恐怖の子守歌 衝撃の夜・女子大生の異常な体験

2017年05月04日 20:34

恐怖の子守歌01

【原題名】FRIGHT
【製作】ハリー・ファイン、マイケル・スタイル
【監督】ピーター・コリンソン
【脚本】チューダー・ゲイツ
【撮影】イアン・ウィルソン
【音楽】ハリー・ロビンソン
【出演】スーザン・ジョージ、イアン・パネン、オナー・ブラックマン
1971年/イギリス映画/84分


【STORY】
人里離れた屋敷にベビーシッターとしてやってきた女子大生のアマンダ。ロイド夫妻が出かける間、幼子のタラの面倒を見ることになる。夫妻が出かけた後、彼氏のクリスがやってくるが、喧嘩して追い出してしまい、外から様子を伺っていたクリスは何者かに襲われる。ほどなくして隣人を名乗るブライアンという男が訪問してくる。彼は、以前異常な行動に及んだため精神病院に隔離されていたタラの父親だった。病院を抜け出して戻ってきたブライアンは、次第にその異常性をアマンダに向け始める。


【REVIEW】
ベビーシッターの女子学生が精神異常者にいたぶられるサイコサスペンス。舞台が、屋敷と夫妻が出かけるバーくらい、さらに登場人物も少なめでこじんまりとした作品だが、アマンダとブライアンの2人の俳優の演技で最後まで魅せる英国製の佳作。精神病院に閉じ込めた恨みから復讐に戻ってくるものの、いまだ捨てきれない妻と子供への愛情から、グラグラと揺れ続ける感情の波がよく描かれていて、単なる狂人ではない、一人の人間の変わり果てた姿をうまく表現できています。それに対して、恐怖の一夜を体験する女子学生役にスーザン・ジョージ。ソフトパッケージなんかの解説からは、彼女のエロティックな側面を強調してますが(まあ、体のラインを強調した衣装や、それっぽいシーンもあるんだけれども)、異常な男に追い詰められていく情緒不安定なヒロインを熱演していて、ここがこの映画の一番の見どころ。ホラー映画のヒロインは殺人鬼に追い詰められて、逆に返り討ちにしちゃう強いケースもありますが、70年代はそうもいかず、やられるのをじっと耐え忍ぶのが時代かなーという気もします。ただ、最後にやってしまうのは、ちょっと驚きの展開で、「いきなり撃っちゃう!?」という感じで、なんともいえない後味の悪さが・・・。地味だけど、印象に残る映画です。

恐怖の子守歌02

恐怖の子守歌03




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/485-e0f8e118
    この記事へのトラックバック


    最新記事