アイランド・オブ・ザ・デッド

2018年04月05日 16:44

アイランド02

【原題名】ISLAND OF THE LIVING DEAD
【製作】ルイジ・パオルッチ
【監督】ヴィンセント・ドーン
【脚本】アントニオ・テントリー
【撮影】ルイジ・チッカレーゼ
【出演】イヴェット・イゾン、アルヴィン・アンソン、ジム・ゲインズ
2006年/イタリア映画/93分


【STORY】
トレジャーハンターを乗せた船が濃霧に巻き込まれて座礁、航行不能となり、やむを得ず近くの島に上陸する。海図にも載っていない謎のその島を探索すると、16世紀ごろのスペイン人の墓らしきものを発見する。そこに現れた血まみれの男に船員が襲われ、一行は島の砦へ逃げ込む。そこに残されていた書物から財宝が隠されていることを知った彼らは見つけ出そうとするが、集まってきた大量のゾンビと戦うことになってしまう。

【REVIEW】
あのヴィンセント・ドーン監督のゾンビ映画だけに、その出来たるやある程度は想像できるが、結果はやはり期待を裏切らない出来映え。『ヘル・オブ・ザ・リビングデッド』でも、臆面もなく他の映画からいろんな場面を持ってきてくっつけたパッチワークの様なゾンビ映画だったが、本作でもその指向は全くブレておらず、オリジナリティの無さは変わっていない。『サンゲリア』と『ゴーストシップ』が合体したようなストーリーに大量の汚らしいゾンビを登場させて主人公らに襲い掛かからせる。沖に停泊していた船に突如ゾンビ軍団がなだれ込んでくるのも微妙だが(泳いできたのか!?)、16世紀ころの死人なのにあんまし肉体が腐っていないのも説得力に欠ける(その点、『サンゲリア』のゾンビの造形は素晴らしすぎます)。ゾンビ軍団に追われているのに休憩したり、ワインを飲んでくつろいだりと緊張感も皆無、至近距離でゾンビに囲まれてもなかなか襲ってこないのは、ヴィンセント・ドーンの十八番。でも、たまに喰われちゃったりもして、その差が良く分からんかったりします。

後半には、ゾンビ以外にもスペイン人の亡霊のようなものや、フラメンコを踊るゾンビなんかも出てきて、さらに良く分からん展開に。極めつけは、扉から出てきたゾンビに髪の毛を引っ張られたヒロインが、砕けた木片の先に目ん玉が串刺しになりそうな展開に「モロ『サンゲリア』のパクリかい!!」と突っ込みかけると、あっさり助かってしまうという脱力演出。もうどうでもいいです、と諦めているとヒロインだけが助かっていかだで脱出、無事救出されます。そして、その後は『ゾンビ2009』に引き継がれていくという、まさかの続編的展開に。しかも、これがドーン監督の遺作。ほぼ『エイリアン2』の焼き直しの様なゾンビ映画が生涯最後の作品というのも、彼の映画作りをよく表しているのではないだろうか。

アイランド03



アイランド01
ゾンビ映画というジャンルには酷い出来栄えのものも数多く存在するが、本作もその最底辺に位置する1本。ゾンビ映画ファンなら見ておくべきだろうが、それ以外のまっとうな映画ファンには全くおススメできない作品でしょう。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/576-4e7a6b3f
    この記事へのトラックバック


    最新記事