フロム・ビヨンド

2018年05月17日 10:16

フロムビヨンド01

【原題名】FROM BEYOND
【製作】ブライアン・ユズナ
【製作総指揮】チャールズ・バンド
【監督】スチュアート・ゴードン
【脚本】デニス・パオリ
【撮影】マック・アールバーグ
【音楽】リチャード・バンド
【出演】ジェフリー・コムズ、バーバラ・クランプトン、ケン・フォリー
1986年/アメリカ映画/86分


【STORY】
共振器によって脳に刺激を与える実験を行っていたプレトリアス博士が頭をもぎ取られて絶命した。警察は現場にいた助手のクロフォードを逮捕するが、事件の経緯を解明することを女医のマクマイケルズ博士に依頼。彼女は警官のババとクローフォードと3人で事件のあった屋敷で実験を再現することに。実験機械を操作していくの異様な磁場が形成され、死んだはずのプレトリアス博士が異形なる姿で出現、彼は別次元で謎の生命体と融合しこちらの世界に舞い戻ってきたのだった。


【REVIEW】
ZOMBIO/死霊のしたたり』に続いて、スチュアート・ゴードンが再びラヴクラフトの原作をベースに作り上げた作品。といっても、ラヴクラフトの『彼方より』は短編小説で、松果体を刺激する実験機器や博士が死ぬくだりは設定として生かされているが、あとはほとんど映画オリジナル。プレトリアスのグチャグチャして何パターンにも変体していく怪物や、SMテイストなところは別物と言える。

前作に引き続いて、J・コムズ、B・クランプトンが出演。コムズは怪物と化したプレトリアスと対峙する助手役だが、事件の影響で成長し、眉間から飛び出した松果体(グネグネ動いて蛇のよう)に操られて殺人を繰り返すクレイジーな演技を披露。クランプトンは最初真面目な医者役で登場するものの、これまた実験の影響で性欲が暴走、勝手に実験機器を動かしてしまったり、突然SMのボンテージ衣装に着替えて誘惑してきたりとこちらも前作よりも暴走気味。さらに、今回のマッドドクターのプレトリアス博士は趣味が女性をSM部屋でいたぶってビデオ撮りしているというまさに変態なおっさんで、ヌチョヌチョ怪物と化した後もクランプトン嬢をひん剥いて狂喜乱舞する始末。この中では、警官役のケン・フォリーが唯一一番まともな役柄だった(途中で、悲惨な死を迎えてしまうが)。

『ZOMBIO/死霊のしたたり』とほぼ同じ製作・出演で作られた本作は、ややパワーダウンを感じるものの、映画としてはまとまった印象を受ける。しかし、製作費を増やしたおかげでSFXは見応えがあり、プレトリアスの怪物の質感はCGでは出しにくいリアルさが滲み出てていい。そして、何より個性的な出演陣がこの無茶苦茶な設定にも負けず奮闘しているのが素晴らしい。『~死霊のしたたり』が気に入った方は必見の1本。個人的にもお気に入りの傑作。

フロムビヨンド05

フロムビヨンド03





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/590-fde6261a
    この記事へのトラックバック


    最新記事