キャンディマン

2018年08月08日 21:24

キャンディマン03

【原題名】CANDYMAN
【製作】シガージョン・サイヴァッツォン、アラン・プール、スティーヴ・ゴリン
【監督】バーナード・ローズ
【脚本】バーナード・ローズ
【撮影】アンソニー・B・リッチモンド
【音楽】フィリップ・グラス
【出演】トニー・トッド、ヴァージニア・マドセン、ザンダー・バークレイ、ケイシー・レモンズ、ヴァネッサ・ウィリアムズ
1992年/99分/アメリカ映画


【STORY】
大学院生のヘレンは都市伝説についての論文作成を進めている最中、“鏡に向かってその名前を5回唱えると、キャンディマンが現れる”という噂を聞き調べ始める。キャンディマンが犯人ではないかと噂される殺人事件の現場に向かったヘレンは、そこで奇妙な壁画を発見する。さらに興味本位で鏡に向かって名前を唱えてしまったヘレンの前に背の高い黒人の男が現れる。彼こそが、100年前に白人女性と禁断の恋に落ちたため、残酷な方法で処刑されたキャンディマンだった。単なる都市伝説だと決めつけその存在を否定してきたヘレンは夢か現実かも分からないまま、キャンディマンに追い詰められていく。

【REVIEW】
都市伝説を調査していく過程で触れてはいけないものに触れてしまったため、猟奇殺人事件に巻き込まれ、最後は自分自身がその伝説になってしまった女性の悲劇を映画いたホラー。人を殺す直接的な残酷描写はないが、おびただしい血糊や切り裂かれた死体の描写はあり、血なまぐささは感じられる。しかし、それよりも、伝承の中でしか生きられないキャンディマンが現実に現れ、主人公をあちらの世界にひきずりこもうとするやりとりが幻想的に描かれ、単なるゴアホラーで終わっていない。ヘレンがキャンディマンから逃れようともがけばもがくほど、抜けられない深みにはまっていく流れは心理的に絶望感が溢れていてドンヨリ来ます。特に、殺人犯として追われて病院から逃げ出してきたのに、自宅に戻ったら夫が他の女子大生とデキていたのを発見したときのヘレンの「もう、どうでもいいわー」感が切ない(そのあと、きっちり夫に復讐を果たすが)。また、アメリカに存在する根強い人種差別問題が物語の根底にあり、それが映画全体に重みも与えている。途中、登場する黒人たちの住む団地の怖さは格別、普通、白人女性が一人で行ったら絶対無事に帰ってこれない感が満載だ。この手の題材を扱う映画を見ていて思うのは、触れてはいけないものを見つけたらそっとしておけよ・・・!ということ。「やばそうだな~」と思ったあとには、絶対やばいことになっている確率100%なのに、それでも、首を突っ込まずにいられないのが人間なんでしょうなあ・・・。

キャンディマン02

キャンディマン01




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/610-308a9c21
    この記事へのトラックバック


    最新記事