バイオハザードⅣ アフターライフ

2011年01月02日 22:38

バイオハザードⅣ01
【原題名】Resident Evil: Afterlife
【製作】ポール・W・S・アンダーソン、ジェレミー・ボルト、ドン・カーモディ、ベルント・アイヒンガー、サミュエル・ハディダ、ロバート・クルツァー
【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【脚本】ポール・W・S・アンダーソン
【撮影】グレン・マクファーソン
【音楽】トムアンドアンディ
【出演】ミラ・ジョボビッチ、ショーン・ロバーツ、ポリス・コジョー、アリ・ラ―タ―、ウェントワース・ミラー、セルジオ・ぺリス=メンチェッタ、キム・コーツ、スペンサー・ロック
2010年/イギリス=ドイツ=アメリカ映画/97分


【STORY】
東京・渋谷の地下に要塞を築いていたアンブレラ社をアリスが自身のクローンたちと急襲、アンブレラ社は壊滅的な被害を受ける。基地を率いていたウェスカー議長は基地を爆破して脱出する。オリジナルのアリスも生き延びていて、その後感染の及んでいない安息の地「アルカディア」を目指し飛行機で向かうが、そこは無人の地だった。途方に暮れるアリスに襲いかかる謎の人物、それはアルカディアに向かったはずのクレアだった。彼女は記憶を無くしていて、一緒にこの地へ向かった仲間たちのことも覚えていなかった。

生存者を探しアラスカから南下した2人はロサンゼルスへたどり着く。おびただしいゾンビの群れに囲まれた刑務所で生存者を見つけた2人は飛行機を着陸させる。そこで、アリスたちは「アルカディア」が地名ではなくロス沖に停泊する船の名前であると聞かされる。


【REVIEW】
1作目のポール・W・S・アンダーソンが再登板したシリーズ4作目。3D化もあって弾丸や斧、水しぶきなんかが飛び出してくるように撮影されていて、おもしろい。しかし、オープニングの地下要塞襲撃シーンや、ウェスカーが弾丸を避けまくるアクションシーンなんかは3D化したマトリックスとしか思えないがどうだろうか!?私にはウェスカー議長がエージェントに見えました・・・。

ゲーム版バイオの『2』をよくプレイした覚えのある自分は、前作に続いて登場のクレアが活躍しているのは嬉しいところです。兄弟のクリスが出て来るのも○(ちょっと偶然&突然すぎる感もありますが)。ただし、その分、主人公のアリスのアクションがかなり減ってしまった気がします。クライマックスであるはずの船内でのバトルもあっさりしすぎていて物足りないのは残念。ミラに関しては、次回作も出るのか、これで終わりなのかいろいろと憶測が出ているそうですが、どうなんでしょうか。映画版『バイオハザード』の顔であった彼女でしたが、次作以降がゲーム版に近づいていくのなら、キャラクターを入れ替えていくのかもしれませんね。ちなみに、冒頭の渋谷でのシーンで日本人感染者役で中島美嘉も出演しています。噛みつくシーンがちょっとコワイ・・・。







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/50-e8c892c6
    この記事へのトラックバック


    最新記事