テキサス・チェーンソー

2018年05月10日 00:42

テキサスチェーンソー03

【原題名】THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE
【製作】マイケル・ベイ、マイク・フライス
【監督】マーカス・ニスペル
【脚本】スコット・コーサー
【撮影】ダニエル・パール
【音楽】スティーヴ・ジャブロンスキー
【出演】ジェシカ・ビール、エリック・バルフォー、ジョナサン・タッカー、エリカ・リーセン、マイク・ヴォーゲル
2003年/アメリカ映画/97分


【STORY】
1973年8月18日、5人の若者がワゴン車でドライブしている途中、道の真ん中を呆然としながら歩く少女を見つける。心配した彼らは家まで送り届けようと車に乗せるが、少女は車の向かう方向を見て暴れだす。怯える少女は突然拳銃を持ち出し頭を打ちぬき自殺。5人は助けを求めて近くの民家に向かうが、人皮マスクの大男に襲われる。

【REVIEW】
ホラー映画史に残る名作『悪魔のいけにえ』のリメイク作。あのマイケル・ベイ製作で、これが長編初監督作となるマーカス・ニスペルが演出を担当。心配された出来栄えは、オリジナルとは違った今風(といっても、2003年製作だけど)のスタイリッシュなホラーに仕上がった。フーパー版はオールロケによる現地の生々しい雰囲気(真夏のうだるような暑さが画面から直に伝わってくるような)、殺人鬼一家の異様な風貌と行動、レザーフェイスに襲われる犠牲者の鬼気迫る演技などが一体化し唯一無二の恐ろしい映画だった。このリメイク版では、殺人鬼一家が一見見た目は普通だが、中身は異常と設定が変更、あの狂気じみた食卓風景はなくなり、ほとんどミイラだった爺様も登場しない。

代わりに出てくるのが、リー・アーメイ扮する異様な保安官。こいつが実は一家の一員で、通報を受けてやってくるものの、理不尽な取り調べを行い、若者たちをいたぶるさまが強烈。最後に車に曳かれて死ぬ場面ではおそらく拍手喝采を浴びていたのでは?と思えるくらい。そして、肝心のレザーフェイスは、フーパー版にあったちょっとおどけた雰囲気が無くなり、ひたすら怪物が襲ってくるというキャラクターに。これはこれで迫力があるのだが、人間性が感じられなくなった分、ほとんどジェイソンに近いキャラに見える。また、主演のジェシカ・ビールが逃げ惑うだけではなく強いヒロインを熱演。レザーフェイスの片腕を鉈で切り落としちゃったり、前途の保安官を引き殺しちゃったり(しかも念入りに3回も)、この辺オリジナルとかなり違った印象のキャラになっている。『クライモリ・デッドエンド』では主役扱いだったエリカ・リーセンはほとんど活躍しないまま、あっさり殺されちゃいます。

結果としては、オリジナルとは別路線へ向かっていった感じで、チェーンソーを使ったスラッシャーホラーとしてはまずまずの作品になっていると思う。総合的にオリジナルを超えるのは不可能でも、出来の芳しくなかった3・4作目よりは総じて高評価のようだし、これはこれで楽しめる内容。

テキサスチェーンソー02

テキサスチェーンソー01




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/585-ea793068
    この記事へのトラックバック


    最新記事