スクリーム・ガールズ~最後の絶叫~

2017年05月05日 19:50

スクリームガールズ01

【原題名】THE GIRL IN THE PHOTOGRAPHS
【製作】アンドレア・チュン、トーマス・マホニー
【監督】ニック・サイモン
【脚本】オズグッド・パーキンス、ニック・サイモン、ロバート・モラスト
【撮影】ディーン・カンディ
【音楽】ニマ・ファクララ
【出演】カル・ペン、クローディア・リー、ケニー・ウォーマルド、ミランダ・レイ・メイヨ
2015年/アメリカ・カナダ映画/98分


【STORY】
スピアフィッシュという田舎町でスーパーのレジ係で働くコリーンは、ある日店の掲示板に女性の死体写真が貼られているのに気づいて警察に届けるが、事件性はないと判断され取り合ってもらえない。その頃、ネットでその写真を見た写真家のピーターは刺激を受けロサンゼルスからスピアフィッシュまで撮影にやってくる。買い物途中でコリーンを見かけ気に入ったピーターはパーティーに来るように誘う。友人のジルを誘ってパーティーに出かけたコリーンだったが、彼女の車のフロントガラスには、新しい犠牲者の写真が貼られていた。

【REVIEW】
死体写真を撮影するために若い女性を誘拐する連続殺人犯の凶行を描いたホラー。殺害してその姿を写真に撮り、そしてそれをヒロインに見せつけるというあたりが一風変わっていて猟奇性も感じさせるのだが、それ以外はいわゆる普通のスラッシャームービータイプの映画。殺される人数もそれなりにあるし、ゴアシーンも用意されているのだが、全体的によくまとまりすぎた感があって、やや印象が薄く感じられるのが残念。せっかく、さらってきた犠牲者を折に閉じ込めてなぶったりするのに、その辺の描写が希薄であったり、犯人が割と早く顔出ししてしまって、「意外な人物が犯人だった!!」という謎解きもない、バランスがいいが逆に突出したところもないというのが本作の弱点でしょう。

製作総指揮に名を連ねているのが故ウェス・クレイヴン。これが最後の仕事だったようで、プロモーションもクレイヴンの名前で売ろうと考えたのか、邦題に『スクリーム・ガールズ』とあるのも、ヒットシリーズにあやかろうとしたんでしょうが、イマイチ。ラストシーンを見れば、原題名の方がしっくりくるんだけれども、このラストって・・・うーん、よくわからん、消化不良な感じでした。

スクリームガールズ02

スクリームガールズ03




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/484-44e3462d
    この記事へのトラックバック


    最新記事