ショック!残酷!切株映画の逆襲

2018年02月02日 17:27

切株逆襲

出版社:洋泉社
ページ数:239頁
編:高橋ヨシキ+DEVIL PRESS MURDER TEAM
発行日:2009年6月2日
定価:1,300円(本体)


“衝撃!神よ!人間はどこまで残酷になれるのか!?
 サイコ画像も裸足で逃げ出す衝撃の人体破壊描写シーン、その極北に迫る!”
・中原昌也と往く地獄めぐり これが切株映画だ!
・世界切株映画ポスター集
・切株派宣言
・映画に潜む切株の魔
・切株派提唱者 中原昌也が語る「切株とは何か」
・スプラッターからアジアン・ホラーまで、残酷表現の変遷を辿る
・日本人の知らないドイツ・ホラー史
・インドネシア・グログロ・ホラーの世界
・モンド映画の切株の価値
・アメリカの映倫MPAAの正体
・恐怖去勢映画
・マスター・オブ・ゴア、トム・サヴィーニの肖像
・フランク・へネンロッター、最新作『バッド・バイオロジー』とサムシング・ウィアードビデオの黎明について語る
・『スリーピー・ホロウ』で切株ゴロゴロ! 本当は怖いティム・バートンのダーク・ファンタジー
・リドリー・スコットの残酷描写
・チャールズ・マンソン事件の映画化にとりつかれたインディー・ホラーの巨人ジム・ヴァンベッバー
・『マーターズ』監督パスカル・ロジェ
・あなたの知らない切株紳士録
・21世紀の残酷王子マイケル・ベイ
・ささくれた心に刺さる切株ノワール・ブックガイド
・ロンドン大殺戮!漫画もアニメも凄いことになっている『HELLSING』に注目
・牧口雄二と70年代東映エログロ路線こそが最高!
・増村保造が描く暑苦しい切り口
・あっ!怪獣が切株に!!大映『ガメラ』路線の残酷バトル
・小水ガイラと佐藤寿保、エロス以上に暴力に興奮する80年代ウルトラ・ポルノ
・こどもが教師の生首でサッカー!地球は壊滅!ヤクザは皆殺し!三池崇史の切株ワールド
・新世紀の日本切株映画を背負って立つ、残酷効果請負人・西村喜廣の世界


映画における人体破壊及び切断シーンを通称“切株”と命名し、古今東西の切株シーンの登場する映画を集めた『切株映画の世界』の続編。取り上げられる映画はやはりホラー映画が圧倒的ですが(人が殺されるのがほぼ当たり前だし)、それ以外のジャンルの映画も合わせれば、まだまだネタは尽きないのか!という感じで、今回もいろんな映画が登場します。人体破壊と言えば、それをクリエイトしているのが特殊効果やメイクアップを仕事としている人だが、本書ではトム・サヴィーニにスポットを当てて紹介。彼の生み出した数々のスプラッターな描写はファンを歓喜させたが、70~80年代にはこのメイクアップ・アーティストたちが一番輝いていた時代で、サヴィーニ以外にも、ディック・スミス、リック・ベイカー、ロブ・ボッティン、スタン・ウィンストンなどなど、多種多様な人物が腕を競っていた時代でもあったわけで、彼らを特集するだけでも本が1冊出来上がってしまうくらいでしょう(できればどこかで出してほしいけれど)。

他にへネンロッターとパスカル・ロジェのインタビューが掲載されているが、これは同時期に新作がちょうど公開されるタイミングであったからかと思われるが(へネンロッターは『バッド・バイオロジー』、ロジェは『マーターズ』)、普段あまり日の当たることの少ない、切株映画監督にスポットを当ててくれるのは嬉しいところです。で、このシリーズ、巻末に『切株映画の帰還』が刊行予定と記載されているが、それ以降出ていないようなので、残念ながら立ち消えになってしまったようです。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/550-e37629d8
    この記事へのトラックバック


    最新記事