トランス/愛の晩餐

2018年02月07日 19:26

トランス03

【原題名】DER FAN
【製作】バーバラ・モールセ、マルティン・モスコヴィッツ
【監督】エックハルト・シュミット
【脚本】エックハルト・シュミット
【撮影】ベルント・ハインル
【音楽】ラインゴールド
【出演】デレジー・ノスブッシュ、ボド・スタイガー
1982年/西ドイツ映画/90分


【STORY】
ロックシンガー“R”の熱狂的なファンのシモーヌは、彼宛のファンレターを送る毎日。返事は来ないが、その想いが募って、家出し会いに行くことに。大勢のファンに囲まれているRを見つけたシモーヌは偶然にも声をかけられ、興奮のあまり失神してしまう。気が付くとそこはRの別荘で、シモーヌは彼と夢のような一夜を過ごすが、翌朝Rは別人のように冷たくなっていた。感情を抑えきれないシモーヌは衝動的にRを撲殺し、死体を電動ノコギリで切り刻んでゆく。


【REVIEW】
ドイツ製青春カニバリズムムービー。可愛さ余って憎さ百倍というのはよくあるが、自分のものにならないのならいっそ殺してしまおうか・・・。極端な発想のような気がするが、主人公がおそらくまだ10代で、夢中で周りが全く見えていない状況ならあり得そうな話だ。物語前半は、シモーヌが憧れのロックスターに思いを募らせる風景をゆったり描いていて、どちらかといえば退屈な運びだが、その想い人を殺してからは急転直下、電動ノコギリでバラバラに切断→冷凍庫に保存→調理して食べる→残った骨は粉砕して散骨、と怒涛の展開に。特に、殺した直後からの解体シーンは、全裸でセリフも一切なし、淡々と作業をこなすシモーヌの姿が切なくも美しく感じられる。この解体シーンの直接的な描写が少ないためゴア度は低い。もっとも、迷いなく彼の肉体を取り込んでいく様子は愛する者と一体化しようとする倒錯した愛情表現であり、ホラーというより異形の恋愛ドラマなのかもしれない。

主演のノスブッシュがその後、アイドル化して人気が出たため、本作の上映差し止め訴訟を起こしたのは有名なエピソード。でも、体当たりでこの役を演じきったからこそ、今もこうして作品が残っているのでは。ブルーレイ化もされましたしね。


トランス01
シモーヌがいつも身に着けている、ソニーのウォークマンが時代を感じさせます。


トランス02




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/557-4542e90d
    この記事へのトラックバック


    最新記事