RE-KILL リ・キル 対ゾンビ特殊部隊

2017年04月16日 12:05

【原題名】Re-Kill
【製作】ジュリアス・R・ナッソー、コートニー・ソロモン
【監督】バレリー・ミレフ
【脚本】マイケル・ハースト
【撮影】アントン・バカースキー
【出演】スコット・アドキンス、ブルース・ペイン、ロジャー・R・クロス
2013年/アメリカ映画/87分


【STORY】
謎の感染病により人類の約8割がゾンビになってしまってから数年、ゾンビ鎮圧のため設立された特殊部隊“R師団”は日々ゾンビせん滅作戦を行っていた。ある日、隔離されているはずのN.Yの町にゾンビが密かに運び込まれているという情報を得た部隊は、その情報の真偽を確かめるべく、現地へ向かう。

【REVIEW】
単純に「ゾンビの大群VS軍隊」を見たかったので借りた1本。ちょっと変わっているのは、TVレポーターが特殊部隊に随行していて、彼らのカメラ目線であること、ときおりプロパガンダ的なCMが挿入されること、そして、隊員が死んだら彼らがどんな人間だったかいちいち解説映像が流れること・・・。正直、このTV番組的な作りがおもしろいのかどうかはさておき、個人的には不要じゃない!?と思った次第。なんか『スターシップ・トゥルーパーズ』を思い出して懐かしかったが、CM自体もそれほど印象に残ってなかったんで、どうなん??といった感じ。そして、肝心の戦闘シーンだが、走る大量のゾンビが出てくるのは良かったが、画面が暗いシーンが多いのは×。夜のシーンってどうしても暗くなりがちだが、リアルさを追求するよりも、映画なんだから白昼堂々ゾンビたちを倒しまくる場面が見たかった・・・。そこはCGの予算的な制約もあったかもしれませんが。うーん、全体的にイマイチな印象。


予告編・・・!






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/487-0604fb5c
    この記事へのトラックバック


    最新記事