ポルターガイスト(2015)

2017年03月28日 18:15

ポルターガイスト01

【原題名】POLTERGEIST
【製作】サム・ライミ、ロブ・タパート、ロイ・リー
【監督】ギル・キーナン
【脚本】デヴィッド・リンゼイ=アベアー
【撮影】ハビエル・アギーレサロベ
【音楽】マルク・ストライテンフェルト
【出演】サム・ロックウェル、ローズマリー・デウィット、サクソン・シャービノ、カイル・キャトレット、ジャレッド・ハリス、ケネディ・クレメンツ
2015年/アメリカ映画/94分


【STORY】
エリックとエイミー夫妻は3人の子供たちと郊外の住宅地に引っ越してきた。しかし、不気味な物音、突然点灯する電球、庭地に埋められた謎の骨、など怪現象が続発、末娘のマディソンは深夜にテレビと会話していた―。ある晩、パーティーに出かけた夫妻は家に帰るとマディソンが居なくなっていることに驚く。超常現象との因果関係を疑った夫妻は、その筋の専門家を訪ね、原因を探ってもらうが、専門家の手に負えず霊媒師に助けを求める。

【REVIEW】
オリジナルはもちろん、1982年のスピルバーグ製作×フーパー監督のSFX大作で、その後シリーズ化もされたが、出演者など関係者が次々に亡くなり、「呪いか・・・!?」となった曰くつきの作品。今回は、サム・ライミが製作に当たり、オリジナルストーリーに沿って、スマホやドローンなど現代のアイテムも絡めた現代的な感じに仕上げている。末娘が真夜中に会話するテレビが本作では大型液晶テレビで、オリジナルがブラウン管なのがやっぱり時代を感じさせます。

家の側にそびえる木が怪物のようになって襲って来たり、この世とあの世をつなぐロープを家族で引っ張ったりするあたりはオリジナルに忠実、霊媒師役が女性→男性に変更されているが、これはこれで悪くないキャスティングで、味があっていいと思う。しかし、見終わってオリジナルと比べると何か物足りなさを感じるのも事実。これは、上映時間が115分から94分と20分も短くなったことで、簡潔だがダイジェスト版のようになってしまったことが一つの要因。尺が長ければ良いというものではないが、あまりにもテンポよく進むので、登場人物に感情移入できないまま、アッという間のエンディングを迎えてしまう。

あと、オリジナルでは、末娘のキャロルアンがあの世から戻ってきて元の生活に戻った・・・と思ったら再び怪現象が起こり、地下から埋葬されていた遺体がワラワラ出てくる下りが好きなのだが、リメイク版では墓地の遺体が地下に残ったままであることが先に明かされていて、この辺も物語が端折られた感があって、やっぱり最後がイマイチ盛り上がらない。オリジナル未見の方なら、そうは感じないかもしれませんが、どうしても比較してしまうとそんな感じがします。ただ、3D映画として企画されたこともあって、映像と音響に関しては楽しめることは間違いなく、四方八方から聞こえてくる物音、光の渦、明かされるあの世の映像(この辺はドローンがうまく生かされている)など、見て損のない1本だと思います。

ただ、個人的には、やっぱりオリジナルの方がいいよなあ~、です。日曜洋画劇場で頻繁に見た記憶があって、あの頃が思い出されて懐かしい。

ポルターガイスト03

ポルターガイスト02




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/475-cee00043
    この記事へのトラックバック


    最新記事