キャビンフィーバー(2016)

2018年02月09日 17:54

キャビンフィーバー01

【原題名】CABIN FEVER
【製作】エヴァン・アストロウスキー、クリス・ルモール、ティム・ザジャロフ
【監督】トラヴィス・Z
【脚本】イーライ・ロス、ランディ・パールスタイン
【撮影】ギャヴィン・ケリー
【音楽】ケヴィン・リープル
【出演】マシュー・ダッダリオ、ゲイジ・ゴライトリー、ダスティン・イングラム、サミュエル・デイヴィス、ナディーン・クロッカー
2016年/アメリカ映画/98分


【STORY】
森の中のキャビンでバカンスを楽しみにやってきたポール、カレン、バート、マーシー、ジェフの若者5人組。羽目を外して騒いでいる彼らの前に全身血だらけの男が助けを求めてきた。その不気味な風貌に5人は追い払おうとして、松明の火が男の体に引火、火だるまになった男はもがきながら逃げて行った。翌日、カレンの下半身の皮膚がめくれ上がり血が噴き出していることが分かる。昨夜の男の病気が移ったのではないかと思った彼らは、カレンを別の小屋に隔離する。車が故障して足を失ったため修理を試みるポールたち。その間にも、謎の皮膚病は仲間内で広がりつつあった。

【REVIEW】
イーライ・ロス版『キャビンフィーバー』1作目のリブート作。設定も展開もほぼ同じだが、細部が微妙に変更されている。出てくる保安官が男性から金髪の女性に変わっていたり、ラストシーンも病院の場面が無くなり、森の中で息絶えている場面に変わっていたり。グロ度は同程度保っているのだが、オリジナル版にあったちょっとした可笑しさ(店の子供の謎のカンフー場面とか、間抜けな保安官の行動とか)がリブート版にはなく、どちらかといえばひたすらグロシリアス路線というか。好みの問題もあるが、怖さと笑いをうまくミックスさせていたオリジナル版の方が、鑑賞後に不思議な印象を残す分やはり軍配が上がる。比較しなければ、リブート版も平均点クラスなので、見て損はないでしょう。

キャビンフィーバー04

キャビンフィーバー02




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/558-7ecb4bfd
    この記事へのトラックバック


    最新記事