4匹の蠅

2018年04月01日 10:26

四匹の蠅03

【原題名】QUATTRO MOSCHE DI VELLUTO GRIGIO
【製作】サルヴァトーレ・アルジェント
【監督】ダリオ・アルジェント
【脚本】ダリオ・アルジェント、ルイジ・コッツィ、マリオ・フォリエッティ
【撮影】フランコ・ディ・ジャコモ
【音楽】エンニオ・モリコーネ
【出演】マイケル・ブランドン・ミムジー・ファーマー、ジャン・ピエール・マリエール、バッド・スペンサー、
1971年/イタリア映画/101分


【STORY】
ロックバンドのドラマーのロベルトは最近、見知らぬ男に付け回されていてウンザリしていた。ある晩、リハーサルを終えた後、立ち去ろうとするその男を発見したロベルトは後を追い、なぜ自分を尾行するのか詰問する。口論となり、男はナイフを持ち出し脅すが、揉み合いの末、ロベルトはナイフで男の腹部を刺していた。男は倒れ落ちるが、そのとき何者かがその瞬間をカメラに映していた。

その後、ロベルトの自宅に死んだ男の身分証や犯行現場の写真が送られてきて、ある晩ロベルトは侵入してきた不審者に脅迫されて殺されかける。警察に頼れないロベルトは親友のゴッドフリーに相談、私立探偵も雇って犯人捜しを開始する。しかし、ロベルトの家のメイドが殺され、犯人を見つけ出していた私立探偵も殺されてしまう。恐怖で混乱する妻のニーナを自宅から避難させたロベルトは、代わりに身を案じてくれるニーナの従姉妹のダリアと親密になるが、やがてダリアも殺されてしまう。警察はダリアの網膜に犯人の映像が残っているかもしれないと司法解剖を提案、検査の結果、映っていたのは4匹の黒い蠅だった。

【REVIEW】
歓びの毒牙』『私は目撃者』に続く、アルジェントの初期三部作の三作目。殺害現場を目撃された主人公が、脅迫を重ねる姿の見えない犯人を捜していくというストーリー。動物や昆虫を謎解きのキーワードにしていた作品が続いていたが、ここでは“蠅”が犯人を捜しあてる重要なポイントに。レーザー解析で死ぬ直前に網膜に映っていた映像を観るというのは奇抜なアイデアだが、科学的な根拠は!?と少々疑問符も。犯人が幼少のころに受けた事件で人知れず病んでおり、それが殺人事件の動機になっているのはアルジェントの一貫した犯人像だが、ロベルトをターゲットにした理由はいささか弱い(というか、強引)。

公園で追い詰められていきメイドが殺されるシーン、地下鉄で尾行をしていた私立探偵がトイレで返り討ちに合うシーンなどは、なかなかサスペンスフルで見応えがある。また、ニーナ役のミムジー・ファーマーがラスト車を飛ばしてトラックに激突、フロントガラスが粉々に飛び散り彼女が死んでゆく様をスローモーションで延々と見せるあたりは、アルジェントの異様なこだわりが垣間見える。音楽も安定のモリコーネながらも、本作は一風変わった登場人物で笑いの要素が多いのも特徴。友人のゴッドフリーは川辺に住む浮浪者だし、彼から紹介される私立探偵は事件を全く解決したことのないオカマキャラ、ロベルト宅にやってくる郵便配達員は不審者に間違えられて袋叩きに遭い、次回からは武装して配達に来る仕事熱心な男だったりする。

シナリオが強引、ストーリーの展開がご都合主義なのは、それがアルジェントじゃないか!と許せるなら楽しめるでしょう。殺人場面がおとなしくて流れる血の量は少ないのが残念だが、冒頭で登場する人形と、自分の過去を暴露しロベルトを追い詰めるミムジー・ファーマーの演技は怖い。何よりも、劇場公開から37年間、長らくソフト化されず、幻とされていた本作が、今現在こうして普通に鑑賞できることが嬉しいと思います。

四匹の蠅01


四匹の蠅02






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/574-c435cbef
    この記事へのトラックバック


    最新記事