オペラ座 血の喝采

2017年10月16日 21:58

【原題名】TERROR AT THE OPERA
      OPERA
【製作】フェルディナンド・カプート、ダリオ・アルジェント
【監督】ダリオ・アルジェント
【脚本】ダリオ・アルジェント、フランコ・フェリーニ
【撮影】ロニー・テイラー
【音楽】ブライアン・イーノ、クラウディオ・シモネッティ
【出演】クリスティナ・マルシラック、ウルバノ・バルベリーニ、イアン・チャールソン、ダリア・ニコロディ、アントネッラ・ヴィターレ、ウィリアム・マクナマラ、コラリーナ・カタルディ・タッソーニ、バーバラ・クピスティ
1988年/イタリア映画/95分(完全版:107分)


【STORY】
舞台マクベスの主演女優が交通事故に遭い、急きょ若手のベティが抜擢される。ベティは大役を無事務め上げ、舞台は成功するが、その公演中に照明係が殺される事件が起きる。その後も、衣装係のジュリア、ベティの恋人のステファノも殺され、犯人に狙われていると感じたベティは警察に相談に行く。ベティの身を案じたアラン警部は、彼女の自宅に部下を警備に向かわせるが、犯人はそこにも現れ、ベティのエージェントのミラも殺されてしまう。行き場を失った彼女は途方に暮れ、劇場に辿りつく。ベティから事情を聴いた舞台監督のマークは犯人が公演を見に来ると推測し、ある計画を立てるが―。


【REVIEW】
フェノミナ』のあと、『デモンズ』シリーズをプロデュースしていたアルジェントが次に演出を手掛けたのがこの『オペラ座 血の喝采』。内容的には、超自然的なファクターもオカルト的なテイストもない、純粋なジャーロ映画になっている。勿論、アルジェントの王道路線である、殺しの美学や流麗なカメラワークは健在。主演のクリスティナ・マルシラックへの仕打ちも過去作品に比べてもよりエスカレートしている。なにせ、犯人はわざわざ殺人場面を見せるためにベティを縛り上げ、瞬きせずに目撃できるように、目を閉じると突き刺さるように目の下に針を張り付ける手の込みよう。それを2回もやってのけ、素性がばれた後も、もう1回椅子に縛り付けるしつこさ。この粘着的な演出には、美少女残酷ホラー作家アルジェントの名に恥じないものを感じる次第で流石です。

殺しのバリエーションも、大型ナイフでいろいろな突き刺し方をしていて、血の量もなかなかのもの。唯一例外が、ダリア・ニコロディ演じるミラが殺される場面で、鍵穴から外を覗いていると、そこから拳銃で撃たれて頭部を弾丸が貫通するところ。その頃は仲は冷えてしまっていたというが、かつての恋人をそんなふうに殺す役でキャスティングするアルジェントも普通なのかどうなのか、ちょっと考えてしまう気もしますが。

警察が捜査するものの全く役に立たず、犯人探しのサスペンスは二の次で、関係者が次々に殺されていくのを独特の美的センスでまとめ上げているのは、いつものアルジェント節全開で見応えはあります。『フェノミナ』からの流れでロック音楽を大音量で入れているのもそれほど違和感なく、荘厳なオペラ音楽と交互になっていても馴染んでいるのは不思議な感じだがこれはこれでアリでしょう。ラストでいきなり真昼間のアルプスの風景にジャンプするのにはびっくりしましたが(それまでは、都会の夜のシーンばっかりだったのに)、マークが蠅を使ったカメラ作業をしていたり、ベティがトカゲに話しかけてうっとりしていたりと、前作『フェノミナ』をイメージさせる場面にファンとしてはなんだか嬉しくなったのでした。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/426-8374f2d8
    この記事へのトラックバック


    最新記事