悪魔の追跡

2011年03月15日 00:22

悪魔の追跡01
【原題名】RACE WITH THE DEVIL
【製作】ウェス・ビショップ
【監督】ジャック・スターレット
【脚本】リー・フロスト、ウェス・ビショップ
【撮影】ロバート・ジェサップ
【音楽】レオナルド・ローゼンマン
【出演】ピーター・フォンダ、ウォーレン・オーツ、ロレッタ・スイット、ララ・パーカー
1975年/89分/アメリカ映画


【STORY】
ロジャーとケリー、フランクとアリスの二組の夫婦が休暇を楽しむため、キャンピングカーで出発する。途中、見晴らしのよい川辺を見つけ、一晩を過ごすことに。やがて日も暮れ、ロジャーとフランクは車外で酒を飲んでいたが、川の向こう岸で炎を囲んだ怪しい集団を見つける。何かの宗教的な儀式を行っているようなその中で、仮面を付けた男がおり、彼は全裸の少女の胸にナイフを突き立てる!一部始終を目撃してしまったロジャーたちは、その集団に気づかれて、その場を逃げ出す。翌朝、地元の警察に駆け込み、事件の捜査を依頼してその場を後にしたキャンピングカーを、怪しい車が追って行く。


【REVIEW】
都会の人間が田舎をバカンス中に異様な事件に巻き込まれる、という典型的なシチュエーションにオカルト的な要素を加えたB級ホラーの佳作。邪教集団の生贄の儀式を目撃してしまった為、執拗な追跡を受ける主人公たち。事件の捜査を依頼した地元警察、自動車修理屋、ガソリンスタンドの人間、はてはキャンピング場で知り合った人の良さげな夫婦まで、どこへ逃げても信者の手が回っていて次第に追い詰められていく様子は不気味だ。(どんだけこの組織は巨大なんだ!?と疑問も湧きますが)後半は、脅迫に屈しない主人公たちに業を煮やした集団が車で迫ってくるカーチェイスがさく裂!これがなかなかの迫力でグーです。ようやく逃げ切ったと思ったのも束の間、絶望的な幕切れのラストも印象的。

片田舎で入ってはいけない所に来たがために恐ろしい目に遭うというパターンは『悪魔のいけにえ』が代名詞ですが、それにオカルト的なスパイスを利かせたのが本作の特徴。思えば『エクソシスト』や『オーメン』など、70年代はオカルト映画が席巻した時代でもありました。『イージー・ライダー』のピーター・フォンダが主演というのも時代を感じさせますなあ。






コメント

  1. リキマル | URL | 1jhbtX.k

    Re: 悪魔の追跡

    この作品は昔テレビで見てこの田舎の異様なムードが怖くて大変好きな1本です。
    なかなか国内DVD化されなかったので金曜ロードショーの録画テープを何度も繰り返し見ました。
    DVDにはテレビ版の吹き替えもきちんと収録されていて嬉しかったです。
    70年代のホラーには今作のような良質な作品が多かったです。

  2. Aki | URL | -

    Re: 悪魔の追跡

    アメリカの田舎は怖いですね~。人気の無い河原でキャンプしたり、道に迷ったからといって勝手に民家に入って行ったり、もしくはバカ騒ぎしたりすると、とんでもない目に会いそうでコワイです。
    まあ、でも『悪魔の追跡』の邪教集団は、いくらなんでも秘密の儀式をやるにしては、滅茶苦茶見晴らしのいいところでやり過ぎてる気がしますが。そこでなくてはダメなんでしょうかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/59-9efebfa8
この記事へのトラックバック


最新記事