美女のはらわた

2018年01月31日 19:26

Bijo_no_harawata01.jpg

【製作】佐藤祀夫 、半沢浩
【監督】ガイラ
【脚本】ガイラ
【撮影】大澤栄一
【出演】小沢めぐみ、石井絢子、北川聖良、吉沢健
1986年/日本映画/68分


【STORY】
女医のひろみは、ヤクザから逃げ延びてきた少女を助けようとするが、眼前で飛び降り自殺されてしまう。少女を救えなかった自責の念からヤクザたちに報復を試みるが、逆に彼らに捕まったひろみは輪姦されたあと、エンジェルレインというドラッグを打たれてしまう。動かなくなったひろみをヤクザたちは遺棄するが、エンジェルレインの効果で甦ったひろみは怪物に変身し、ヤクザたちを血祭りに上げていく。

【REVIEW】
「はらわた」シリーズの第2弾。今度は犯された女医がヤクザたちを皆殺しにする復讐もの。劇中登場するエンジェルレインという謎のドラッグの投与された量が多かったのか、女医のひろみは絶命。しかし、下手を打って処刑されていたヤクザの青年の死体と合体して筋肉剥き出しのモンスターとなって復活。両性具有のこのモンスターは女性と交わったときは(まるでエイリアンのような)男性器でヤクザの情婦の腹を突き破って殺し、男性とヤルときは(なぜか、人間のひろみの姿に戻る)怪力で首をねじり殺してしまう。前作『処女のはらわた』はエロシーンが非常に多かったが、続編の本作は、エロ度がやや控えめになり、その分スプラッター度はパワーアップ。血糊の量も増え、モンスターの造形もグロくて当時としてはよく頑張っていたなあと感じます。

だがしかし、ドラマ部分は薄く、ひろみを演じる小沢めぐみのセリフ棒読み感はAVのドラマ部分のそれとほぼ同じ感覚。また、やくざの事務所も出てくるやくざの組員たちも迫力不足で、この辺は低予算映画の泣き所か。たまたま助けた見ず知らずの少女のために、危険を顧みずヤクザに復讐しようとするひろみの動機付けもあまりピンと来なかったのも残念。ともあれ、エロとグロのバランスは前作よりも遥かに良くなっているし、映画自体のテンポもいい。日本映画におけるエログロスプラッターの屈指の1本。

Bijo_no_harawata_04.jpg

Bijo_no_harawata_02.jpg






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/552-b780e354
    この記事へのトラックバック


    最新記事