼い娘が交互に映ると、ぬめっとした雰囲気も相まって、ヒロインがねっとりとした何かに犯されていくようにも感じられ、この作品独特のサディズムとアブノーマルなエロチズムが漂ってきます。
    非日常的な体験をする本作のヒロイン、フェイはいけにえのサリー同様まともな精神状態ではない状況で生還し、日常と非日常の区別が出来なくなったのでは。

  2. Aki | URL | -

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    『悪魔の沼』でフーパーが登場させている人物には変わり者が多い。N・ブランド演じる殺人鬼は当然ですが、若かりしR・イングランド演じるバックもクセのあるキャラだし、冒頭でクララが追い出される売春宿の経営者ミス・ハッティも偏屈なおばさんだ(普通は、行方不明の娘を探しにきた父親に「いい土地があるんだが買わない?」なんて言いませんよね)。

    M・バーンズとW・フィンリーの夫婦は喧嘩ばかりしていて険悪な仲だし(旦那も精神的に病んでそう・・・)、娘は泣き叫び続け、後半は「ママー」しかセリフがない。人の良さそうな保安官は最後に「大丈夫か!」と駆けつけるが何にも役に立たずじまい。あと、個人的には、売春宿で追い出されるクララを哀れみ、お金をわたして「スターライトホテルへ泊まりなさい」と勧めた女性ですが、この人が案内しなければ殺人事件は起きなかったのかなあ・・・と思ったりします。

  3. ゆでたまご | URL | ycCcclTw

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    偶然通りかかりました。
    私もマリリン・バーンズのファンですが、悪魔のいけにえよりも沼派の私としては、ここで活発に作品の意見交換がされていて嬉しく思ってます。
    皆さんの意見を読んで私も再見しました。序盤に登場するクララがヒロインと思わせ、彼女が殺されてからヒロインのフェイが登場する流れはなかなか凝っているなと思いますね。
    いけにえのコメントにマリリン・バーンズのヌード撮影のエピソードが書き込まれてましたが、本作でも当初いけにえのスタッフが彼女のトップレス姿を撮影したがってたそうです。トップレスは他の女優陣の担当になりましたが、マリリンをセクシーに撮っているのはそのためでしょうか。
    「オヤジの悲しい方思い」(爆)そのとおりですね。夫を殺害され娘と引き離され監禁された純白のランジェリー姿のヒロイン、ジャッドにとってはウエディングドレスを着た「花嫁」だったのかも知れません。

  4. Aki | URL | -

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    こんにちは。
    そうなんですよね。このブログで一番コメントを頂いているのが『悪魔の沼』なんですよね。作品の評価は芳しくありませんが、好きか嫌いかは個人の自由です。まあ、ホラー映画の好き嫌いなんて、みんなバラバラじゃないんでしょうか。

    そして、マリリンファンの方が登場、嬉しいです。M・バーンズは出演している作品が少ないのが残念なのですが、それだけに『悪魔の沼』は貴重な作品だと思います。

  5. 迷子 | URL | SiG0sHTk

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    最近まで諸般の事情によりネットが使えずご無沙汰しておりました。
    先日広島で「爆音上映会」なるイベントがあり、悪魔の沼が超大音量で上映されたのですが、遠くて行けませんでした。
    でも、ヘッドフォンの大音量再生で、その雰囲気が味わえるかと思い、大音量で再見することとしました。結構新発見ありましたよ。「本作の見所はやっぱりマリリン・バーンズの監禁シーン」と指摘されていましたが、私も同感なので、そこの部分を重点的に書きます。
    劇中の雑音のような効果音、ジャドが浴室に乱入する場面で、彼の心境を表現していると以前書きましたが、この効果音、計算されて使われていると思います。
    各テーマがあるようで、クララとフェイが襲われている場面で、蛇使いの笛のような音がしますが、女性への歪んだ欲望から来る攻撃性を表現していると感じました。
    ベッドでフェイがもがく場面で、弦を不規則に弾くような音がしますが、手足を縛りつける縄を音で表現していると思います。
    大音量で聞くと、ベッドのきしむ音が重低音となり、肉体の質感が感じられる生々しい音となり官能的でした(フェイが服を脱ぐシーンも「んっ」とか「あん」とか色っぽい吐息が・・・)。失神したフェイが映る場面、沼の生物の声と「ヴァーン」という効果音の後、黒テープで口を厳重にふさがれた顔と、純白のスリップに包まれた豊かな胸が映し出され、縛られた両手、フレアパンティから伸びる太もも、交差させて縛られた足首が露わになっていきますが正体不明の小さい声のようなノイズも聞こえ、狂気・猟奇・異常性に満ちています。ボタンが外れて前が全開のブラウスがエロスと同時に、平穏な生活(でもないか)から狂気の世界に強制的に拉致されたことを表現しているように感じられます。
    いずれにしても、この映画のスコアは侮れません。
    ちなみに、「爆音上映会」に行かれた方がこれを読んでいたら、是非感想が聞きたいです。
    「再見」の記事の原因を作った当事者ですので、うざいとは承知の上で長文の投稿をしてしまいました。

  6. Aki | URL | -

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    迷子さん、こんにちは。
    お久しぶりです。

    広島で上映されていたというのは「爆音GO WEST 広島ガレージ爆音映画祭」ですよね!?

    爆音上映会というのは行ったことがないのですが、実際どのくらいのボリューム・迫力なんでしょうか、一度体験してみたいものです。(すでに体験済みの方がおられましたら、感想伺いたいですね)

    でも、自宅で大音量で上映したら近所迷惑も甚だしいので、難しい。迷子さんのようにヘッドフォン上映になりますよね。うちも、格安スピーカーをつなげて、なんちゃって4.1chにしてますが、爆音で見ることはできず、小音量で見ているのですが、それならばヘッドフォンの方が迫力があったりして複雑です。

    あー、それにしても、また『悪魔の沼』見たいですね。爆音『サスペリア』も最高ですね!

  7. 迷子 | URL | SiG0sHTk

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    「爆音GO WEST 広島ガレージ爆音映画祭」をご存じでしたか!さすがです。
    ところで、N・ブランドの心理描写を投稿した際、「彼女を手に入れようと思ったのは浴室の前を通り過ぎた後」と書きましたが、再見後若干印象が変わりました。入浴中の女にムラッときた彼、ハーベィの荷物を部屋に入れて蹴とばした時に、彼等の留守中にフェイを拉致し翌朝の出発までフェイの存在を隠せば、彼女は自分のものになると気付いたのでは。
    アンジーが床下に逃げたのはジャドにとっては好都合で、彼女を閉じ込めるとフェイを捕まえに戻ります。
    4WDさんは「フェイが追い詰められ、襲われる展開に強烈なサディズムが感じられる。」と指摘してますが、同感です。この時彼女は「Roy! Angie! Why noboday! noboday! No…. please….」と言ってますが、これで自分を助ける人がいないのを悟っていることが伝わります。絶望し怯えるフェイの表情と、彼女の捕獲が確実となり嬉しそうなジャドの表情が対比される演出ですね。
    拘束されたフェイに満足しながら、「床下の子供は引きづり出す」と呟き、「計画の成就」に余念がないジャドですが、この一言でフェイは娘が無事であることを知り、延々ともがき続ける動機になったのですな。ハーベィは戻ったら問答無用で攻撃されますが、首に鎌が刺さった彼を見て狂喜するジャド。これで客がリビーだけとなり、いよいよ妄想の実現に興奮状態のジャド!しかし絶対絶命のフェイを救うきっかけとなったのがバックとリネットの登場というのは皮肉です。エッチに昂じる二人に女の存在を知られまいと四苦八苦するジャドの姿は滑稽ですらありますね。
    話は変わりますが、サスペリアもかなり好きな作品です。爆音で観たかった。

  8. Aki | URL | -

    Re: 『悪魔の沼』再見。

    ジャドはおそらく最初はその気はなかったのでしょうが、ロイがワニを銃殺しようとしたため殺し、ホテル内に男性がいなくなり残るは母娘のみ、そして荷物を運んでいる途中でフェイが入浴しているのをシャワーの音で気付いて、ムラムラと欲情したのは間違いないでしょうね。なので、計画的な監禁ではなく、突発的にやっちゃった感があります(そもそも、ジャドに計画性は全然ないでしょうが)。

    ロイがワニを殺そうと思い立ったのも、些細な夫婦喧嘩から逆上してとの感じなので、それが無ければ、ジャドがフェイを監禁することも無かった可能性が高いと思います。偶然がジャドを凶行に走らせてしまった感がありますが、そもそも普通じゃない主人が経営する、ペットの犬を食べてしまうワニがいるホテルに滞在してはいけなかったんでしょうねえ。

  9. 迷子 | URL | SiG0sHTk

    Re:『悪魔の沼』再見。

    悲しいです。さびしいです。ご存じとは思いますが、マリリン・バーンズが65才の若さで、この世を去ってしまいました。
    普通のマリリンファンであれば、追悼では「いけにえ」を観るところでしょうが、あえて私は「沼」を再見しました。すると・・・
    上の書き込みで彼女は「Roy! Angie!・・・」と言ってると指摘しましたが「Away! Angie!」(アンジー逃げて!)の聞き違いであるような気がしました。これによって子供は逃がしたが、自分はまんまと捕らわれてしまうという設定が明らかとなり、今まで以上に絶体絶命の美女度がUPした気がします。
    ちなみにマリリンの死後、米国の彼女に関する報道では1949年生まれとなってますね。つまり、本作撮影時は27歳だった訳で、道理で大人の色気に溢れている訳だ。(これでも、寂しさを思いっきり紛らわせているのです。)マリリン・バーンズよ永遠なれ!

  10. Aki | URL | -

    Re:『悪魔の沼』再見。

    お久しぶりです。人間いつかはこの世を去っていくものですが、家族や友人・知人、そして好きな人が亡くなるのは何とも言えず寂しい。よく言う体の一部が無くなったように感じるというのって、実際ありますし。憧れの芸能人や映画スターなんて、実際には会ったことは無いのですが、亡くなったって聞くと、やっぱり何とも言えない気持ちになります。

    マリリン・バーンズが亡くなったのは8月5日の早朝で、テキサス州(やっぱりテキサス!)ヒューストンの自宅で発見されたとか。享年65歳ということですが、若いですよね。これだけ平均寿命が高くなっているのに、ホント残念です。

    彼女の名を一躍知らしめたのはもちろん『悪魔のいけにえ』ですが、迷子さんも追悼鑑賞された『悪魔の沼』も彼女の代表作です。むしろ、M・バーンズの魅力が『~いけにえ』よりも違う角度から出ている気がするので、何度見ても飽きないですねー。まあ、好きな女優さんが虐げられて恐怖に慄き、叫び声を上げているのを魅力に感じる・・・というのもホラー映画ならではの観点でしょうが(究極はアルジェント監督ですかな)。

    彼女が亡くなった悲しみや寂しさはどうしようもありませんが、彼女はフィルムにその姿を我々に遺してくれました。映画の中での彼女の美しさは、永遠に消えることはないのですから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/38-5203bc4d
この記事へのトラックバック


最新記事