マーターズ

2015年11月27日 00:44

マーターズ01

【原題名】MARTYRS
【製作】リシャール・グランピエール、シモン・トロティエ
【監督】パスカル・ロジェ
【脚本】パスカル・ロジェ
【撮影】ステファーヌ・マルタン、ナタリー・モリアフコ=ヴィゾツキー
【音楽】セップク・パラディグム、アレクシス・アンド・ウィルフリード・コルテ
【出演】モルシャーナ・アラウィ、ミレーヌ・ジャンパノイ、カトリーヌ・ベジャン、イザベル・ジャス
2007年/フランス・カナダ映画/100分


【STORY】
1970年代のフランス、ボロボロの姿で彷徨っていた少女リュシーが保護された。彼女は何者かによって、工場の一部屋に長期間監禁され、拷問と虐待を受けていたが、その目的は分からなかった。養護施設に引き取られたリュシーは、同じ年頃の少女アンナの助けもあり、徐々に回復していった。その15年後、森の中に佇む一軒家の玄関にリュシーは立っていた。家の中には朝食を取っていた家族4人が居り、リュシーは猟銃を構え、一人ずつ射殺してゆく。銃弾を浴びて息絶えてい往く住人達。その中の母親らしき死体の顔を見てリュシーは確信する。自分を監禁、虐待していた相手に復讐を果たしたのだと。血まみれの惨状の中、リュシーの背後に何かが忍び寄る。

【REVIEW】
上記ストーリー部分だけで約15分程度だが、ここまでだと監禁、虐待されていた女性の復讐劇かと思いきや、これ以降話は二転三転していく。事件現場に駆け付けたアンナはリュシーの傷の手当てをし、死体の片づけを手伝うが、復讐した相手が正しかったのかを疑う。―すべては、リュシーの妄想ではないのか?―事実、リュシーにしか見えない化け物が襲ってくるのは幻であり、彼女の自傷行為が原因であることが分かってくる。しかし、何が原因で彼女をここまで追い詰めたのか?謎は解明されないまま、リュシーの行動はエスカレートし、ついには喉元を掻き切って自殺してしまう。悲しみに打ちひしがれ、呆然とするアンナ。一夜明け、一軒家の中に地下室があることを知った彼女は中に下りて行き、ついには見てはいけないもの、知ってはいけなかったことを知ってしまう。

その後、物語は急展開していく。リュシーの過去の言っていたことが正しかったことが分かり、監禁と虐待に関与していた組織の人間が現れ、なぜこんなことをしていたのかを説明していく。そして、アンナを待ち受ける凄惨な儀式。先の読めない展開に翻弄されながら、後半延々と続くアンナへの容赦ない拷問の数々を見せられ、おそらく観客の多くが善良な心をベキベキっとへし折られてゆくのではないだろうか。心と体の両面を極限まで痛めつけることで到達できる場所を見せるため、観客にもそれを疑似体験させた後、映画はクライマックスを迎えるが、ラストは崇高で神々しいといえばそうかもしれないが、死の先にあるものは何か知りたいだけの虐待カルト集団の下衆い欲望の末路としか思えないのは、私がただ単にひねくれているからかもしれない。それと、一部の人間の欲望のために犠牲となったリュシーやアンナの人生はなんだったのかを思うと、それもやりきれないと思ってしまう。殉教者ってなんなんでしょうね!?

ただ、今までのホラー映画とは一線を画している別物であるのも事実。ここまでショッキングで、見た後にどよーんと重いものを残す映画も久々。刺激的な映像を見たい方、トラウマ級の拷問映画を見たい方、そしてホラーが三度の飯よりも好きな方は、やっぱり避けては通れない必見の映画だと思います。

マーターズ02

マーターズ03





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/383-fc2d3c77
    この記事へのトラックバック


    最新記事