THE TOOLBOX MURDERS

2019年03月05日 19:23

ツールボックスマーダー表

【製作】Tony DiDio
【監督】Dennis Donnelly
【原案】Robert Easter
【脚本】Ann Kindberg、Robert Easter、Neva Friedenn
【撮影】Gary Graver
【音楽】George Deaton
【出演】Cameron Mitchell、Pamelyn Ferdin 、Wesley Eure 、Nicholas Beauvy、Tim Donnelly、Aneta Corsaut
1978年/アメリカ映画/94分


【STORY】
車から工具箱を取り出した黒ずくめの男がアパートの一室に入っていく。部屋にいた女性は、男が工具箱から電動ドリルを出してきたのを見て驚き別室へ逃げ込むが、男はドアを突き破り、女性にドリルを突き刺して殺す。その後、別の部屋に住む女性を金槌で撲殺すると、そこに入ってきて悲鳴を上げる女性の腹部にドライバーを突き刺して殺す。翌日、死体が発見され、アパートに警察がやって来て捜査を始めるが、その後も殺人事件が発生、さらにアパートに住む少女も行方不明に。少女の兄ジョーイは、警察の捜査が進展しないため、独自に妹の行方を捜す。その頃、少女はある家で監禁されていた。少女を連れ去った殺人鬼の男は、数年前愛する娘を交通事故で失い精神に異常をきたしていたのだった。男は満足げに少女を溺愛するが、その家にジョーイがやってきたことで破滅が訪れる。

【REVIEW】
2003年にトビー・フーパーによってリメイクもされたスラッシャー映画。フーパー版は、殺人事件を追っていくうちに高層アパート内部の秘密の階層にたどり着くという、アルジェントの『インフェルノ』めいた感じであったが、78年のオリジナル版は、美女のヌードと陰惨な殺しの描写がミックスされたイタリアのジャーロ映画に近い感じに仕上がっている。しかも、前半と後半の展開がコロッと変わる作りもオリジナル版の特徴。前半は、動機が明かされないまま女性が無差別に殺されていくエロ・グロを畳み掛け、犯人があっさり明かされた後半は監禁された少女と殺人鬼オヤジとのねっとりとした場面が続く。しかも、兄のジョーイが妹を見つけて救い出すのかと思いきや、彼は火を点けられ丸焼きで焼死してしまう驚きの展開に!さらにオヤジも殺され、最後は監禁されていた妹が(おそらくハサミで犯人を刺殺して)血まみれ&呆然自失で駐車場を彷徨って終わるという、なかなか予想外な結末で、後味の悪さもなかなか。これが日本未公開で、ソフト化されていないのは非常にもったいないと思う。

犯人捜しを物語中盤で放棄してしまっている本作の目玉は、もちろんエロとグロ。凶器が日曜大工道具なのだが、頭部に金槌を何度も振り下ろしたり、体にドリルがめり込んでいくあたりは、視覚的にはインパクトはけっこうある。下手にナイフで一突きされるより、よっぽど痛そう!そして、目玉は何と言ってもネイルガンをぶち込んで殺す場面。ジャケットにも出ているが、全裸の女性を襲うこの殺しが本作最大の見せ場と言っても過言がないくらい。バスタブでくつろぎながら自慰行為にふける美女。絶頂を迎えた後、目を開けるとそこには覆面を被った殺人鬼のおっさんが!!驚いた彼女は浴室から飛び出すが追い詰められ、体にネイルガンで釘を打ちこまれて絶命する。犯人が標的を外したり、装填するのにモタモタするのも挟んで、被害者が逃げる時間を取ってあるのもあり、全裸美女が殺される様が実にゆったりと楽しめる作りになっているのである(さらに瀕死の重傷状態の彼女の眉間にとどめを打ち込むあたりもエグイ)。ほとんど、主要な人物よりも目立っている感があるが、ソフトの映像特典に演じたマリアンヌ・ウォルター(ケリー・ニコルズ)が出演し自分が殺される場面を解説していて、ああ、やっぱり皆そう思っているんだと再認識。



→『ツールボックス・マーダー』(2003年版)


ツールボックスマーダー裏
ジャケット裏面

Toolbox Murders [Blu-ray]
Toolbox Murders [Blu-ray]
posted with amazlet at 19.03.05

売り上げランキング: 137,114








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/646-17eddaab
    この記事へのトラックバック


    最新記事