クロユリ団地

2017年03月30日 07:59

クロユリ団地03

【製作】鳥羽乾二郎、井坂正行、寺田篤、秋元一孝、藤岡修
【監督】中田秀夫
【脚本】加藤淳也、三宅隆太
【撮影】林淳一郎
【音楽】川井憲次
【出演】前田敦子、成宮寛貴、勝村政信、西田尚美、佐藤瑠生亮、田中奏生
2013年/日本映画/106分


【STORY】
古びたクロユリ団地に引っ越してきた明日香は、母親に挨拶に行ってきてほしいと頼まれ、向かいの部屋を訪ねるが、ドアは僅かに開いていたが誰も出てこなかった。壁伝いに聞こえる何かの音が気になる中、再び部屋を訪ねた明日香は老人が孤独死しているのを発見する。ショックを受けた彼女は、遺品整理にきていた業者の笹原に悩みを打ち明ける。情緒不安定になった明日香を気遣う笹原は再び団地を訪ねるが、部屋には明日香一人が放心状態で居た。実は、数年前に彼女以外の家族は交通事故で死亡しており、親戚の家で暮らしていた明日香は自立するため、この団地に一人で越してきたのだった。彼女が老人の霊に取りつかれているのではないかと考えた笹原は霊媒師に相談するが、原因は別にあった。明日香が越してきてから親しくなっていたミノルという少年が居たが、ミノルは13年前にかくれんぼをしている最中焼却炉に閉じ込められてそのまま事故死していたのだった。

【REVIEW】
企画:秋本康、監督:中田秀夫、前田敦子と成宮寛貴のW主演のサスペンスホラー。主役の2人がそれぞれつらい過去を引きずっており、そこにつけこもうとする霊との対決を主軸にストーリーが展開していく。・・・はずだが、出来栄えは・・・。前田敦子の演技が及第点かどうかはさておき、「どーしたんだ!?中田秀夫??」といいたくなるような演出には終始疑問符が。孤独老人の発見のくだりはいい雰囲気だったのに、その後は盛り上がることなく終了。元凶であるミノル少年がなぜか怖くなく、「これで終わってしまうの???」というラストに唖然。テレビの2時間ドラマならこれでもいいけれど、お金を払って劇場に見に行くのはちょっとためらってしまう内容としかいえません。中田監督にも、舞台が老朽化した団地で、恐怖体験をするというのはすでに10年前に『仄暗い水の底から』でやっているのに、それを越えるものを出さないでどうするの!?と思わず突っ込んでしまうような・・・。残念。


クロユリ団地02

クロユリ団地01




コメント

  1. ゆきやまま | URL | M8wPbJsk

    Re:クロユリ団地

    これ…『序章』(ドラマ)があって、前日譚なんですけど、そこで初めてミノル君のことが語られるんです。まあ…フェアじゃないって言われればそれまでですが、私のところでネタバレしてますので、気になるなら…ならない?(笑 悲惨は悲惨ですが、ん、Jホラーって感じです。

  2. Aki | URL | -

    Re:クロユリ団地

    ドラマ版は未見でしたので、シリーズを通して見れば、また違った印象になったのかもしれませんね(ミノル君の印象も)。不幸な死に方をした人が生きている人を引きずり込もうとする、というのも分かる気がしますが、巻き込まれた方もまた不幸に・・・。負の連鎖はどこかで断ち切らんと駄目だと思うのですが、この作品もみな救われずに終わってしまってますね。
    それにしても、前田のあっちゃん、もう少し可愛く撮れなかったのか!?そこが気になります・・・。

  3. ゆきやまま | URL | M8wPbJsk

    Re:クロユリ団地

    あっちゃんのファンの人にはガックシな作品かもしれないけど、私は逆に彼女の女優魂を見た気がしました(ブサイクすぎて)。それが唯一ポイント高かった点です。

  4. Aki | URL | -

    Re:クロユリ団地

    確かに一部ファンの受けを狙って綺麗に撮った映画ではないので、そこはいいと思います。ホラーの女優さんは、怖がって叫んでなんぼのもんでしょうからね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/479-ea16b745
この記事へのトラックバック


最新記事