シーバース

2019年04月16日 14:55

【原題名】SHIVERS
【製作】アイヴァン・ライトマン
【監督】デヴィッド・クローネンバーグ
【脚本】デヴィッド・クローネンバーグ
【撮影】パトリック・ドッド
【出演】ポール・ハンプトン、ジョン・シルバー、リン・ローリー、アレン・マジコフスキー、バーバラ・スティール
1975年/カナダ映画/90分


【STORY】
会社員のチューダーは腹部に違和感を覚え吐血が続き調子が悪い。なかなか病院に行こうとしない夫の身を案じた妻は、高層マンション内にある診療所に往診を依頼する。その頃、同じマンションの一室で教授が教え子の腹部を切り裂いたのち自分の喉元を切って自殺する事件が起こる。事件の発見者であった診療所の医者ロジャーは教授が人体の欠損した臓器を寄生虫で補う研究をしていたことを知る。さらに教授は教え子に寄生虫を投与し人体実験を行っていた。その教え子と関係のあったチューダーは口から寄生虫を次々に吐き出して、その寄生虫はマンションの住人へ寄生していく。寄生された住人は理性を失うと暴力的になり、誰彼となくセックスに興じていく。事件の全貌にロジャーが気付いたころには時すでに遅く、混乱はマンション全体に広がっていた。

【REVIEW】
クローネンバーグの長編商業映画デビュー作。都会の高層マンションを舞台に謎の寄生虫によるパニックを描いているが、医療行為を発端とした肉体の変異が生み出す悲劇を血と暴力を絡めていく展開はこの時点ですでに確立されていて、演出やストーリーも粗削りだが、クローネンバーグの独特の表現方法がねっとりとした恐怖感を生み出していて味わい深い1本。寄生虫が巨大な芋虫みたいでそれ自体には怖さは感じられないが、取りつかれた人間が豹変し全く別人になってしまうところや、狂人が多数派になり、正常な人間がマイノリティーとなって追い詰められていくあたりは怖い。ゾンビ映画でもそうだが、逃げても逃げてもどうしようもなく、自分一人しか残っていないのなら、もはや正常でいることの意義さえ失われ、多数派に飲み込まれてしまった方が楽にさえ思えてくるあたりが人間性とは何か!?という問いかけのようで背筋の寒い何かを感じる。

低予算で製作されていたであろうが、マンションの住人役でバーバラ・スティールが、診療所の看護婦役でリン・ローリーが何気に出演しているのが嬉しいところ。最終的に2人とも寄生されてあっち側の人間になってしまうが、2人に襲われたら黙って仲間になった方が楽しいかも・・・。









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/649-291eedce
    この記事へのトラックバック


    最新記事