The Nightmare from The Movies―ホラー映画 戦慄と怪奇の物語

2016年01月12日 01:14

ナイトメア・フロム・ザ・ムービーズ001convert_20160110020539

出版社:ネコ・パブリッシング
出版年月:2000年10月
ページ数:203頁
定価:1,600円(本体価格)


・序論―恐怖の旅路へようこそ

1.ジャパニーズ・ホラーの現在

2.90年代のメタ・ホラー

3.狂い咲きコリアン・ホラー

4.ユーロ・ネクロ・スプラッタの暗い情念

5.ビデオ・エイジのB級ホラー

6.ゾンビ映画と60年代

・永遠のマスターピース

・ブランニュー・ホラー


前半1/3程度が各執筆陣による、テーマを掘り下げたコラムで、その後、ホラー映画の代表作をそれぞれのセレクトと切り口で紹介、最後にはこの当時の最新作も紹介されているが、いかんせん2000年の発行なので、ブランニューでもなんでもないのだが。本の体裁はペーパーバックタイプで(いわゆる安価本、洋書によくあるタイプで、カバーが無く、紙質もザラッとしたやつ)、カラー写真は無しだが、モノクロの紹介写真はところどころで掲載されている。

ホラー映画が好きな人なら、気軽にパパッと読めてしまう作りなので、逆にホラー映画初心者な人でも興味を持って読めそうな感じ。ただ、執筆している人によって、かなり構成がバラバラなので、本全体としてのまとまりに欠け、部分部分で読んでいくなら(多分、好き嫌いもあると思うので)、問題はないでしょう。

ゾンビ』はないのに、なんで『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』はロメロ版とサヴィー二版も入ってるの?とか、フルチやバーヴァは入ってないのとか?『エクソシスト』は1作目じゃなくてなんで2作目なの?とか、『セブン』はホラーじゃないでしょ?とか、言い出したらきりがない。この辺は、各人の趣味嗜好もあるから、まとめるのは難しい。逆に、ジャパニーズ・ホラーが意外と数多く紹介されているのは、この時期活発だった影響もあるかもしれないが、懐かしくもあり面白く読めました。しかし、駄作の『デイ・シャッフル』で2ページも使っているのはどう考えてももったいないと思うのだが。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/395-0c46df82
    この記事へのトラックバック


    最新記事