リアル鬼ごっこ(2015)

2017年04月08日 00:50

リアル鬼01

【製作】谷島正之、稲垣竜一郎、大野貴裕
【監督】園子温
【脚本】園子温
【撮影】伊藤麻樹
【音楽】菊地智敦
【出演】トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜、桜井ユキ、高橋メアリージュン、磯山さやか
2015年/日本映画/85分


【STORY】
山奥の一本道、女子高生を乗せた観光バスが2台走っている。後ろの車に乗っていたミツコは筆記具を拾おうと屈んだ瞬間、“風”が吹き、バスの上半分が吹き飛んだ。バスに乗っていた同級生たちは全員上半身が吹き飛んで死亡。一人難を逃れたミツコは、追ってくる“風”から逃れようと走って逃げる。ふと気が付くと、学校の登校途中に合流、友人と談笑し普通の学校生活を送っているかのようだったが、授業中に教師が突然機関銃を乱射し生徒を皆殺しにする。訳のわからないままミツコは他の生徒たちとともに学校を脱出するが・・・。


【REVIEW】
山田悠介作のベストセラーの園子温が映画化。これまでにも何度か映画化されてきた本作だが、園子温版は設定をバッサリ変更、対象を佐藤さん→女子高生に変更し、逃げ惑う彼女たちをひたすら殺しまくるシュールな映像世界を展開している。これは、トリンドル玲奈・篠田麻里子・真野恵里菜のトリプル主演という異例のキャスティングもしかりで、主人公が気が付くと女子高生(トリンドル)からウェディングドレスの花嫁(篠田)、そしてマラソンランナー(真野)に変わっていて、主人公自身も何が何だかわからないまま逃げる展開となり、観ているこっち側も???というストーリー。一応、最後に種明かしというか、この世界の裏側を説明してくれるのだが、これがなんともチープな動機と登場人物の姿で、なんだか悲しくなってくる終わり方。できれば、最後の男社会を見せずに、謎は謎のままで終わらせてくれたほうが良かったんじゃあないかと思った次第。

とまあ、ストーリーは全く評価しずらいんですが、その代わりに映像は楽しい限り。出てくる女子高生がひたすら殺されまくるというとんでもない映画ですが、これが見せたかったんだという気概は十分に感じられる素晴らしいクレージーな出来♪冒頭の胴体真っ二つの惨劇シーンの連続から始まり、学校での大量銃殺場面はなかなかの見応え。その後はトーンダウンしてしまうのは残念ですが、とりあえず、女子高生を殺しまくるという、萌えとスプラッターの融合した稀有な作品であることは断言できます(物語を含めた、総合的な映画としてのおもしろさは期待できませんがねー)。

リアル鬼02

リアル鬼03




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/483-bf5ecec4
    この記事へのトラックバック


    最新記事