リメイク版『ポルターガイスト』が発売

2016年04月02日 22:34

今月発売の映画秘宝読んでいて知ったが、『ポルターガイスト』が4月にリリースされるものの、日本では劇場公開はされずビデオスルー扱いだったんですね。1982年のオリジナル版は製作:スピルバーグ、監督:トビー・フーパーという今では考えられないタッグで作り上げたファンタジーチックなホラームービー。家に憑りついた霊魂に連れ去られた娘を助け出すために家族が奮闘する様を、SFX満載で味付けした内容で、当時はTV放映もさかんにあって、家族でも楽しめたものだった。それを、あのサム・ライミがリメイクし30年ぶりに復活を果たしたものの、映画館では全く見ることさえできずにソフト化されてしまうなんて、なんて不遇な扱いなんだろうって思ってしまう。内容的にはそんなにドギツイものではないし、ホラー的な匂いをあんまし出さなければ公開できたんじゃないかと思ってしまうが、日本てどんだけこの手の映画に冷たいんだろうとも思ってしまう。

内容紹介を読む限りは、尺がオリジナルよりも短くなってまるでダイジェスト版のような印象になっているとか、シリアスな雰囲気を重視したためか、オリジナルにあったエンタテイメントな感じは薄れてしまったとか、いろいろと違いはあるものの、82年版が好きだった世代にとっては興味があるわけで、ソフトが出たら、やっぱり一度見てみたいと思います。

あと、そろそろ発売されるもので気になるのは、懐かしいS・キング原作の『炎の少女チャーリー』や、シリアス恋愛路線でせまるシリーズ異色の1本『バタリアン・リターンズ』、これもキング原作のゾンビじゃないロメロ監督の『ダーク・ハーフ』、そして懐かしきエンパイアピクチャーズ製作で異常性格俳優K・キンスキーの魅力爆発の『クロール・スペース』あたりでしょうか。『クロール・スペース』はまさかのDVDとブルーレイの両方で発売と、ホントに売れるのか逆に大丈夫なのかと心配してしまうくらいだけれども、かなりマイナーな作品も掘り出してくれるのはありがたいお話だと素直に喜ぶべきかな。





コメント

  1. ビヨンド | URL | -

    まだまだ

    未DVD化の傑作は沢山あるので、どんどんDVD化を進めて欲しいものです。大御所達の新作は、もう観てられないくらいにヒドいのが多いですからね…。フーパーの「ジン」とかアルジェントの「ドラキュラ」とか…。ちょっと古いけどロメロの「ダイアリーオブザデッド」とか。

    そういえば、そろそろ未体験ゾーンの映画達でやってたヤツもそろそろDVD出ますね。期待していた「スナッチャーズフィーバー」「マーターズ(リメイク)」はとても残念な感じでした。未体験ゾーンは半分以上観たはずなのに、記憶すら残ってないのがほとんどですが、「ゾンビマックス」はまぁまぁ楽しかったですよ。

  2. Aki | URL | -

    Re:リメイク版『ポルターガイスト』が発売

    こんにちは。
    そうですね、未体験ゾーンは見たいものが沢山ありますが、時間が取れたらゆっくり見たいのですがいつになるのやら。『ゾンビマックス』は期待しているので、これはぜひ鑑賞したいです。

    新作もいいのですが、旧作で埋もれている作品のソフト化は進めてほしいですねー。ブルーレイじゃなくてDVDでOKなので、何とか生きてるうちには見られるようにしてほしいですね(大袈裟だけど)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/417-cb177eee
この記事へのトラックバック


最新記事