禁断の惑星エグザビア

2016年06月18日 00:28

エグザビア01

【原題名】FORBIDDEN WORLD
【製作】ロジャー・コーマン
【監督】アラン・ホルツマン
【脚本】ティム・カーネン 、R・J・ロバートソン、ジム・ウィノースキー
【撮影】ティム・サーステッド
【音楽】スーザン・ジャスティン
【出演】ジェシー・ヴィント、ジューン・チャドウィック、ドーン・ダンラップ、フォックス・ハリス
1982年/アメリカ映画/77分


【STORY】
惑星エグザビアへ向かうように指示を受けたマイクと相棒のロボット“サム”は、追っ手の敵を撃退しつつ、惑星へ向かう。そこでは、人類の食糧問題を解決するため、遺伝子操作の研究が行われていた。しかし、その過程で新種の怪物が生まれ、アメーバ状のその物体は研究員に襲いかかり成長していく。マイクは所員らとともに生物を撃退しようと試みる。


【REVIEW】
ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星』に続く、ロジャー・コーマン製作のSFホラー。冒頭の宇宙船による交戦シーンがあまりにもチープでこの先どうなるのか?心配したが、怪物が成長して所員が殺されてドロドロ・グチョグチョになっていく後半は、それなりに見せ場もあって悪くはなかった気がします。目指したのは、どう見ても『エイリアン』なんでしょうが、それにははるか及ばず(怪物の造形も、サスペンスの積み重ねも、登場人物の魅力も・・・)、50点くらいの出来栄えなんだけれども、気楽に深夜放送の映画枠くらいで見れば結構楽しめるレベルと思います。

成長後の怪物は無数の歯が生えた黒光りする巨大なヘビかウナギのような造形になり、なかなかいい感じなのに、あんまし動き回らないのが残念(予算の関係上、動き回れなかったのかもしれないが)。おおかたこの手の映画に期待しているのは、エイリアンそのものなはずなので、もうちょっとここにお金と情熱をかけてほしかった気がします。そのかわりと言ってはなんだけれども、エロティックな方はサービス満点で、出てくる所員のお姉ちゃんがやたらと脱ぎまくりでびっくり。エロ・グロ指数は高めだが、恐怖指数は低めのやっぱりB級映画な本作は、「さすがコーマン」と納得の1本でしょう。

エグザビア02

エグザビア03





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/430-6ce8aa66
    この記事へのトラックバック


    最新記事