エルム街の悪夢3 惨劇の館

2016年09月29日 10:30

エルム街の悪夢3001

【原題名】A NIGHTMARE ON ELM STREET 3: DREAM WARRIORS
【製作】ロバート・シェイ
【監督】チャック・ラッセル
【脚本】ウェス・クレイヴン、ブルース・ワグナー、チャック・ラッセル、フランク・ダラボン
【撮影】ロイ・H・ワグナー
【音楽】アンジェロ・バダラメンティ
【出演】ヘザー・ランゲンカンプ、パトリシア・アークエット、ラリー・フィッシュバーン、プリシラ・ポインター、クレイグ・ワッソン、ロバート・イングランド、ジョン・サクソン、ジェニファー・ルービン
1987年/アメリカ映画/97分


【STORY】
悪夢に悩まされ続けていた女子高生のクリスティンは治療のため精神病院へ収容されるが、そこでは彼女と同じように悪夢を見るティーンエイジャーたちが入院していた。医者たちは彼らの言い分をロクに信じようとはせず、一般の治療を試みるが改善する兆しは全くなかった。そこへ、かつてフレディと戦ったエルム街出身のナンシーが研究者として病院へやってくる。ナンシーは患者である若者たちと接触し、彼らが昔の自分と同じようにフレディの悪夢に苦しめられていると確信する。クリスティンが夢の中へ仲間を連れ込める能力があることを知ったナンシーは、仲間たちと夢の中でフレディと対決することを試みる。


【REVIEW】
イマイチの評価だったPART2を経て、ウェス・クレイヴンが脚本に参加、初代ヒロイン・ナンシー役のヘザー・ランゲンカンプも復帰したエルム街3作目。パトリシア・アークエット演じるクリスティンとWヒロインな設定で、原題の『~DREAM WARRIORS』にもあるように、明確に主人公たちとフレディと対決するのが本筋になっていて、この路線はシリーズ後半の定番となっていきます。対するフレディも、TVと合体したり、巨大なヘビ状になって襲って来たり、カギ爪の代わりに両手が注射針になってドラッグを注入したりと、夢の中ではやりたい放題、実にバリエーション豊かな襲い方を披露してくれます。また、コミカルな一面も見せ始め、被害者を怖がらせ、いたぶってからとどめを刺してゆくというスタイルも、本作から始まった感があります。いわば、シリーズの方向性を決定づけた1作、逆に本作の成功がなかったら、シリーズも終わっていたかもしれません。製作陣も、既出のクレイヴン意外にも、監督のチャック・ラッセル、脚本のフランク・ダラボンら、多方面でも活躍する人材が結集していて、やっぱり、才能ある人らが集まれば結果が出るのかな~と思ったりもしました。

エルム街の悪夢3002

エルム街の悪夢3003





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/444-f826b1b0
    この記事へのトラックバック


    最新記事