ザ・リング2

2018年06月09日 11:30

ザ・リング202

【原題名】THE RING TWO
【製作】ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス
【監督】中田秀夫
【脚本】アーレン・クルーガー
【撮影】ガブリエル・ベリスタイン
【音楽】ハンス・ジマー
【出演】ナオミ・ワッツ、サイモン・ベイカー、デヴィッド・ドーフマン、シシー・スペイセク
2005年/アメリカ映画/128分(完全版)


【STORY】
あの事件から半年後、レイチェルとエイダン親子はシアトルを離れ、アストリアという小さな町へ引っ越してきた。地元の新聞社で働き始めたレイチェルだが、10代の青年が変死体で発見される事件を知り、呪いのビデオテープがまだ存在していたことを知る。忌まわしき因縁を断ち切るためそのテープを処分するが、それからエイダンに異変が起こり始める。サマラが再びエイダンに憑りつこうとしている事を知り、レイチェルはサマラの出生の秘密を追っていく。

【REVIEW】
ハリウッドリメイク版『ザ・リング』の続編。ストーリーは日本版とは違いオリジナルもので、監督はこれがハリウッド初進出となった中田秀夫。1作目が日本版とほぼ同じ内容で作られていたのに対し、オリジナルストーリーである2作目は、レイチェル親子を執拗に狙うサマラと、そこから何とか逃れようとするレイチェルの奮闘が主なお話。冒頭で、ビデオを見た青年が変死するが、ビデオテープはこれ以降登場せず、エイダンの周囲や夢の中から徐々に侵食していく。ビデオを見ていないのに変死するレイチェルの同僚や家の中の家具が突然動き出したりと、前作にはなかったルールの変更に戸惑うが、サマラの目的も恐怖の拡散から母親への愛情を求めていた、に変わっており、ホラー映画としてはそれほど恐怖感が感じられないのがイマイチ。日本版では、自分の親に井戸に投げ込まれ、暗い井戸の中で死んでいった貞子の怨念が無差別に拡散して人が死んでいくという、何とも言えない理不尽な怒りや恐怖があったが、このリメイク版2作目は家族愛に焦点を当てたことにより、全く別物という感じに仕上がっているのは、人によって評価が分かれるところでしょう。

レイチェルは息子のエイダンを救うため必死に行動する母親を演じ、最後はサマラの呪いからも解き放たれ、ハッピーエンドになっているが、見方を変えれば、とても自己中心的な行動にも取れる。助けを求められた同僚のマックスは呪いで変死し、エイダンを助けようとしていた精神科医も死亡、サマラから逃れるために井戸から這い上がった後、ドスンと容赦なく井戸に蓋をして閉じ込めてしまうのも逆にサマラが可愛そうに思えてくるくらい。そもそも、1作目のラストでエイダンを救うため、ダビングされたビデオテープを見た人はどうなったのか!?松嶋菜々子は自分の親を犠牲にいていたが、赤の他人を犠牲にして我が子を助けていたのなら、なんとも言えない気分になる。

本作も水が象徴的に使用されているが、母子愛を絡めたストーリーも含めて同じ中田秀夫の『仄暗い水の底から』連想される(特に、中田秀夫が監督していたことをすっかり忘れて観ていたので、「なんでこんなに似ているんだろ!?」と不思議に思いながら観ていた)。また、サマラの出生を辿っていく内に生みの親を探し当て会いに行くが、母親役をシシー・スペイセクが演じており、その鬼気迫る様な演技が印象深い。しかし、結局、なぜサマラが異形なる力を持っていたのかは説明されず、消化不良気味に終わっているのは残念。


ザ・リング203

ザ・リング201





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/600-c26ca7e0
    この記事へのトラックバック


    最新記事