愛蔵版 日本ヘラルド映画全史1956-2006

2017年03月24日 12:06

今月号の映画秘宝の特集「愛蔵版 日本ヘラルド映画全史1956-2006」が素晴らしい。パイ・インターナショナルから刊行された『日本ヘラルド映画の仕事 伝説の宣伝術と宣材デザイン』を記念しての特集だが、懐かしい映画のオンパレード。『地獄の黙示録』『エマニエル夫人』『愛の嵐』などから、『ゾンビ』『悪魔のいけにえ』『死霊のはらわた』などのホラー作品、『吐きだめの悪魔』『片腕サイボーグ』などのヘラルド・ベスト・アクションシリーズなど、70~80年代のピンポイントの作品がずらり。

インターネットのなかった時代は、TVCMや新聞広告、チラシなんかで情報収集していて、その煽り文句に期待を膨らませて劇場へ向かったもの。当然、配給会社のキャッチコピーに騙されてうなだれて家路に着いたことも多々あったが、思いもよらぬ収穫を得て、その後何度も見る羽目になった名作もありました。今では、こんな突き抜けた宣伝はめっきり減り、寂しい気もしますが、このある意味嘘とハッタリの美学というものも映画の味のような気もします。


特に『悪魔のいけにえ』、『悪魔のはらわた』のチラシは、もはや芸術的な感じのするデザイン。
081010000056-0.jpg

081010000057-0.jpg




個人的には、本家版より日本版の『スペースバンパイア』のデザインも大好きです。
151020000003-0.jpg
(上記3枚とも、「映画チラシサイト」より)








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/476-6a6ef483
    この記事へのトラックバック


    最新記事